SuperDeluxe


こんにちは。


公式イベント Tokyo Experimental Performance Archive PROGRAM 2

カテゴリ: 音楽 | 演劇

タグ: Experimental | Japan | Performing Arts

開場 19:00 / 開演 19:30

料金 予約2300円 / 当日2500円 (ドリンク別)

「Tokyo Experimental Performance Archive」は実験的なパフォーマンスにおける継承と創作のサイクルを促す、創造的アーカイブのプラットフォームを構築していくプロジェクトです。20世紀初頭に生まれ、身体行為表現、美術、音楽等の間で発展して来た実験的なパフォーマンスという表現領域、その蓄積された歴史的コンテクストを再構築し、次世代の創作活動に繋げていくことをミッションに掲げていきます。

プロジェクト進行
1. 実験的なパフォーマンス・アートやコンテンポラリーダンスなどを六本木スーパー・デラックスで上演。
2. その模様を複数のカメラであらゆる方向から撮影し、リアルタイムでネット上にて配信。 
3. 最終形態として配信された映像を編集し、新たな映像作品としてネット上にアーカイブし、公開する。   4. 実験的なパフォーマンスのコンテクストを言語化、歴史的パースペクティブを新たにつくる。 
この4段階を一つのプログラムとして行うことで、 アーカイブであると同時により開かれた新しい劇場でもある新しいプラットフォームの構築を目指します。

Tokyo Experimental Performance Archive ホームページ

2014年7月18日 (金)
出演: 大友良英、contact Gonzo

2014年8月30日 (土) 
出演: 室伏鴻、伊東篤宏

ご予約受付中 → Tokyo Experimental Performance Archive ホームページ

2014年9月23日 (火・祝)
出演: 山崎広太、恩田晃

2014年9月15日(月・祝) カンファレンス
出演:
藤幡正樹 (東京藝術大学教授)
太下義之 (UFJリサーチ&コンサルティング)
福井建策 (弁護士)
川口隆夫 (ダンサー / パフォーマー)
向雲太郎 (舞踏家・振付家・演出家)
大谷能生 (音楽家・ 批評家)
木村覚 (美学研究者、ダンス批評)

8月31日 出演者詳細:

室伏鴻
/sdlx/140830-Gonzo.jpg
ダンサー・振付家。1969 年土方巽に師事。72 年「大駱駝艦」の創立、 旗揚げに参加。74 年舞踏新聞「激しい季節」を編集・刊行、「ア リアドーネの会」をプロデュース(のちに演出・振付)。76 年舞 踏派「背火」を主宰 。78 年パリ『最期の楽園̶彼方の門』で、世 界にButoh が認知されるきっかけを作る。 2000 年ソロ『Edge』 で日本での活動を再開、また「Ko&Edge Co.」で、『美貌の青空』『始 原児』『DEAD1』等を発表する。『quick silver』で2005 年度、 『Ritournelle』で2013 年度の舞踊批評家協会賞受賞。 ImPulsTanz、モンペリエ・ダンス、ベネチア・ビエンナーレなど数々 の国際フェスティバルに招聘され、放浪する孤高の舞踏家として 世界各地で人々に衝撃を与え続けている。 近年の共同制作として、バルタバスとの『ケンタウルスとアニマル』 2011、又、振付作品『Un coup de don』2012、『最後のニュース』 2012、『墓場で踊られる熱狂的なダンス』2013 などがある。 2013 年『<外>の千夜一夜』(横浜赤レンガ倉庫)のプロデュー スではダンスを越える試みとして高い評価を得た。ImPulsTanz、 アンジェ国立現代舞踊センター(仏)、ベネチア・ビエンナーレ、「瞬 間の学校」等で若手ダンサーの指導にあたる。Ko& Edge Co. 主宰。

伊東篤宏
/sdlx/140830-ito.jpg
1965 年生まれ。1980 年代後半より美術作家として活動を始める。 98 年から展覧会などでサウンド・パフォーマンスを開始し、イン スタレーション作品と同素材である蛍光灯を使用 した自作音具「オ プトロン」を制作。数々の改良を加えつつ現代美術側からの音あ るいは音楽へのアプローチを世界各国で続けている。数々の個展 やソロ・パフォーマンス の他に Optrum, 今井和雄TRIO, OFFSEASON, 等のバンドやユニットでも活動中。またここ数年は カールステン・ニコライらの「diamond version」へのゲスト参 加やアンダーグラウンドHIP HOP レーベル「BLACK SMOKER records」からのCD リリース等、ジャンルや音楽スタイルの枠を 飛び越えた幅広い展開を見せている。

主  催:一般社団法人日本パフォーマンス/アート研究所
企画協力・会場協力・運営協力:スーパー・デラックス
協力:藤森 純(弁護士)
プロデューサー:小沢康夫(一般社団法人日本パフォーマンス/アート研究所)
助成:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
/sdlx/140718-LOGO02.jpg
/sdlx/140718-LOGO.jpg

ご予約はTEPA公式サイトから

オフィシャルハッシュタグ

#TEPA2

アカウント登録後、マイページからTwitterを連携してこのハッシュタグをつけてつぶやくと、そのつぶやきはコメントとしてここで表示されます。

コメント[RSS]

ログインすると、コメントを書き込むことができます