SuperDeluxe


こんにちは。


公式イベント XXX

カテゴリ: 音楽 | アート

タグ: Art | Experimental | Video

開場 19:30 / 開演 20:00

料金 予約2000円 / 当日2500円 (ドリンク別)

XXX ・・・
全く新しい形の即興ライブセッションが実現!!!3人のヴィジュアル・パフォーマーと3人のミュージシャンが、それぞれの放つ光・音・絵・肉体・???現象でぶつかり合います!!!ド平日に行われるこのガチンコ対決、どなた様もお見逃しなく!!!

出演:
鈴木ヒラク X 植野隆司 (テニスコーツ)
永戸鉄也 X カジワラトシオ
小金沢健人 X Jimanica

タイムテーブル
8:00 - 8:30  鈴木ヒラク X 植野隆司 (テニスコーツ)
8:45 - 9:15  永戸鉄也 X カジワラトシオ
9:30 - 10:00 小金沢健人 X Jimanica
10:00 ~    BAR TIME

facebookイベントページ

出演者詳細:

鈴木ヒラク

/sdlx/120723-hirakusuzuki.jpg
1978年生まれ。アーティスト。膨大なドローイングをベースに、壁画・インスタレーション・ 映像・彫刻など多岐にわたる制作活動を国内外で展開、ドローイングの可能性を拡張し続けている。近年の主な個展にWIMBLEDON space(ロンドン,2011)、ギャラリードゥジュール(パリ,2010)。主なグループ展に『One And Many』Location One(ニューヨーク,2012)、『六本木クロッシング』森美術館(東京,2010)、『愛についての100の物語』金沢21世紀美術館(石 川,2009)、『House of Art』Hotel Central(サンパウロ,2009)、『Between Site & Space』ARTSPACE(シドニー,2009)などがある。またラズ・メシナイ、ローレン・コナーズ、Shing02、植野隆司、カジワラトシオなど様々な音楽家とのセッションによるライブド ローイングや、アニエス・ベーやコム・デ・ギャルソンといったファッションの分野とのコラボレーションも継続して行っている。著書に『GENGA』『鉱物探し』。
Homepage

植野隆司

/sdlx/120723-ueno.jpg
死ぬまでやるつもりのバンド、テニスコーツ、真夜中ミュージックの他に臨時的なバンドや色々な形態や人や場所で即興演奏も行う。何でもやるように見えるけど、もちろんそんなはずはない。
Tenniscoats Homepage

永戸鉄也

/sdlx/120723-nagato.jpg
1970年東京都生まれ。高校卒業後渡米、帰国後96年より国内トップアーティストのCDジャケットデザイン、ミュージックビデオのディレクション、広告やドキュメンタリー映像制作等に携わる。またアーティストとしてコラージュ、写真、映像作品を制作。個展、グループ展で発表をしている。

カジワラトシオ

/sdlx/120723-toshiokajiwara.jpg
サウンド・パフォーマンス・アーティスト。90年代初頭にNYでレコード・プレーヤーやテー プ・マシンを多用した独自のパフォーマンス活動を始める。後にクリスチャン・マークレイ・トリオのメンバーとして世界各地をツアーする。98年より5年 間、即興パフォーマンスを中心とした実験型イベント『PHONOMENA』を、NYの先鋭的なライブハウスで知られる"TONIC"にて企画運営。またカ ルト的中古レコード店"A-1 Record Shop"の店長として13年間に渡り勤務する。帰国後(08年)よりDance Company BABY-Qの演出・音楽を担当し、BING名義にてDJやライブ活動を展開。また、東野祥子とともに「HE?XION!TAPES」を立ち上げ、CDの リリース、イベントプロデュースなどを手がけている。
カジワラトシオ Homepage

小金沢健人(こがねざわ たけひと)

/sdlx/120723-koganezawa.jpg
1974年東京生まれ。
1998年武蔵野美術大学映像学科卒業。
1999年よりベルリン在住。
映像・ドローイング・インスタレーション・パフォーマンスが制作の4本柱。

Jimanica

/sdlx/120723-jimanica.jpg
1975年、東京都出身。クラシック、ジャズの膨大なコレクターである父親と、江戸小唄の師範代であった母親の元、幼少から音楽・造形に親しむ。武蔵野美術大学映像学科卒業後、渡米。 その後2年間NYでドラマーとしてマンハッタン、ニュージャージーを中心にハウスバンドに在籍し、セッション、レコーディングに参加。 2000年の帰国。
2005年ドラムソロ・アルバム“Entomophonic”(mao)をリリース。以降ドラム + PCでのソロライヴのスタイルを確立する傍ら、即興音楽からポップスに至るまでの多数アーティストと共演。
2006年にドラマー Itokenと映像作家 山口崇司と共にd.v.dを結成。ヨーロッパ、韓国、シンガポール、オーストラリアなど各地で公演を重ねる。 2007年にAmetsub(PROGRESSIVE FOrM)とのデュオユニットJimanica : Ametsubを結成、ミニアルバム”Surge”をリリース。また同年11月、d.v.dのファーストDVD “01 > 01″をリリース。
2010年、やくしまるえつこ(相対性理論、TUTU HELVETICA、ほか)との新ユニット「やくしまるえつこ と d.v.d」が始動。2010年4月7日に8曲入りアルバム『Blu-Day』を発売。さらに同年11月に2作目となるソロアルバム”Pd” (HEADZ)をリリース。以降、Jimanica band setとしてバンド編成でのライブをスタート。 また、DE DE MOUSEやWorld’s end Girlfriend、蓮沼執太、木下美紗都などのバンドに参加。フルカワミキのリミックス曲提供ややくしまるえつこのシングル曲の編曲、CM音楽などもがける。

技術協力:岸本智也
記録映像:シマウマ
記録写真:塩田正幸

チケット予約

オフィシャルハッシュタグ

#XXX723

アカウント登録後、マイページからTwitterを連携してこのハッシュタグをつけてつぶやくと、そのつぶやきはコメントとしてここで表示されます。

コメント[RSS]

ログインすると、コメントを書き込むことができます