SuperDeluxe


こんにちは。

ニュース一覧に戻る

6/17 (月) 〜 6/22 (土) ジムO 六デイズ 開催!

2013/06/07

いよいよ開催が迫ってまいりました!
SuperDeluxeが満を持してお届けする音楽の申し子「Jim O'Rourke」による珠玉の6日間ぶちぬき企画「ジムO 六デイズ」!
80年代に制作した楽曲の20年ぶりの再演にはじまり、大傑作アルバム「バッド・タイミング」と「ハッピー・デイズ」の混合バージョンの再演、世界初演となる新プロジェクト、新曲の披露まで天才の表現力を余すところなく堪能できる貴重過ぎるプログラムが並ぶこととなり、もういやが応にも期待は高まります!地球上、この6日間、東京でしか体験出来ない狂気のプログラムをどうぞお見逃し無く!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ジムO 六デイズ:6月17日 ~ 6月22日【毎日:開場19:00/開演19:30】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
English BELOW please scroll down!
Photo by Ujin Matsuo

Time Out Tokyo ジム・オルーク インタビュー こちらから!

6月17日(月)80年代:カセットテープ時代
ジム・オルークソロ:80年代テーブルトップギター、80年代エレクトロニクス
幻の音... 約20年ぶりの演奏!!
詳細/ご予約は www.sdlx.jp/2013/6/17
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
6月18日(火)大学時代の作曲
ライブ : 弦楽四重奏&発振器【世界初演】、エスター叔母、水のない海
出演:ジム・オルーク、波多野敦子(バイオリン)、千葉広樹(バイオリン)、
手島絵里子(ヴィオラ)、関口将史(チェロ)、石橋英子、ユザーン、山本達久、アンドモア!
詳細/ご予約は www.sdlx.jp/2013/6/18
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
6月19日(水)Happy Bad Timing Days
ジム・オルーク傑作の二つ「バッド・タイミング」と「ハッピー・デイズ」
の混合バージョンを実演!
出演:ジム・オルーク、石橋英子 (p)、須藤俊明 (b)、山本達久 (ds)
詳細/ご予約は www.sdlx.jp/2013/6/19
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
6月20日(木)ビッグバンドとテープ【世界初演】
ジム・オルークによる「ビッグバンドとテープ」プロジェクト世界初の演奏!
出演 : ジム・オルーク、坂田明、梅津和時、類家心平、高岡大祐、高橋保行、勝井祐二、トッド・ニコルソン、山本達久
詳細/ご予約は www.sdlx.jp/2013/6/20
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
6月21日(金)未来に向けて:その一
ジム・オルークの最新プロジェクト発表!【一日目】
ジャズトリオ(ジム・オルーク作曲), カフカ鼾
出演:ジム・オルーク、石橋英子、千葉広樹、山本達久
詳細/ご予約は www.sdlx.jp/2013/6/21
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
6月22日(土)未来に向けて:その二
ジム・オルークの最新プロジェクト発表!【二日目】 新旧の曲演奏
出演:ジム・オルーク、石橋英子、須藤俊明、山本達久 / ゲスト:高田蓮
詳細/ご予約は www.sdlx.jp/2013/6/22

チケット:
一日券:予約3000円/当日3500円(共にドリンク別)

六日間通し券の受付は締め切らせていただきました。

ジム・オルーク
1969年シカゴ生まれ。Derek Baileyの音楽と出会い、13才のジム少年はロンドンにBaileyを訪ねる。ギターの即興演奏に開眼し実験的要素の強い作品を発表、John Faheyの作品をプロデュースする一方でGastr Del SolやLoose Furなど地元シカゴのバンドやプロジェクトに参加、「シカゴ音響系」と呼ばれるカテゴリーを確立する。一方で、小杉武久と共に Merce Cunningham舞踏団の音楽を担当、Tony Conrad、Arnold Dreyblatt、Christian Wolffなどの作曲家との仕事で現代音楽とポストロックの橋渡しをする。1998年超現代的アメリカーナの系譜から『Bad Timing』、1999年、フォークやミニマル音楽などをミックスしたソロ・アルバム『Eureka』を発表、大きく注目される。1999年から2005年にかけてSonic Youthのメンバー、音楽監督として活動し、広範な支持を得る。2004年には、Wilcoの『A Ghost Is Born』のプロデューサーとしてグラミー賞を受賞、現代アメリカ音楽シーンを代表するクリエーターとして高く評価され、ヨーロッパでも数々のアーティストをプロデュースする。また、日本文化への造詣が深く、近年は東京に活動拠点を置く。日本でのプロデュース・ワークとしては、くるり、カヒミ・カリィ、石橋英子など多数。坂田明、大友良英、山本精一、ボアダムスなどとの共同作業や、武満徹作品『コロナ東京リアリゼーション』(2006)など現代音楽に至る多彩な作品をリリースしている。映像作家とのコラボレーションとしてWerner Herzog、Olivier Assayas、青山真治、若松考二などの監督作品のサウンドトラックを担当。ジム自身も映画監督として活動しており、彼の作品は、2004年と2006年にはホイットニー・ビエンナーレ、2005年にはロッテルダム映画祭で「重要作品」として上映されている。ソロとしての最近作『The Visitor』(2009)は『Bad Timing』の現代版と言える密室的ワンマン・アルバムの極致と言える。新しい「知」の探求者としてオルタナティヴ、ポストロック、エクスペリメンタル・ポップ、映画音楽、フリー・ミュージック、ジャズ、アメリカーナ、現代音楽など様々なジャンルの極北を切り開く越境的活動を行ない「現代東京カルチャー」の先導者となりつつある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Jim O'Rourke SIX DAYS :: June 17 (Mon) ~ June 22 (Sat)
Open 19:00 :: Start 19:30 :: Every Day
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Time Out Tokyo Jim O'Rourke Interview HERE

June 17 (Mon) 80's: The Cassette Years
Jim O'Rourke Solo 80's table top guitar & 80's electronics
First performance of this material in nearly 20 years!
More info & Reservations: www.sdlx.jp/2013/6/17
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
June 18 (Tue) College Days Compositions
String Quartet & Oscillators [World Premier]
Aunt Esther, Mizu No Nai Umi
With: Jim O'Rourke, Atsuko Hatano, Hiroki Chiba, Eriko Teshima,
Masabumi Sekiguchi, U-zhaan, Eiko Ishibashi, Tatsuhisa Yamamoto
and more..
More info & Reservations: www.sdlx.jp/2013/6/18
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
June 19th (Wed) Happy Bad Timing Days
He's always been picky.. Bad Timing & Happy Days together!
Jim O'Rourke with Eiko Ishibashi, Toshiaki Sudoh, Tatsuhisa Yamamoto
More info & Reservations: www.sdlx.jp/2013/6/19
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
June 20 (Thu) Big Band & Tapes [World Premier]
With: Jim O'Rourke, Akira Sakata, Kazutoki Umezu, Shinpei Ruike, Daisuke Takaoka, Yasuyuki Takahashi, Yuji Katsui, Todd Nicholson, Tatsuhisa Yamamoto
More info & Reservations: www.sdlx.jp/2013/6/20
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
June 21 (Fri) Toward The Future ONE
New projects by Jim O'Rourke! Day 1
New jazz trio (compositions by Jim O'Rourke) & Kafka's Snore
With: Jim O'Rourke, Eiko Ishibashi, Hiroki Chiba, Tatsuhisa Yamamoto
More info & Reservations: www.sdlx.jp/2013/6/21
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
June 22 (Sat) Toward The Future TWO
New projects by Jim O'Rourke! Day 2
Songs, Old and New with Jim O'Rourke, Eiko Ishibashi, Toshiaki Sudoh, Tatsuhisa Yamamoto / Guest: Ren Takada
More info & Reservations: www.sdlx.jp/2013/6/22

TICKETS:
Individual tickets: Advance 3000 yen / Door 3500 yen (+ drink)
Thank You Sold Out! Six Day Pass

Jim O'Rourke
Born 1969 in Chicago. O’Rourke encountered the music of Derek Bailey as youngster and began visiting him in London at the age of 13. Eyes opened to the power of improvisational guitar, he released several of his own highly experimental works and has worked closely with John Fahey and Loren Mazzacane Connors. During his long association with the Chicago experimental and improv scene O’Rourke participated in several bands and projects including Gastr Del Sol and Loose Fur. His work with Takehisa Kosugi music director of the Merce Cunningham Dance Company as well as Tony Conrad, Arnold Dreyblatt, Christian Wolff and others built bridges between contemporary and popular music. O’Rourke’s release of landmark albums Bad Timing and Happy Days in 1997 and Eureka in 1999 garnered much attention. From 1999 to 2005 he was a member of Sonic Youth, playing bass, guitar and synthesizer as well as recording and mixing the band. In 2004 he won a Grammy Award for his production of Wilco’s A Ghost is Born. O’Rourke has also earned a loyal following for his participation in numerous albums by various artists around the world. He has a deep knowledge of Japanese culture and currently lives in Tokyo. Some of his many production credits in Japan include Quruli, Kahimi Karie, and Eiko Ishibashi. He also continues to be a consummate collaborator, working with Akira Sakata, Merzbow, Yoshihide Otomo, Seiichi Yamamoto, Boredoms and others. His recordings of Toru Takemitsu’s Corona for pianists Tokyo Realization was awarded the Agency for Cultural Affairs Arts Festival Award for Excellence in 2006. He has also scored films by Werner Herzog, Olivier Assayas, Shinji Aoyama, Koji Wakamatsu and others. His own short films have been part of the 2004 and 2006 Whitney Biennial and the 2005 Rotterdam Film Festival. O'Rourke is a diverse and powerful artist. Always searching, his borderless activity goes beyond the common labels Alternative, Post-rock, Experimental-pop, Film music, Free music, Jazz, Americana, Contemporary music and continues to defly classification.



次のイベント

2018年07月25日 (水)

PechaKucha Night Vol. 158

開場 19:00 / 開演 20:20

チケット 1000円

チケット予約不要
当日券のみ☆ 完全禁煙