SuperDeluxe


こんにちは。


公式イベント 山口とも+おおたか静流+向島ゆり子 東ティモール公演 帰国報告ライヴ

カテゴリ: 音楽

タグ: Video | World | knowledge

開場 19:00 / 開演 19:30

料金 予約2300円 / 当日2800円 (ドリンク別) / 小学生1500円

まだ若く可能性を秘めた国、東ティモール。3人の日本人音楽家が垣間見た南の島の情景を、音楽とともに。

 2012年11月、東ティモール民主共和国の独立と日本との外交関係樹立10周年を記念して、国際交流基金の主催で『山口とも+おおたか静流+向島ゆり子 東ティモール公演 〜ともにつくる音楽の輪〜』と題された交流訪問公演が催され、現地の孤児院や学校などを会場に、主に子どもたちを対象としたワークショップとコンサートが行われました。

 ペットボトルや空き缶などの廃品を材料に楽器を作る山口とものワークショップや、おおたか静流による声のワークショップ、日本の民謡や古曲、オリジナル曲や東ティモールの伝承曲を交えたプログラムによるコンサート、また現地の若いミュージシャンたちとの共演は、彼の地の純朴で気さくな人々に熱く迎えられ、聴衆のあまりにも素直な反応と受けの良さに演奏者のテンションも上がり、公演旅行はきわめて豊穣な時間と経験となりました。その“でこぼこ珍道中”とも呼べそうな公演旅行の思い出のあれこれを、スライドとヴィデオ映像を交えて報告するトークを第1部に、そして、この訪問公演のために編成されたスペシャル・トリオによる国内初ライヴを第2部にプログラムして、帰国報告会を行います

 日本ではまだまだ知られていない東ティモールの状況を、国勢や政治や歴史の話ではなく、自分たち自身で歩き、見聞きしたことを、私的な観点から断片的にではありますが、公演団メンバーから楽しくご報告できればと考えています。

出演:
山口とも (percussion, voice, etc.)
おおたか静流 (vocal, toys)
向島ゆり子 (violin, viola, voice)

プログラム
第1部:公演団メンバーによる現地報告トーク(スライド&ヴィデオあり)
第2部:山口とも+おおたか静流+向島ゆり子トリオ ライヴ!

協力:国際交流基金

料金:
予約2300円/当日2800円 (各+ドリンク代700円)
小学生1500円 (ドリンク代なし)
※未就学児童は保護者の同伴があれば入場無料

企画/制作/お問い合わせ:キャロサンプ
TEL: 03-3316-7376
Mail: info@callithump.info
URL: www.callithump.info

東ティモールについて
/sdlx/130325-kokki-T.jpg
東ティモール民主共和国は、東南アジア地域に位置する共和制国家。日本からはほぼ真南に5,000㎞、赤道の南、オーストラリア大陸の北、小スンダ列島の東端にあるティモール島の東半分と、アタウロ島、ジャコ島、飛地オエクシで構成されている。国土面積は東京・神奈川・埼玉・千葉の1都3県の合計にほぼ同じ。住民はほとんどがメラネシア系、国民の99%以上がカトリック教徒である。16世紀にポルトガルによって植民地化されて以降、長らくポルトガルの支配が続いたが、1974年の宗主国の民主化革命の翌年に独立宣言を行った。しかし、その直後にインドネシア軍の侵攻を受け併合されてしまう。併合後の最初の10年間で全人口の3分の1にも及ぶ約20万人が虐殺の犠牲になったといわれている。その後の国連による暫定統治と住民投票の後、2002年5月に独立を果たし、現在に至る。農業が主な産業であり、輸出用作物としては特にコーヒーの栽培に力を注いでいる。15才以下の子どもが全人口に占める割合が46%と非常に高く、また1日2ドル未満で暮らす貧困層が全人口の68%と推定されている。

/sdlx/130325-FLYER.jpg

山口とも(やまぐち・とも)
/sdlx/130325-yamaguchi.jpg
パーカッショニスト。東京都出身。祖父・山口保治は「かわいい魚屋さん」「ないしょないしょ」など数々の童謡を作った作曲家。父・山口浩一は新日本フィルハーモニーのティンパニー名誉首席奏者。つのだ☆ひろのアシスタントとして音楽の世界に入り、1980年「つのだ☆ひろとJAP'S GAP'S」でデビュー。解散後、中山美穂、今井美樹、平井堅、石井竜也、サーカスなど、数々のアーティストのツアーやレコーディングに参加。'95年の音楽劇『銀河鉄道の夜』をきっかけに、廃品からオリジナル楽器を作るようになる。以来、廃品打楽器を使った独自のパフォーマンスを展開し、全国各地で老若男女を魅了するコンサートを数多く行っている。希有なキャラクターが評価を受け、2003年4月からNHK教育テレビで放送された『ドレミノテレビ』では、UAとともに進行役を務め、親しみやすいキャラクターと音楽性の高さから人気を博した。その他テレビ出演も多数。
山口とも TOMO OFFICE

おおたか静流(おおたか・しずる)
/sdlx/130325-shizuru-O.jpg
七色の声を自在に操る、ノン・ジャンルのシンガー&ボイス・アーティスト。数百曲に及ぶTV CMでの歌唱や、映像、絵画、朗読、ダンスとのコラボレーションなどジャンルや国境を越えた音楽活動を展開している。「声のお絵描き」主宰、声の可能性を研究し続ける。NHK教育テレビ『にほんごであそぼ』にて楽曲提供及び歌唱。「花 〜すべての人の心に花を〜」「悲しくてやりきれない」などのヒット曲をはじめ、童謡や民謡などを歌唱。震災復興を願った楽曲「東北」を梅津和時と制作し、2012年3月に国際交流基金が主催した震災復興支援公演において、ニューヨーク国連本会議場を含む、米国・フランス計3都市で歌唱、各地で絶賛された。
おおたか静流 Homepage
おおたか静流 New Album Information

向島ゆり子(むこうじま・ゆりこ)
/sdlx/130325-Yuriko-M.jpg
ヴァイオリン/ヴィオラ/アコーディオン奏者、作・編曲家。’80年代より篠田昌已、今井次郎、久下惠生らとの「PUNGO」、清水一登、れいち、渡辺等、今堀恒雄らとの「おU」、梅津和時、巻上公一らとの「ベツニ・ナンモ・クレズマー」など様々なバンドに関わる一方、串田和美、流山寺祥、故・古川あんずなどの芝居や舞踏公演での音楽監督を務める。1996年には初リーダーアルバム『Right Here!!』を発表し、新聞・雑誌・ラジオなどで高い評価を得る。2003年にスウェーデンの鬼才、故・ラーシュ・ホルメルとのデュオアルバム『LIVE AND MORE』を発表。国内外を問わず様々なジャンルのアーティストのサポートや数々のセッション、レコーディング、コンサート活動を行っている。
向島ゆり子 Blog

PHOTO WORKS BY Toshiya Suzuki

チケット予約

オフィシャルハッシュタグ

#EastTimor

アカウント登録後、マイページからTwitterを連携してこのハッシュタグをつけてつぶやくと、そのつぶやきはコメントとしてここで表示されます。

コメント[RSS]

ログインすると、コメントを書き込むことができます