SuperDeluxe


こんにちは。


公式イベント あれやこれやカフェ Vol.16: 夏の日の唄

カテゴリ: 音楽 | ラウンジ

タグ: Club | Folk | World

開場 20:00 / 開演 20:00

料金 入場無料 (要ドリンクオーダー)

冷たいドリンク、アツい音楽とクールなアート。土曜の夜に入場無料じゃ、行くっきゃない!ジャンルはさまざまだけど、すべては夏の日の唄。

Live:
Metro Ongen
tomy wealth
ROTH BART BARON

Live Painting:
輪派絵師団
ダニエル・セザール

DJ:
DJ Ace-K

VJ:
Kazuya Ito as toi whakairo
D.H. ローゼン

出演者詳細:

Metro Ongen
/sdlx/130712-metroongen.jpg
童謡のようなメロディーと華やかなコーラスワークを活かした楽曲がテレビジョンやブロンディに例えられ、ミナミホイールフェスでは入場規制となる。ベルセバ、ティーンエイジファンクラブを手掛けたデイビッド・ノートンをプロデューサーに迎え、青春の喪失を正直な言葉で綴ったアルバム「EDEN」2011年4月6日全国発売。埋まらない寂しさの答えが“エデン”にある。
Metro Ongen Homepage

tomy wealth
/sdlx/130712-tomy-wealth-Automatism.jpg
ドラマーでありビートメイカーである Takayuki Saekiのソロプロジェクト。15年以上に渡るドラム歴を生かし、自身のトラックは全て自ら叩いたドラムプレイからサンプリング、エディットするというスタイルをキャリア当初から貫いている。ドラマーの枠を越え、ピアノやストリングスを主とした琴線に触れるエモーショナルなメロディメイク、どこか品や知性を感じさせるワビサビのある楽曲に定評がある。映画の様に架空のストーリーを立てながら作曲する事が彼の手法であり、ある種自閉的な世界観を頑に死守している。 ライブでは自身はドラムを叩き、サポートメンバーにBassのDemsky、SamplerのMitsuaki Aoyagi、VJのKazuya ito as toi whakairoを加え、シーンやジャンルに拘らず多岐にわたり活動中。音源をベーシックにしつつも、ライブ限定曲やカヴァー曲を取り入れるなど、より視野の広い一面を見せている。
tomy wealth Homepage

ROTH BART BARON
/sdlx/130712-RothBartBaron.jpg
三船雅也 (vocal/guitar) 、中原鉄也 (drums/piano) の2人組バンド。2008年結成。2010年に自主制作による1stEP「ROTH BART BARON」をセルフリリース、diskunionやJETSETから多大な支持を受ける。ギター、バンジョー、マンドリン、ピアノ、和太鼓、グロッケン、マリンバ、フィドルなど多種多様な楽器を使い、壮大なサウンドスケープと美しいメロディ、剥き出しの感情と生命力に満ちあふれた歌詞が作り出す圧倒的な世界観は日本の音楽シーンだけに留まらず、SoundCloudをはじめとする音楽系SNSサイトから多くの賞賛コメントを受けるなど、海外での評価も高い。2012年12月13日には2年ぶり待望のNEW EP「化け物山と合唱団」をリリース。The National,Local Natives,ペトロールズ等のVideoを制作しているSLEEPERS FILMと制作したMusic VideoをYouTubeにて公開中。 ROTH BART BARON web
ROTH BART BARON Facebook

輪派絵師団
/sdlx/130712-RinpainPeking.jpg
東京を拠点とするアート集団、輪派絵師団。2006年にYouTubeで発表したビデオが爆発的ヒットとなり、世界のアートシーンで大変な注目を浴びることとなりました。以来、『モーションペイント』や商業映像を制作しています。ビデオは現在までに9000万回以上も視聴され、その特徴的なスタイルは今や世界中で広く模倣されています。 輪派絵師団 Homepage

ダニエル・セザール
/sdlx/130712-DanielCesar.jpg
ダニエル・セザールは東京を拠点に活躍するグラフィックデザイナー/ビデオ制作者/画家であり、多分野にわたるスキルでもって、どのような媒体でも彼のアートをつくり出すことができます。パリでも有数の視覚効果・映画学校を卒業後、ダニエルは世界を旅して異なる文化を体験・吸収し、彼のアートではそれらを色として表現しています。

DJ Ace-K
/sdlx/130712-DJAce-K-2.jpg
北国生まれで東京在住のゆかいなDJ。既婚者。10年前からテクノDJを始める。最近はアフロファンクに魅力を感じている。オーガナイズしているレギュラーパーティーは恵比寿のエンジョイハウスで行われる『Interpassional』と不定期に行われるテクノとjambandをコラボレートする『DOMINION』がある。

Kazuya Ito as toi whakairo
/sdlx/130712-kazuyaito.jpg
Graphic Designer / Web Designer / VJ RHYMSTERのDJ JIN率いるBreakthroughのフライヤー制作、DJ SARASAプレスキット制作、日本発ビートミュージックポッドキャストCosmopolyphonic Radio、フリーマガジンDESTINATION MAGAZINEへのアートワーク提供、CD、レコードジャケットデザイン等、音楽との関わりは深い。同時にANACHRONORM×Kuumbaのパッケージや、アパレルブランドのロゴ、カタログ、WEBも手掛けている。近年は、LOW END THEORY JAPAN、tomy wealthのライブサポートなどVJとして数多くのイベントに出演中。
Kazuya Ito Homepage

D.H. ローゼン
/sdlx/130523-DHRosen.jpg
アメリカ出身・東京滞在のビジュアル・アーティストD.H.ローゼンがいつもアナログとデジタル・メディアで遊んでいる。ライブでは、事前に用意した映像とその場で使ってコラージを混合する。
Tokyo Dex.com

This&That Caféは、あらゆるジャンルやバックグラウンドのアーティストが共有の精神のもと時間と作品を持ち寄る、という一般公開の無料イベントです。ここは音楽とヴィジュアル・アートが思いがけないコラボレーションで融け合う場所。東京という濃密で幅広い才能の海で、遠方からのアーティストが現地の輝く才能に出会う、アーティストのためのフォーラム。古い友人と新たな知人が入り混じったコミュニティは、人が集まり、アイディアが飛び交い、アートの傾向や好みが共有され、詩が生まれる場。早めに来て席に着き、SuperDeluxeのおいしそうなメニューを楽しむのもよし。仕事帰りの一杯にちょっと寄るのもよし。みんな大歓迎です。今後のThis & That Caféの企画についてアイディアがあれば、<thisnthat@tokyodex.com>へ一言メッセージをください。新しい、刺激的な表現の場を探しているミュージシャンやDJ、ビジュアル・アーティストからの連絡をお待ちしています。

Powered by TokyoDex

/sdlx/120310-TOKYODEX_logo-2.jpg
Facebook
Twitter

オフィシャルハッシュタグ

#tntcafe16

アカウント登録後、マイページからTwitterを連携してこのハッシュタグをつけてつぶやくと、そのつぶやきはコメントとしてここで表示されます。

コメント[RSS]

ログインすると、コメントを書き込むことができます