SuperDeluxe


こんにちは。

ニュース一覧に戻る

Morgan’s Organ 01〜05 リリース!

2009/01/12

スーパー・デラックス主催レーベル「目玉レコード」第一弾リリース!
「Morgan’s Organ 01〜05!!!」 各種ダウンロードサイトにて同時5タイトル販売中!!!



Morgan’s Organ シリーズとは
目玉レコード第一弾!iTunes、Napsterなど各種ダウンロードサイトにて配信限定販売。2003年から毎月開催されたモーガン・フィッシャーによるソロ・インプロヴィゼーション・ライブ「Morgan’s Organ」。ライブでは、毎回違うテーマのもとにモーガンの膨大なオルガン、キーボードのコレクションから楽器を選び演奏。様々な支流と出会う音の川の流れは、聴くものを独自の幻想世界へ誘う。6月には記念すべき50回目を迎えた「Morgan’s Organ」の第1回目から5回目のライブ録音を同時リリース。また独創性あふれる美しいジャケットアートワークもモーガン自身の手によるもの。是非ともご注目ください。サンプル音源や写真などはオフィシャルHPにて公開中
Morgan’s Organの試聴はこちらよりどうぞ



Morgan Fisher - Morgan's Organ 01

track list: MO-01-1 (39'31"), MO-01-2 (22'29")
幻想的な音色の中、現われては消えるメロディーの数々。モーガンの世界観を堪能出来るタイトル。
Morgan Fisher - Morgan's Organ 01



Morgan Fisher - Morgan's Organ 02

track list: MO-02-1 (17'14"), MO-02-2 (7'29"), MO-02-3 (6'22")
重なりあうメロディーが、翼となって大空を羽ばたくようにスリリングで豊穣な入門編として最適なタイトル。
Morgan Fisher - Morgan's Organ 02



Morgan Fisher - Morgan's Organ 03

track list: MO-03-1 (22'44"), MO-03-2 (11'59")
色彩豊かな電子音が時に激しく、時に柔らかに空間を満たす。おごそかで牧歌的なモーガンの歌声も。
Morgan Fisher - Morgan's Organ 03



Morgan Fisher - Morgan's Organ 04

track list: MO-04-1 (29'47"), MO-04-2 (13'52)
アンビエンスが広がる空間と美しくも妖しげなシンセサイザーの音色が、不穏で宇宙的な世界を生み出す。
Morgan Fisher - Morgan's Organ 04



Morgan Fisher - Morgan's Organ 05

track list: MO-05-1 (20'41), MO-05-2 (7'53), MO-05-3 (10'22"), MO-05-4 (24'10)
抑揚のある音色がノスタルジックで壮大な音楽の旅へと導く。幅広い音楽性が披露されたタイトル。
Morgan Fisher - Morgan's Organ 05




Morgan Fisher
モーガン・フィッシャーHP



Morgan Fisher (モーガン・フィッシャー) 略歴
オルガン・キーボード奏者。作曲家。アーティスト。イギリスでキーボード奏者としてラブ・アフェアー、モット・ザ・フープル、クイーンにて活動後、 1985年から日本在住。活動の幅は広く、現在も世界の第一線で活躍中。ソロ活動ではアンビエント、ミニマル、即興演奏を行う。日本では喜納昌吉、細野晴臣、ブーム、おおたか静流、中村明一、八木美知依らと共演し、オノ・ヨーコ、ブームのアルバムをプロデュース。他のプロデュース・アルバムに1分間の曲を多数収録した「ミニチュアーズ」「ミニチュアーズ2」モット・ザ・フープルのトリビュート・アルバム「モス・ポエト・ホテル」など話題作も多数。近年には、ハンス・ヨアヒム・レデリウスとのコラボレーション・アルバムなど。また実験映像、映画、TV、CMなどの音楽も制作。



2008 8/14 up



次のイベント

2018年01月26日 (金)

あれやこれやカフェ Vol.36 TokyoDex 新年会2018

開場 19:30 / 開演 20:00

チケット 1000円

チケット予約不要
TokyoDexは今年もSuperDeluxeで新年を迎えます。すっかりおなじみとなったThis&That Café(あれやこれやカフェ)、2018年の新年会の贅沢なキャストは、アナログとデジタルのめずらしい組み合わせで五感すべてを刺激するディープなアートの旅へとあなたを誘います。お見逃しなく!