SuperDeluxe


こんにちは。


公式イベント くふきの大豊年祭

カテゴリ: 音楽

タグ: Club | Electronica | World

開場 19:00 / 開演 19:00

料金 予約1500円 / 当日2000円

Live:
くふき featuring bonbonya trio
鬼の右腕
neohachi × 鶴屋銀次郎
善戝和也と大きな鯨

DJ:
SOI48
Evil Penguin

出演者詳細:
くふき(KUFUKI)
/sdlx/130316-kufuki.jpg
こんの(electronics)・さいとう(syn)・としまさ(Vo・G) ・のぶなが(VJ・MC)による肉体派音響ユニット。こんのの太鼓にさいとうが雷をのせ、それをとしまさが念力で制御。のぶなが写すは富士一面の絵巻物。世界中の音楽に思いを馳せ、念力に従い楽曲を制作するそのスタイルは他に存在し得ない独自の音楽次元を生む。例えるならテクノスピリッツ溢れるワールドミュージックに音頭の力強さを加え日本の土壌で熟成させたコズミック・ダンス・サウンド。前衛ななかに輝くポップセンスがくふきの真骨頂である。 2010年ライブアルバム「ふかみどり」、2012年には世界10カ国からゲストを迎えた待望のフルアルバム「くふき」を発表、Tyme. × Tujikoとの合同リリースパーティを大成功に収める。また、南米コロンビアのラジオ局がインタビューを敢行、Astral Social Club(イギリス)、ANLA COURTIS(アルゼンチン)、ROAD MUSIC(マリ共和国)等が賞賛するように、海外からの評価も非常に高い。クラブからライブハウス、野外フェスティバルまで時空を曲げる、くふきのライブはまさに”大迫力”の一語。PV「大迫力」は物議を醸す大傑作ムービー。代表曲に「大迫力」「光線」などがある。2013年、世界を股に掛ける壮大プロジェクトを構想中。

くふき Homepage
くふき facebook

bonbonya trio
東京吉祥寺の貸し本家の主とその仲間達。今日もしっぽり楽しい場所へと赴きます。

鬼の右腕
/sdlx/131005-ONI.jpg
2010年11月に、うてな/のじり/よしだ/みどりで結成。好きなゲームはUNO。好きなお菓子はPIZZA。
鬼の右腕 リンク

neohachi x 鶴屋銀次郎
/sdlx/131005-NT.jpg
neohachi
シンセサイザー奏者エリーと、詩吟ボーカルのリリー・セバスチャン・マッケンローからなるファンシーでコミカルなユニットである。2008 年、初のミニアルバム「rhythm of wonder」をリリース。また、自主レーベルneohac recordsより初老の落ち着きをみせるアンビエント盤「MUSIC FOR AIRMAIL」と山本達久を迎えたneohachi trioでのライブ音源をリリースしている。2013年7月にファースト・フルアルバム「LOVECADIO HEARN」をWhite Paddy Mountainよりリリース。
neohachi Homepage
whitepaddymountain.tumblr.com

鶴屋銀次郎
伊賀の人。世阿彌の末裔を自称。父は宮大工、母はジャズミュージシャンのハーフ。19歳の時に渡米。ムハル・リチャード・エイブラムスに師事。フリージャズを学ぶ。帰国後は秋葉原でメイド喫茶を経営しながら、アイドル達にフリージャズを教えている。これまでに数多くの伝説的なライブをこなしてきたが、現在までに公式のアルバムリリースはない。西麻布では初のライブとなる。

善戝和也と大きな鯨
/sdlx/131005-kufuki.jpg
大地の鼓動と宇宙の呼吸を体現するアースビートバンド。日本語と謎の言語がクロスオーバーされた新しいウタモノの世界。日本のみならず世界中で音楽活動を展開している善戝和也の呼びかけにより、2008年に結成。ライブやセッションを重ねる内に独自の進化を遂げ、ピアノと打楽器のポリリズミックなアンサンブルを基軸とした『アースビートミュージック』を確立する。2010年8月、獏原人村の満月祭に出演。翌2011年も出演。2012年4月、新曲"食べること"を掲げ、フードイベント『エコトコ』に出演。2012年7/14、初のワンマンライブを鈴ん小屋で開催。満員御礼。2012年8月、1st Album『ざばざば-ざぶんぐ』リリース。2012年11月、いのちの祭り提唱者でもあるおおえまさのり氏の新刊「未来への舟」発売イベントに出演。2013年7月、earthgarden〈夏〉に出演。まあるい地球を中心に活動中◎

SOI48
/sdlx/131005-SOI.jpg
タイ音楽を中心に世界各国の60~80年代の音源を発掘・収集する2人組SOI48。英国の名門レーベルFINDERS KEEPERSのChris Menistや、ZUDRANGMAレーベルのMaft Saiらとともに、ヴィンテージ音源の発掘に努めている。タイ音楽の7インチ・リイシューや、東南アジアでのDJなどタイ音楽の魅力を伝える活動を積極的におこなっている。サイケ、レアグルーブとして、きわもの扱いされているワールドミュージックもクラブ音楽同様に踊ってもらいたいっ!をモットーに、タイ・インド・トルコなど世界各国の音楽をプレイ。欧米に比べて情報が少ないレコード、アーティスト、レーベル、旅行情報を交換するパーティー、SOI48を東京にて不定期開催中。
SOI48 blogspot
SOI 48 mixcloud.com

Evil Penguin
/sdlx/131005-paul.jpg

チケット予約

オフィシャルハッシュタグ

#Kufuki10

アカウント登録後、マイページからTwitterを連携してこのハッシュタグをつけてつぶやくと、そのつぶやきはコメントとしてここで表示されます。

コメント[RSS]

ログインすると、コメントを書き込むことができます