SuperDeluxe


こんにちは。

ニュース一覧に戻る

12月、ムンク芸術の血潮にふれる「命の血」公演が東京、宮城で開催!

2013/11/06



12月11日 (水) に東京SuperDeluxe、12月14日 (土) に鳴子温泉鳴子公民館ホール
にて開催されるこのムンク生誕150周年記念公演「命の血」はノルウェーの画家「エドヴァルド・ムンク」が残した言葉をもとに朗読、音楽、ダンスと、様々な表現手段によってムンク芸術の新たなる本質を描き出します。詩、散文、メモに残された彼の言葉は作品への理解を深くするとともに文章そのものも極めて魅力的な叡智と想像力に満ちています。本公演はそんなムンクの言葉をプロの俳優の語る美しい日本語で充分に味わっていただきます。
「エドヴァルド・ムンク」が生誕150年を迎える今年、朗読、音楽、ダンスで描かれるムンクは現代の人々の心にどんな体験をもたらしてくれるのでしょうか? ムンクが残した言葉を巡る冒険のようなこの試みは今年ノルウェー各地で行なわれ大変な好評を博しました。今なお「命の血」が流れ続けるエドヴァルド・ムンクの言葉の世界にどうぞ足を踏み入れて下さい。

出演:

エレン・セーイェシュテード・ボートケル(ハープ)

ラーシュ・リッロ・ステンベルグ(ピアノ)

森 一(朗読)

エラ・フィスクム(ダンス)

オッド・ハンニスダール(ヴァイオリン)


テキスト翻訳:森信嘉

プレリュード作曲:大場陽子

         

「『命の血』は、ムンクの芸術と言葉にひらめきを得て、ノルウェー屈指の表現者たちを集めて制作されました。ムンクの作品に対する新しい解釈と才能にあふれた公演です。俳優の森 一(もり・はじめ)は、ムンクが「人生について記した日記」からの言葉で本編内の各シーンを開始します。公演全体は朗読、ダンスに加えハープとヴァイオリン、そしてピアノのために新たに作曲された音楽によって成り立っていて、それらはすべてムンクの言葉からひらめいたアイデアを異なった表現方法によって実現しています。『命の血』は、ムンクの芸術と信念を斬新な方法で描き、美しく魅惑的な公演に仕上がったと自負しております。ムンクは自身の日記に「芸術とは心の血で生み出すものだ!」と書き残しています。これこそがこの公演の核となる重要なテーマなのです。」
エレン・セーイェシュテード・ボートケル(『命の血』ディレクター)

Hjerteblod (Lifeblood)

  日程: 2013年12月11日(水曜日)
タイトル: エドヴァルド・ムンク生誕150周年記念公演「命の血」:東京
  時間: 開場 19:30 / 開演 20:00
  料金: 前売2500円 / 当日3000円 / 中高生1500円
      ※ 未就学児は入場出来ませんあらかじめご了承ください
e+チケット:こちらから
  会場: 西麻布SuperDeluxe
予約、詳細 :www.sdlx.jp/2013/12/11
      命の血

  日程: 2013年12月14日(土曜日)
関連公演:
 エドヴァルド・ムンク生誕150周年記念公演「命の血」:宮城・鳴子温泉
  
時間: 開場 16:30/開演 17:00

  料金: 前売 1500円/当日 2000円/中高生 500円

      ※ 未就学児は入場出来ませんあらかじめご了承ください

e+チケット:こちらから
  会場: 宮城・鳴子温泉 鳴子公民館ホール

  住所: 宮城県大崎市鳴子温泉鷲ノ巣85-4‎
    
  TEL:: 0229-82-2101
    
 最寄駅: 鳴子御殿湯駅(徒歩1分)
      命の血



次のイベント

2018年01月26日 (金)

あれやこれやカフェ Vol.36 TokyoDex 新年会2018

開場 19:30 / 開演 20:00

チケット 1000円

チケット予約不要
TokyoDexは今年もSuperDeluxeで新年を迎えます。すっかりおなじみとなったThis&That Café(あれやこれやカフェ)、2018年の新年会の贅沢なキャストは、アナログとデジタルのめずらしい組み合わせで五感すべてを刺激するディープなアートの旅へとあなたを誘います。お見逃しなく!