SuperDeluxe


こんにちは。

ニュース一覧に戻る

Koch-Schuets-Studer 7色!

2009/01/03



10月1日 (月) 〜 10月7日 (日) この一週間連続SDLXでライブするスイス人3人はどういうヒトでしょう?ここで読んで下さい!
ーーーー
Hans Koch【ハンス・コッホ】(clarinet, bass clarinet, contrabass clarinet, soprano- and tenor saxophones, electronics, sampling, composition) 1948年生まれ。スイス、ビエール在住。クラシックのクラリネット奏者として のキャリアをもち、現在、ヨーロッパでは最も革新的なリード奏者の一人であ る。80年代からCecil Taylor、Fred Frithらと共演、制作を行う。また、作曲 家としてラジオや映画音楽の制作も行っている。同時に先鋭的なインプロジャズトリオ、Koch-Schuetz-Studerを結成。90年代 以降はサックス、クラリネットに加え、サンプリングやシーケンサー等の電子 楽器も大きくフューチャーした音作りとなり、非常に個性的な作品を制作して いる。
ーーーー
Martin Schütz【マルティン・シュッツ】(electric and acoustic cellos, electronics, sampling, composition) 80年代よりヨーロッパのインプロシーンで活躍し、EU、アメリカなどの数多く のミュージシャンと共演。アコースティックのチェロ、そしてエレクトリック チェロと各種エフェクター、サンプラー等を使ったアプローチは独特で、非常 に個性的なサウンドを構築する。コンテンポラリータンスやフィルムのため の音楽も制作し、舞台監督Christoph Marthaler、 Luc Bondyの公演でも演 奏。ダンサー/振付家Anna Huberにも作品を制作。Koch-Schütz-Studerトリオ 以外でも、ここ20年で非常に多数の国際的なインプロバイザーと共演している。
ーーーー
Fredy Studer【フレディ・シュトゥーダー】(drums, percussion, composition) 70年代から即興を主体としたドラマー、パーカッショニストとして活躍し、Drums&Percussionマガジンによって「ヨーロッパで最も革新的なドラマーの一 人」と称された数少ないのドラマーのうちの一人である。



Koch-Schuets-Studer 7 days!!!



The Washington Post, DC Saturday, April 24, 2004; Page C04



Koch-Schütz-Studer's Extreme Improvisation



The Swiss trio Koch-Schütz-Studer uses the enigmatic label "hardcore chambermusic" to describe its genre. Certainly the term chamber music applies in the strictest sense, referring to a small group of instruments played in an intimate setting, as was the case Thursday night at Twins Jazz.



But hard-core is where the stretch of imagination begins.



Like a Jackson Pollock painting, bass clarinetist/saxophonist Hans Koch, cellist Martin Schütz and percussionist Fredy Studer create seemingly random splatters of sound. But the sounds come together in definable sections -- here jazz, there a rock riff, here something à la Jimi Hendrix, there something akin to Karlheinz Stockhausen. The evening's entertainment was entirely improvised, the members of the trio playing off each other and responding to their environment, coming together to create a through-composed suite. One might ask: Is it music? And the answer unquestionably is yes.



Integral to this avant-garde experience are the computer-generated noises that each member controls with an electronic signal processor, manipulating acoustic events that have just happened. Each instrument is pushed to the limit with extended technique: multi-phonics and tongue-clicks on bass clarinet, brass bowls perched atop the snare drum hit with a mallet, electric cello strings struck with the edge of a guitar pick. Dynamic contrast also plays a big role, ranging from straining-to-hear to fingers-in-your-ears.



This is not music for the faint of heart or the traditionalist. But for the brave and open-minded, it is an astonishingly creative and compelling art form created by three masters of their craft.



(by Gail Wein)



2007 9/21 up



今日のイベント

2018年07月19日 (木)

ジャイロキネシス レッスン

開場 11:50 / 開演 12:00

チケット 2000円

ご予約は下記の「ジャイロレッスンメール予約」を使いください。
トレーナー:クベック雅子 | レッスン 12:00〜13:30