SuperDeluxe


こんにちは。


公式イベント Ulrich Schnauss

開場 17:00 / 開演 18:00

料金 予約3500円 / 当日4000円 (1D付)

Rocket Girl Japan presents

Ulrich Schnauss Japan Tour 2011


出演: Ulrich Schnauss、aM™、Lemon’s Chair、shelling

7月19日火曜日、SuperDeluxe HPよりウェブ予約予約開始!



17:00 Open / 18:00 Start

出演者詳細:

Ulrich Schnauss (ウルリッヒ・シュナウス)


1977年ベルリン生まれ。2001年リリースの“ Far Away Trains Passing By”を皮切りにこれまで3枚のオリジナルアルバムをリリースしているエレクトロ二カアーティスト。Depeche Mode、Rachel Goswell、Mark Gardener、Asobi Seksu、A Sunny Day in Glasgow や、シューゲイズアーティストのリミックスを数多く手掛けている。ロックやテクノサウンドをベースに、表層に流れだす全編を通したメランコリーなレイヤーサウンドは彼独自の世界観を大いに現わしている。昨年開催されたシューゲイズレジェンド、チャプターハウスとのツアー以来、約1年4ケ月ぶりの来日となる。
ulrich-schnauss.com

aM™[aem]


30882am.jpg
コウダイとミユキ.から成るエレクトロ・デュオ・バンド。2010年10月4日にアルバム「Belong To Galaxy」が英レーベルRocket Girl(Ulrich Schnauss,Kevin Shields/Patti Smith)からワールドワイドリリース。フィードバックギターとアコースティックドラム、コンピューターサウンドからなるシューゲイズサウンドが、想像を超えた圧倒的な世界を体現している。
26666.org

Lemon’s Chair


30883lemonschair.jpg
イマニシマサシ(G),YUKO(G)のアンビエント・シューゲイザーユニット。2本のギターとドラムで透明な揺らぎ・眠れるシンフォニーを奏で、白昼夢サウンドを展開。最小限の音数と1フレーズループのミニマル手法をコンセプトにしていSPECTRUM(UK)/Chapterhouse(UK)/ulrich schnauss(GER)/SCREEN VINYL IMAGE(US)/CEREMONY(US)/eskimohunter(US)/RINGO DEATHSTARR(US)/THE PAINS OF BEING PURE AT HEART(US)/THE DEPRECIATION GUILD(US)/Letting up despite great faults等の様々な海外シューゲイザーバンド来日公演に参加。2010年04月、自身のレーベル High Fader RECORDSよりフルアルバム[I hate? I hope?]をリリース。2011年01月、My Bloody Valentine マネージャのレーベル ROCKET GIRL RECORDS(UK)コンピレーションに参加。(aM/God is an Astronaut/A Place to Bury Strangers/Robin Guthrie/Ulrich Schnauss等収録)2011年08月、Vinyl Junkie Recordingsが企画するシューゲイザー・ドリームポップバンドによるチャリティー・コンピレーションアルバム『The Light Shines into Your Dream』に参加。(My Bloody Valentine/Chapterhouse/Ringo Deathstarr/Coaltar Of The Deepers/cruyff in the bedroom等参加)年間10本ペースで大阪と東京を拠点にマイペースに活動。「High Fader NIGHT」「JAPAN SHOEGAZER FESTIVAL」のオーガナイザーでもある。 2011年09月、シューゲイザーバンドとしては初の教会ワンマンライブ決定!!

shelling (シェリング)


30884shelling.jpg
2007年結成。Shelling[shel・ling[∫eiliη]は貝殻拾いという意味をもつ。メンバーは aya(g,vo,synth,music&lyrics,artworks)、 shota(g,synth,mastering)。2010年03月、High Fader RECORDSよりSPLIT ALBUMリリースし、BOATBEAM & BIFF SMITH来日東京公演のフロントアクトをつとめる。アンビエントの浮遊感、エレクトロニカの冷たさ、夢心地なシューゲイザーサウンドに心地よい透明感のあるボーカルが幻想的景色を想起させ、シャーベットポップとも称されている。2011年07月、日本初のシューゲイザーフェスティバル JAPAN SHOEGAZER FESTIVALに出演し、09月のLemon's Chair 教会ワンマンライブ・オープニングアクト決定。ayaのソロワークス「fraqsea」では、音楽・写真・映像、その他各種アートを創造する「ArtLism.JP」に参加、ポーランドのエレクトロニカアーティスト「Pleq」とのコラボレーションや、青木孝允と高木正勝等をリリースしてきたPROGRESSIVE FOrMの10th Anniversaryイベント(恵比寿リキッドルーム)に参加と、幅広く活動中。現在shellingは,来年リリースするフルアルバムに向けて準備中である。

関連イベント

  • 現在ありません

予約者

コメント[RSS]

ログインすると、コメントを書き込むことができます