SuperDeluxe


こんにちは。


公式イベント あれやこれやカフェ Vol.19「グレーデー」

カテゴリ: 音楽 | アート

タグ: Japan | Rock | World

開場 20:00 / 開演 20:00

料金 入場無料 (要ドリンクオーダー)

日本には「ホワイトデー」と呼ばれる日があります(3月14日)。バレンタインデーに対応するよう、わざとらしく2月14日からちょうど1か月後に設定されていて、男性が女性の友達や同僚からもらった義務的なバレンタインチョコにお返しをする日です。バレンタインの情熱とロマンスからかけ離れたこの日はあまりに不自然で、思わず「愛はどこへ?」と聞きたくなります。今年の3月14日は、その答えを見つけにThis&ThatCaféへいらっしゃいませんか。This&ThatCaféでは物事に白黒をつけません。人生が奏でる繊細なニュアンスは、その間のどこかにあると思うからです。お一人でも特別な方と一緒でも、「義理チョコ」のことは忘れて、#TnTCafeの代名詞となった生演奏とダンスとペインティングと映像がとけ合うすばらしい夜を一緒に楽しみましょう。このグレーゾーンで、運命の相手に出会わないとも限りません。

The Watanabes
/sdlx/140314-Watanabes.jpg
2005年、愛媛への来日を機に日本でのバンド活動を開始。The Smithsを連想させる、”ワタナベズ”というバンド名は愛媛で一般的な名字に由来している。2007年以後は東京を中心に活動中。The Smith やBelle and Sebastianに影響を受けたサウンドと、彼等の特異なバックグランドを表現した歌詞が混じり合い、ネオ・フォークとでも形容すべきオリジナリティを確立。またタイトな演奏と3人による美しいコーラスが特徴的なライブパフォーマンスは、多くのライブイベントやデザインフェスタでも評判を呼び、2007年には外国人バンドでありながら、Fuji Rock FestivalのRookie A Go-Go審査突破50組の一つに選出、イギリスではBBCの新人特集、日本でも日本テレビやTimeOutといったメディアに度々取り上げられる。2010年には日本人ドラマーを迎え、4カ国からなる文字通りインターナショナルバンドとしての活動を東京にて展開中。
The Watanabes website

The Molice
/sdlx/140314-molice201312026.jpg
東京から世界へむけて 活動中の、ニューウェイヴ・ロックンロールバンドMOLICE。 結成半年でサマーソニックに出演。その後も国内のいかなるレーベルにも所属せず、自分たちの信じるロックをDIYで制作。MOLICEのオリジナリティあふれるCD、PVは世界各国に認められ、様々なメディアでとりあげられ始める。アメリカ、ヨーロッパ、アジア等、ラジオでオンエアされ続けている。そんな中、アメリカのレーベルGOOD CHARAMEL RECORDSのオーナー、ロビー・テイキャック氏(Goo Goo Dolls)に認められ、契約。全米デビューを果たす。現在はMOLICEの全アルバムが北米でリリースされている。その後も、海外フェスに多数招待される、フランスのTV局でPVが放送されるなど、ワールドワイドな活動を続けている。
The Molice website

Tecimerico
/sdlx/140314-tecimerico_artist_photo.jpg
2009年結成、東京を中心に活動中。ジャンルはクラシカルポストロック。クラシックの楽器を使ってロックを表現している。LIVEでは演奏に映像作品を投影し、まるで映画を見ているような、大自然の中で音楽を聞いているような、見ている者を知らぬ間にその独自の世界の中へ惹きこんでいく。
Tecimerico website

村田正樹-Muratap Masaking-
/sdlx/140314-Muratap.jpg
宮城県黒川郡富谷町出身。小学5年生の時、MCコミヤの”遣唐使”に合わせ、初めて人前でダンスを披露。そのときの感覚と感動が今も身体に残っている。その後、小学/中学とたわいもない時間を過ごし、高校でストリートダンスを始める。HIPHOPダンスに魅了され、仙台でのクラブイベントに毎週のように出演。24歳の時、タップダンスに出会い、衝撃と共にタップを始める。仙台では佐藤勝氏、上京後、熊谷和徳氏に師事。
Muratap Masaking

Frankie Cihi(ライブ・ペイント)
/sdlx/140314-frankie_chihi.jpg
1988年生まれ。日本とアメリカのハーフ。東京のインターナショナルスクールを卒業後、ニューヨークの美大 School of Visual Arts でファインアートを学び、2010年に卒業。以来日本、香港、シンガポール、アメリカ、メキシコ等で作品を出し、現在は東京のストリートカルチャーに触れながらアートを制作している。作品はアクリルのペインティングを中心に、時には壁画やライブペイントなどのイベントを組んだりと様々なジャンルに挑戦している。「無」の状態を活かしたアブストラクトな絵はすべてその場で描き上げ、その時の自分を表している。一つの点からマンダラのように広がって行く作品は、色使いやモチーフによってサンゴ礁に見えたり、体内の形に見えたりと、自然と人間(Nature & Human Nature) をリンクさせたイメージで描いている。
Frankie Cihi website

小野 留依聖(おのるいーぜ)
/sdlx/140314-Luise.jpg
Artist, Painter。1989年生まれ、神奈川県平塚市出身。花や植物をモチーフとした有機的な線を特徴とする。 2010年からクラブシーンを軸にイベント出演を開始し、飲食店の壁画、企業プロモーションなど活動の幅は多岐にわたる。また、中性的ビジュアルからモデルとしても活動の場を広げている。近作では、世界的ファーストフードチェーン『マクドナルド』のCMで輪派絵師団と共に出演。
小野 留依聖 website

Naoji Taniguchi & Noiz Architects
/sdlx/140314-A.jpg
ホウサンチュウ
紙をレーザーカットしたオブジェクトにライトで命を吹き込んでみました。ホウサンチュウの繊細な構造はわずかな風にも揺れ、センサーにより手の動きを感知して色を変化させます。インタラクティブなインテリアが生まれる実験に立ち会って下さい。

)

宮川舞子
/sdlx/130111-miyakawa-B.jpeg
演劇・舞踊・音楽などの舞台写真やチラシ・パンプレット・ジャケットなど多方面で写真撮影・作品制作を行っている。高校時代から身の回りの写真を撮り始め、日本大学芸術学部写真学科で学んだ後、映画のスチールマンの経験へ経て、舞台写真家 瀬戸秀美氏の専属アシスタントとなる。2003年頃独立。人間の色んなことが凝縮される、とある一瞬を求めて、転がりながら撮影活動を続けている。ポートレイト、ステージフォト、ドキュメンタリーフォトを手がけ、2006年より日本舞台写真家協会会員。当面の野望は、朝崎郁恵写真集出版。
宮川舞子 Homepage

D.H ローゼン (TokyoDex)
/sdlx/140131-Rosen.jpg
アメリカ出身・東京滞在のビジュアル・アーティストD.H.ローゼンがいつもアナログとデジタル・メディアで遊んでいる。ライブでは、事前に用意した映像とその場で使ってコラージを混合する。
D.H ローゼン Homepage

James Hadfield (DJ)
/sdlx/140314-Hadfield.jpg
Twitter

This&That Caféは、あらゆるジャンルやバックグラウンドのアーティストが共有の精神のもと時間と作品を持ち寄る、という一般公開の無料イベントです。ここは音楽とヴィジュアル・アートが思いがけないコラボレーションで融け合う場所。東京という濃密で幅広い才能の海で、遠方からのアーティストが現地の輝く才能に出会う、アーティストのためのフォーラム。古い友人と新たな知人が入り混じったコミュニティは、人が集まり、アイディアが飛び交い、アートの傾向や好みが共有され、詩が生まれる場。早めに来て席に着き、SuperDeluxeのおいしそうなメニューを楽しむのもよし。仕事帰りの一杯にちょっと寄るのもよし。みんな大歓迎です。今後のThis & That Caféの企画についてアイディアがあれば、<thisnthat@tokyodex.com>へ一言メッセージをください。新しい、刺激的な表現の場を探しているミュージシャンやDJ、ビジュアル・アーティストからの連絡をお待ちしています。

Powered by TokyoDex

/sdlx/120310-TOKYODEX_logo-2.jpg
Facebook
Twitter

オフィシャルハッシュタグ

#tntcafe19

アカウント登録後、マイページからTwitterを連携してこのハッシュタグをつけてつぶやくと、そのつぶやきはコメントとしてここで表示されます。

コメント[RSS]

ログインすると、コメントを書き込むことができます