SuperDeluxe


こんにちは。

ニュース一覧に戻る

Fred Frith来日公演

2009/01/20


2009年、1月!飯田橋日仏学院とSuperDeluxeにて、フレッド・フリスの奇跡の来日公演が実現!この機会どうぞお見逃し無く!
そして今月16日からはFLYERも配布中!デザインは今をときめくKYOTAROさんが担当!ポップでアバンギャルドな素晴らしい出来映えに!是非ともお手にとってご覧下さい!お早めのご予約もお忘れずに!



2009年01月17日(土)
Fred Frith, Ahmad Compaoré, Tadahiko Yokogawa TRIO



フレッド・フリス、アマッド・コンパオレ、横川理彦 トリオ



Open 19:00 Start 20:00
Advance 4300円 Door 4800円(共にドリンク別)
会場:東京日仏学院/ラ・ブラスリー



Venue: La Brasserie de l’Institut (Iidabashi)
東京都新宿区市谷船河原町15 (飯田橋駅から7分)
TEL: 03-5206-2500 MAP www.institut.jp



○ 前売チケット&ご予約:東京日仏学院
 Advance tickets and reservations available from l’Institut
 TEL 03-5206-2500



ーーーーーー



2009年01月18日(日)
Fred Frith, Ahmad Compaoré, Tadahiko Yokogawa, Otomo Yoshihide QUARTET



フレッド・フリス、アマッド・コンパオレ、横川理彦、大友良英 カルテット



Open 19:00 Start 20:00
Advance 4300円 Door 4800円(共にドリンク別)
会場:スーパー・デラックス



Venue: SuperDeluxe (Roppongi)
東京都港区西麻布3-1-25-B1F (六本木駅から5分)
TEL 03-5412-0515 MAP www.super-deluxe.com



○ 前売チケット:東京日仏学院
Advance tickets on sale at l’Institut
TEL 03-5206-2500



○ ご予約は SuperDeluxe HP
又は携帯専用サイト www.sdlx.jp からお申込下さい。
For reservations, visit SuperDeluxe HP
or our mobile site www.sdlx.jp



☆☆☆☆☆☆☆☆



枚数限定2日間通し券:8000円(ドリンク別)で1月17日(日仏学院)と1月18日(スーパー・デラックス)の両公演の通し券が日仏学院にて好評発売中! 
A limited number of two day passes for both 1/17 (l'Institut) and 1/18 (SuperDeluxe) are available for 8000 yen (plus drink) at l’Institut.
TEL 03-5206-2500 HP www.institut.jp



当日のご入場は2日間通し券及び前売チケットをお持ちのお客様が優先となります。
Customers with two day passes advance tickets will be admitted first.



☆☆☆☆☆☆☆☆



■ Fred Frith (フレッド・フリス) エレキー・ギター
作曲家、即興演奏家、ギタリスト、およびマルチ・インストゥルメンタリスト。 1949年、イギリスで生まれる。 Henry Cow (1968-78)のオリジナル・メンバー。Henry Cow解散後、Art Bears結成。世界的に知られた即興ギタリストであるフリスは、Naked Cityへのベーシストとしての参加、Lars HollmerのLooping Home Orchestraへのヴァイオリニストとしての参加、そしてThe Residents、Rene LussierからBrian Eno、Amy Denioにいたるまで、ギタリストとして200個以上の作品のレコーディングに参加している。現在オークランドのMills Collegeで作曲の教授を務めている。



■ Ahmad Compaoré (アマッド・コンパオレ) ドラム・パーカッション
サウジアラビア生まれでマルセイユ育ち。お母さんはエジプト、お父さんはブルキナ・ファソという
マルチカルチャーぶりで、アラブの歌とアフリカのリズムを身体に持つ。フレッド・フリスの薫陶を受け、ジャズ・ロックや即興も得意とするが、見るものをまず強烈にひきつけるのはそのしなやかで切れのいいビートだ。「オリエンタル・フュージョン」のバンドを結成、1999年にファースト・アルバムをリリース。それから、Fred Frith、Michel Petrucciani、Tom Cora、 Barre Phillips、Marc Ribot、Jamaaladeen Tacuma、Vincent Segal、Butch Morrisなどと共演。ライブやワークショップを開催しつつ、現在、東京で滞在し、横川理彦と共に新プロジェクトを制作している。



■ 横川理彦 (よこがわ ただひこ) バイオリン、プログラミング
作詞・作曲・編曲・演奏家。1957年1月29日鳥取市生まれ。80年に京都大学文学部哲学科を卒業後、本格的な演奏活動に入る。82年にアルバム「99.99」(フォー・ナイン)でキングレコードからデビュー、その後4-D、P-Model、After Dinner、Metrofarce、Meatopia等に参加。電子楽器と各種生楽器を併用する独自のスタイルに至る。海外でのコンサート・プロジェクトも多数。現在は、ストリングス・トリオBios主宰、pickレーベルからのソロアルバム制作、即興を中心としたライブ活動などの他、演劇・ダンスのための音楽制作など多方面で活動中。また、コンピュータと音楽に関する執筆、ワークショップなども多い。



■ 大友良英 (おおとも よしひで) エレキー・ギター、ターンテーブル (*18日のみ出演)
1959年、横浜生まれ。ターンテーブル奏者 / ギタリスト / 作曲家として、日本はもとより世界各地でのコンサートやレコーディング等、常にインディペンデントなスタンスで活動し、多くのアーティストとコラボレーションを行っている。また、映画音楽家としても、中国 / 香港映画を中心に数多くのサウンドトラックを手がけ、ベルリンをはじめとした多くの映画祭で受賞、高い評価を得ている。近年はポスト・サンプリング指向を強め、「Ground-Zero」のプロジェクトに代表されるようなノイズやカット・アップ等を多用した大音量の作品から、音響の発生そのものに焦点をあてたスポンティニアスな作品へと、ドラスティックに作風を変化させている。



企画:アマッド・コンパオレ
主催:東京日仏学院、スーパー・デラックス
宣伝画:KYOTARO
FLYER デザイン:飯塚 友佳子
宣伝画写真:fixwhatyousee



2008 12/14 up



次のイベント

2018年01月26日 (金)

あれやこれやカフェ Vol.36 TokyoDex 新年会2018

開場 19:30 / 開演 20:00

チケット 1000円

チケット予約不要
TokyoDexは今年もSuperDeluxeで新年を迎えます。すっかりおなじみとなったThis&That Café(あれやこれやカフェ)、2018年の新年会の贅沢なキャストは、アナログとデジタルのめずらしい組み合わせで五感すべてを刺激するディープなアートの旅へとあなたを誘います。お見逃しなく!