SuperDeluxe


こんにちは。


公式イベント 塾BOX Vol.3 「宇宙」について Curated by AZUMAYA Takashi

カテゴリ: ラウンジ | トーク

タグ: Club | Experimental | Jazz | Knowledge

開場 19:00 / 開演 19:30

料金 1500円

現代美術キュレーター・東谷隆司が企画する哲学とライブ、DJによる私塾型イベント、塾BOX。第3回目のテーマは、「宇宙」。中世哲学をベースとする対話に加え、ノルウェーからジャズ集団・KITCHEN ORCHESTRA、そして浅野達彦が「宇宙」をテーマに演奏を展開。知とアート、サウンドの夕べをお楽しみください。

Live:
浅野達彦
Kitchen Orchestra (from ノルウェー)

対話:
鈴木敦詞(中世思想研究) + 東谷隆司

DJ:
東谷隆司

出演者詳細:

浅野達彦

/sdlx/120317-asano.jpg
1966年岐阜県生まれ。14歳からギターと自宅録音をはじめ、東京藝術大学在学時に絵画を先攻する傍ら本格的にバンド活動やカセットMTR による多重録音を開始。 1996年にMOODMANが主催していた7 インチレーベル、「M.O.O.D/donut 」から一人多重録音によるシングル『bonjour 』でソロデビュー。 その後TRANSONIC 、Daisy World等、多数の国内コンピレーションでソロ作品を発表する。またGPP 、パシフィック231 などのユニットにギタリストとして参加。2000年には任天堂ゲーム「巨人のドシン1 」のサウンドトラック、『ドシンの跡を追って』を発表。2001 年、『bonjour 』を聴いたアレック・エンパイアから熱烈なオファーを受け、彼の主宰する英国のレーベルGeist から初のフルアルバム『Genny Haniver 』をリリース。2004年には”クサマヤヨイの前衛ファッションショー! “の音楽を担当。2005年にはデヴィッド・シルヴィアンのリミックス・アルバム、『Blemish Remixes 』に参加。2008年待望の2ndアルバム『Spacewatch 』をAKICHI RECORDS よりリリース。
photo by 井上嘉和
tatsuhikoasano.com myspace

Kitchen Orchestra

/sdlx/120515-FULL-KItchen-Orchestra.jpg
長年に渡りノルウェーで最も即興音楽家を輩出している都市スタヴァンゲルで地元ジャズミュージシャンから交響楽団のメンバーまで幅広いフィールドで活躍中の22人のプロ演奏家が、現代音楽とジャズにおける個性と集団演奏の相互作用の探求を目的にキッチンオーケストラとして集まりました。キッチンオーケストラはリーダー不在の回転体という形態をとり、外部からコンポーザーやバンドリーダーを招く事によって予期せぬ無制限の領域まで演奏の翼を広げます。数々の音楽的冒険を行い、現在までAlexander von Schlippenbach、Øyvind Torvund、Inbal Pinto、Evan Parker、Keith Tippet、Trevor Wishart、Reidar Larsen、Svein Tang Wa、Steve Beresford、David Kane、Lotte Ankerらとコラボレーションを果たしました。Alexander von Schlippenbachとレコーディングした最近アルバムを2012年夏以降にリリース予定です。

/sdlx/120515-kitchen-face06.jpg
Petter Frost Fadnes - サックス/エレクトロニクス
Didrik Ingvaldsen - トランペット/エレクトロニクス
Gunhild Seim - トランペット/エレクトロニクス
Nils Henrik Asheim - ハモンドB3 /エレクトロニクス
John Lilje - エレクトリックベーシスト/作曲家
Thomas Bang - エレクトリックベース
Dag Egil Njaa - MaxMSP
Ståle Birkeland - ドラム/エレクトロニクス
Dag Magnus Narvesen - ドラム
Dominique Brackeva - トロンボーン/ヴォーカル

鈴木敦詞 (中世思想研究)

/sdlx/120404-AtsushiSUZUK.jpg
中世思想研究者、翻訳家、東京フランシスカン研究所編集委員。1967年、愛知生まれ。東京造形大学で絵画を専攻した後、渡独。ケルン大学修士課程修了(哲学、中世文学)。主な研究論文に「ロバート・グロステストの受肉理解」(『フランシスカン研究第5号』に所収予定)、「ヨハネス・ドゥンス・スコットゥスにおける超越」(2005年、ドイツ語)。現在、カトリック世田谷教会にて「キリスト教思想史」講座担当。東京在住。

東谷隆司 (現代美術キュレーター)

/sdlx/120404-Azumaya.jpg
現代美術キュレーター、DJ。1968年、三重県四日市市生まれ。東京藝術大学大学院修士課程修了(油画専攻)。世田谷美術館学芸員、東京オペラアートシティギャラリー、横浜トリエンナーレ2001スタッフ、森美術館キュレーターを経て、フリーで展覧会企画、執筆活動を行う。主な展覧会企画に「時代の体温ART/DOMESTIC」(世田谷美術館、東京、1999年)、「GUNDAM来たるべき未来のために」(サントリーミュージアム天保山、大阪、他全6会場巡回、2005-07年)。「釜山ビエンナーレ2010」(韓国)では、芸術監督を務める。現在、三重県鈴鹿市、および東京を拠点に活動。

協力:
EU-Japan Fest
Norsk Kulturråd
Stavanger Kommune
FFUK
ノルウェー王国大使館
/sdlx/120515-LOGOsL.jpg

チケット予約

コメント[RSS]

ログインすると、コメントを書き込むことができます