SuperDeluxe


こんにちは。


公式イベント セカイ JunKaneko presents

カテゴリ: 音楽

タグ: Art | Club | Jazz | R&B | Rock

開場 18:00 / 開演 未定

料金 予約2700円 / 当日3000円 (2D付)

EXHIBITION:
金子 潤

LIVE:
ABNORMALS
Miila and the geeks
タブゾンビ(SOIL&PIMP SESSIONS)&日向秀和(ストレイテナー)&栗原務(LITTLE CREATURES)

DJ:
YAMA.a.k.a.sahib(JAZZ BROTHERS)
SHINYA TAKATORI
T-FRONT

VJ:
SNEEK PIXX MAKO

出演者詳細

Miila and the geeks

/sdlx/121021-MiilaandtheGeeks_SF_BW.jpg
moe(vocal/guiter/bass), Komori(sax), Kaoru Ajima(drum)から成る3ピースバンド。NYポスト・パンク / ノー・ウェーヴのクールさ、90年代オルタナティヴのルーズさを受け継いだカジュアルな進行形サウンド!と称されるライヴ・バンド。2010年に1st e.p.& 2nd e.pを7inchでリリースし、続いて1st album「New Age」をリリース。翌年には、アメリカ / テキサスでの"SXSW Festival"に出演し、初のUS Tourを敢行。今年5月にはUK Tourを行い、リバプールのFestival"The Great Escape"やリバプールでの"Sound City"にも出演。日本でも国内外問わず様々なアーティストと共演し、様々な場所で精力的にライブ活動中。今年10月には新作7inchをリリース予定。
Miila and the geeks tumblr

SHINYA TAKATORI (RANKandFILE RECORDS)

/sdlx/121021-SHINYA-TAKATORI.jpg
3台のターンテーブル、エフェクター、そして自身がもつ独特のミキシングやスクラッチを駆使し紡ぎだされ、自身の楽曲をスクラッチを多用しながらミックス、再構築していくライヴプレイも含め、スピリチュアルとフィジカルが融合した空間が創りあげられる。2010年春にはkashiwa daisukeのアジアツアーにサポート(ターンテーブル)として帯同。2004年にリリースされた自身初のDJ MIX CDR『the view of showgazing』につづき、2007年にはinner scienceのレーベル【blendingtones】 よりMIX CD『natural unity』をリリース。2008年には12inch vinyl『Our Usual Nightmare ep』を、2009年には1st album 『Naked Season』を自らのレーベルRANKandFILE RECORDSからリリースした。そして今年9月には3年ぶりのalbum『Parallel Season』をリリース予定。
SHINYA TAKATORI Homepage

ABNORMALS

/sdlx/121021-ABNORMALS.jpg
タイトでクール!ゴシック!MISFITS、DANZIG、THE DAMNEDから受け継いだ退廃的な空気とレザーコスチュームをまとうパンクバンド、ABNORMALS。ミクスチャー、メロディック・ハードコアがメイ ンストリームへ登場しだした1988年にVo.COMIを中心に結成され、長いキャリアと共に時代を巡って、国内外のパンク・ハードコアバンドはもち ろん、アパレル、アート関係者との親交を深め、各方面からスタイリッシュなパフォーマンスに定評を得る。幾度のメンバーチェンジののち、現在は COMI(VOCAL),HAGI(BASS),YURI(GUITAR),KIYO(GUITAR),MASATO(DRUMS)の5名で多くのライブ パフォーマンスを続けながらNEW MUSICを鋭意製作中。
ABNORMALS Homepage
POP GROUP RECORDINGS Homepage

日向秀和 bass

/sdlx/121021-hinatahidekazu.jpg
愛称『町田のヤンキー』『ひなっち』
ART-SCHOOL ZAZEN BOYSを経て現在はストレイテナー、E.O.R、FULLARMOR、Killing Boysのベーシスト。プレベならではのゴリゴリなサウンドを持ち味としているが、演奏はストレートなベースラインからテクニカルなスラップまでさまざま。 ライブでは激しい動きに加え、飛び道具となるエフェクターを好んで使う。
日向秀和 blog
ストレイテナー Homepage

タブゾンビ tpt

/sdlx/121021-tabzonbie.jpg
DETH JAZZと称する爆音ジャズを展開するSOIL&PIMP SESSIONSのトランペッター、リーダー。E.O.R、BrutulLipsの活動のほか多くのアーティストのレコーディングに参加。ソロで は(こびとずかん/こびとビート)など活動は多岐に渡る。
タブゾンビ blog
SOIL&PIMP SESSIONS Homepage

栗原 努 dr

/sdlx/121021-kuruhara.jpg
20周年を迎えた "LITTLE CREATURES"、そしてエスペラント楽団 "Double Famous"のドラマー。楽想をより豊かにする、しなやかなリズムワーク、卓越したセンス、音楽への真摯な姿勢により、 ミュージシャンからの信頼も厚く、プロデュース、サポートなど多岐に渡って音楽活動を行っている。
LITTLE CREATURES Homepage

金子 潤

/sdlx/121021-JUNKANEKO.jpg
1976年福島県生まれ
拘束された顔や身体、切り取られた目や唇、鳥かごやシャーレに閉じ込められた作品達・・・。一見すると死を感じる彼の作品には、そうした悲愴感は一切なく、むしろ温かくいきいきとした生のエネルギーを感じることができる。時間と水から成る黒を使い、自ら作ったルールと計算された偶然性から生まれた不自由な作品は、見るものの感性に限りない自由を与えてくれる。そしてその広がりこそが彼の続ける実験の成果と言えるだろう。
金子 潤 blog

YAMA a.k.a.SAHIB (AUDIO SUTRA SOUND/J.B.P.)

/sdlx/121021-YAMA.a.k.a.sahib.jpg
85年、今や伝説の西麻布P.Picassoに出演レギュラーパーティー"DRY ACID"を開始。'91年、DJユニットJAZZBROTHERSを竹花英二、奈良安浩と共に結成。イベント"JAZZBROTHERS"をCAVEで始める。青山blueを旧友U.F.Oと共にプロデュース。'98年、ハンブルグ・ジャズ・フェスティバルに近藤等則と共に出演。'99年にはユニットFREEMANをスタート、レーベルaudio sutraを始める。楽曲MY DEAR MASTERSをフランスGeorgeVよりリリースされたBuddhaBarⅢにライセンスし世界的に支持を受ける。'00年インド、バンガロールで行われたダライ・ラマ14世が提唱する"世界聖なる音楽祭"に出演。その後もオープンマインドでヴァーサタイルな活動を続け、近藤等則、Bill Laswell, Jah Wobble,John Zorn、石間秀機、山木秀夫、坂田明、清水靖晃、森園勝敏、伊藤公朗、ホッピー神山,中村達也、EYE、仲野茂 、三宅洋平、DJ Disk等とのセッションに参加。自らのサウンドを交差する波動と呼び、Deep Ethnic,Spiritual Roots,Spacy Dub&Electric Beatを融合させるスタイルには 定評がありSoul Jazz recordよりJBP名義で日本人初となる12inchをリリース。近年ではDUB STEPのフォーマットによる楽曲を制作、RUDIMENTSより12'「Assassin EP」リリース。J-WAVE・ジャイルス・ピーターソンの人気番組『WORLDWIDE120』でmix showがオンエア。パーティー「version」をRUDIMENTSのG.N.T.と共にオーガナイズしゲストにROB SMITHを迎える他、代官山UNITにて開催されているDrum'n Bass SessionにてDubstepを中心としたBass Musicをプレイ。SHIBUYA FM(78.4MHz)で竹花英二とexclusive mixをオンエア中。
YAMA a.k.a.SAHIB Mixcloud

VJ SNEEK PIXX

/sdlx/121021-SNEEK_PIXX_LOGO.jpg
SNEEK=sneak[sníːk]
PIXX=pix[píks]
We work as graphic designers and we are intimately-connected to the music scene that leads to our various experiences in the music scene. Our VJ style is characterized by synchronizing the sound with the image by using the tool that we have cultivated a scene of originality."Always working behind as backseat player." is what we are all about but it looks like opposite to the spectacular our VJ style which is showing up. We are born as graphic designers who devote ourselves to direct the client and artist. As previously noted, SNEEX PIXX!!! is named from the fact that we can rock the floor while we sneak around the back. We involve people on the floor before people know what is happening. That is what we call as "Dark matter" which is undetectable by emitted or scattered electromagnetic radiation. Its existence is hypothesized.But during recent years, people are able to visually confirm "Dark matter" by synchronizing with the VJ equipment even though it's about 2.3 million light years away from the earth.We become a perfect existence to let the spiral galaxies down to the floor which is a trillion stars(1,000,000,000,000pixel ) concentrated in the spiral arms of galaxies. In addition, two huge black holes exist in the galactic bulge a.k.a ANDROMEDA V.J. BRIGADE absorb the excitement from the music scene and will become more and more enormous we all know...

TFRONT(MAMMOTH DUB)

/sdlx/121021-mammoth.jpg
クラブシーン不毛の地と言われた埼玉でゲリラ的にスタートしたダブステップパーティーMAMMOTH DUBの重要メンバー。 これまでMAMMOTH DUBはゲストにJUZU a.k.a moochy、YAMA a.k.a.SAHIB、GOTH-TRAD、GREG G、OVE-NAXXX、 E.D.O.ECHOSOUNDSYSTEM、DUBSAP、G.N.T.、100MADO、BD1982、D Junsei、KILLERBONG、らを招聘し、多方面からの賞賛を得る。
MAMMOTH DUB Homepage

チケット予約

オフィシャルハッシュタグ

#SEKAI

アカウント登録後、マイページからTwitterを連携してこのハッシュタグをつけてつぶやくと、そのつぶやきはコメントとしてここで表示されます。

コメント[RSS]

ログインすると、コメントを書き込むことができます