SuperDeluxe


こんにちは。


公式イベント Marginal Consort

開場 18:30 / 開演 19:00

料金 3000円 (1D付)

マージナル・コンソートは集団即興の為のプロジェクト。それは異なるフィールドで活動するメンバーが、それぞれのパフォーマンスを同時に進行させるというやり方。脅威の音空間にご注目下さい。
メンバー: 今井和雄、越川 T、椎啓、多田正美



今年2月急逝した小沢靖。昨年のマージナル・コンソートが彼の最後のパフォーマンスとなった。そして、われわれにとっても最後のパフォーマンスだったかもしれない。それは、私の考える集団の態が4人では崩れるからだ。しかし、今年も続けようと思った。彼が戻って来るかもしれないから。

マージナル・コンソート
メンバー紹介:

今井和雄


1972年高柳昌行に師事。1975年美学校小杉武久音楽教場に参加。1976年タージマハール旅行団、高柳昌行ニューディレクション等にゲスト参加。1977年打楽踏房に参加。1991年ソロ・シリーズ「ソロワークス」を開始。
18981221imai.jpg

越川 T


1975年美学校小杉武久音楽教場に参加。テープ音楽等を作成。地方公務員として就職後はアマチュアとしてロック・バンド、ジャズ・バンドを経験。また、インド音楽(北インド古典音楽)、謡曲(観世流)にも親しむ。
18981221koshikawa.jpg

椎啓


1973〜75年、美学校にて赤瀬川原平に美術を、小杉武久に音楽を師事。各種センサーを用いたサウンド・システムや物理的原理を応用したサウンド・インスタレーションを制作。自己の作品のほかに、多くのパフォーマーやダンサーに装置や音響で協力している。2001年12月から青森市の国際芸術センター青森にて、エンジニアとして活動中。
18981221shii.jpg

多田正美


1974年即興グループGAPコンサート。1975年小杉武久音楽教場に参加。同じ樹を同じ時間365日間、365枚撮り続け、20年後の2000年、オランダPennings Galleryにて再プリント個展。1966年画廊の中にテント張って観客が覗く「真面目なサーカス」展。2002年からネパールの古い祭を見始め、 2006年7月、現地作家らとライヴ・パフォーマンス及び酒飲む会 "Art-Full Nepal" を催す。
18981221tada.jpg

関連イベント

  • 現在ありません

予約者

コメント[RSS]

ログインすると、コメントを書き込むことができます