SuperDeluxe


こんにちは。

ニュース一覧に戻る

9月6、7日!オランダジャズの生ける伝説!ハン・ベニンクがやって来る!

2017/08/17

オランダジャズシーンを代表するドラマーでその輝かしいキャリアから生ける伝説との呼び声も高い75歳を迎えるハン・ベニンク、待望の来日公演2デイズが実現!

2017年9月6日(水曜日)
The Quartet NL.
Peter Beets(ピーター・ビーツ)、Benjamin Herman (ベンジャミン・ハーマン)、Ernst Glerum (エルンスト・グレラム) 、Han Bennink (ハン・ベニンク)
The Quartet NL. メンバー:

Peter Beets  (p) (ピーター・ビーツ)
Benjamin Herman (sax) (ベンジャミン・ハーマン)
Ernst Glerum (b) (エルンスト・グレラム)
Han Bennink (ds) (ハン・ベニンク)


初日となる9月6日にはベニンク率いるThe Quartet NL.がICPオーケストラにて苦楽を共にした末、今年永い眠りについたピアニストのミシャ・メンゲルベルクに捧げられたニュー・アルバムを携え登場。今回のメンバーはオランダのジャズシーンのドリーム・チームとも呼べるミュージシャンが集合。凛々しさに溢れた演奏スタイルでヨーロッパを代表するピアニストとして君臨し続けるピーター・ビーツ、オランダのダンス・ジャズを代表するNew Cool Collectiveのリーダーもつとめ、現代的でありながらジャズの系譜をしっかりと網羅する懐の広い演奏を魅せるサックスのベンジャミン・ハーマン、ベーシストのエルンスト・グレラムもICPオーケストラへの参加など本国で厚い信頼を得る人気ベーシスト。素晴らしい個性と音楽的キャリアを持つ4人が一堂に介し生み出されるThe Quartet NL.はミシャが生み出したオランダのジャズの本当に豊かな楽曲群に現代のミュージシャンが新しい響きを与える実に刺激的で喜びに満ちたライブとなることでしょう。

2002年ヴィレム・ブロイカー・コレクティフ、2006年にICPオーケストラの24年ぶりの来日公演、2009年ハン・ベニンク3DAYSをはじめ幾多のオランダアーティストと素晴らしい交流を果たして来たSuperDeluxeで今回も2セットたっぷりお楽しみください。

   

ハン・ベニンク
1942年4月17日生。 60年代には、多彩で非凡なドラマーとして認められ、彼が師と仰ぐケニー・クラークの代役として、アメリカン・ジャズ・スターズのツアーに同伴した。当時の彼のプレイは、64年のエリックドルフィーの「ラスト・デイト」で聴くことができる。67年ミシャ・メンゲルベルグ (pf)らと共に、ミュージシャンの集合体であるインスタント・コンポーザーズ・プール (ICP)を設立する。これが後にICPオーケストラと発展する。その活動は現在にいたるまで、ウィレム・ブロイカー、ペーター・ブロッツマンなどに並んで、ヨーロッパ・フリージャズ / フリー・インプロヴィゼーション・シーンのパイオニア的ドラマーとして輝かしいキャリアを築く。

Misha Mengelberg. / Foto © Francesca Patella
ミシャ・メンゲルベルクとは
60~70年代のオランダでは近隣諸国と同様にモダンジャズは今までになく変化した。オーネット・コールマン、アルバート・アイラー、セシル・テイラー等といった先駆者の影響の下、ビバップの厳格なハーモニーは、時代精神を表現する事により適し、新しい手法へと変化していった。ミシャはこれらの新しい価値観の最前線をひた走る存在だった。

ミシャはハーグ王立音楽院で作曲を学ぶ。彼は類いまれな音楽一家で育ち(父はクラシックの作曲家であり、叔父は世界的に有名な指揮者)セロニアス・モンク、デューク・エリントン、そしてのちにハービー・ニコルスの音楽を通じ、ジャズピアニスト・作曲家としての自分の声を見出した。初期のレコーディング作でもあるエリック・ドルフィーとのラスト・デート、オランダのアルトサックスレジェンドのピート・ヌードワイクとのドレイクスマン・トータル・ロスはクラシックである。サックス奏者のヴィレム・ブレゥカー、ドラム奏者のハン・ベニンクと共にインスタント・コンポーザーズ・プール結成したのは自然な流れだった。ICP(のちにインスタント・コンポーザーズ・プール・オーケストラと改名)の下で彼は50年以上も作曲し、ピアノを弾いていた。その一方で、彼の音楽人生の上で長い付き合いである相棒のハン・ベニンクとの演奏は伝説的である。ベニンクの爆発的なハイパー・スイングで生み出される素晴らしいドラム捌きと、ミシャの無表情のユーモアとダダ風の仕草で自由に歌う姿は前例のないものだった。

時が経つにつれ、ミシャを同世代から際立たせたのは、何と言っても彼の作品だった。クラシックのハーモニーと対位法への愛と知識を自在に用い、精巧に組み立てられた美しいメロディと、完璧な論理的コード進行は様々なミュージシャンを虜にしている。エリントンやモンクの作品のように、その作品は時を超える。彼の音楽は世界中にゆっくりと広がっていて、各地のいろいろなシーンに影響を伺わせる。ミシャは真の創造人の一人であり、ヨーロッパで数少ないオリジナルのジャズ作家である。2017年血管性認知症との闘病の末、81歳で永眠した。

2017年9月7日(木曜日)
スーパー・デラックス十五周年企画: その8
左から: Han Bennink(ハン・ベニンク), Jim O'Rourke(ジム・オルーク), MUGAMICHIRU(ナスノミツル, ナカコー, 中村達也), dj 小林径
出演:
ハン・ベニンク × ジム・オルーク
MUGAMICHIRU (中村達也+ナカコー+ナスノミツル)
DJ 小林径


ハン・ベニンク2デイズの2日目は現代が産み落とした音楽の申し子Jim O'Rourke(ジム・オルーク)との本当に貴重なデュオを披露してくれます!共演は中村達也、ナカコー、ナスノミツルがセッションの延長線上に浮上した色彩感、透明度、重力を最大限に表現するハードコアアンビエンスユニットMUGAMICHIRU。DJとして登場するのはクラブ黎明期から活躍する東京を代表するSelectorの一人でありながら、近年も常に鋭意に溢れる実験的なセットで聴衆を魅了し続ける小林径。会場に足を踏み入れた瞬間から始まるスリリングで贅沢な音楽の旅にどうぞご期待ください♪

*ご予約は下記の詳細からお申し込み下さい。(前日22時まで受付)

2017年9月6日(水曜日)
The Quartet NL.
LIVE:
Peter Beets (p)
Benjamin Herman (sax)
Ernst Glerum (b)
Han Bennink (ds)

OPEN 19:30 / START 20:00
料金 Advance 3500円 / Door 4000円 (plus drink)
ご予約/詳細 Tickets & Info → www.sdlx.jp/2017/9/6

2017年9月7日(木曜日)
スーパー・デラックス十五周年企画: その8
SuperDeluxe 15th Anniversary: VOLUME EIGHT

LIVE:
Han Bennink × Jim O'Rourke
MUGAMICHIRU (中村達也+ナカコー+ナスノミツル)
DJ 小林径

OPEN 19:30 / START 20:00
料金 Advance 3000円 / Door 3500円 (plus drink)
ご予約/詳細 Tickets & Info → www.sdlx.jp/2017/9/7



次のイベント

2017年09月27日 (水)

PechaKucha Night Vol. 150

開場 19:00 / 開演 20:20

チケット 1000円

チケット予約不要
20枚 x 20秒 20:20開始