SuperDeluxe


こんにちは。


公式イベント 東京都初耳区(サウンド・インスタレーション)

カテゴリ: 音楽 | アート

タグ: Ambient | Electronica | Experimental | SLT2014

開場 14:00 / 開演 14:00

料金 500円 / 東京都初耳区 (ライブ・パフォーマンス) の半券で入場無料

開場時間【14:00〜22:00】

参加アーティスト:
吉原太郎
NOEL-KIT
ジム・オルーク
畠山地平
町田良夫
柴山拓郎
CoH
クリストフ・シャルル
カール・ストーン

プログラム(約2時間20分)
1) chihei hatakeyama (15:00)
2) NOEL-KIT (12:45)
3) 柴山拓郎 (10:00)
4) ジム・オルーク (7:45)
5) 吉原太郎 (10:33)
6) 町田良夫 (8:52)
7) クリストフ・シャルル (20:00)
8) CoH (20:13)
9) カール・ストーン (26:08)

タイムテーブル
14:00 開場
14:20-16:40 1回目
16:45-19:05 2回目
19:10-21:30 3回目
22:00 閉店

※期間中半券で何度でも再入場可能

今回、ライブ・パフォーマンス(11月23日)と日を分けて開催するサウンド・インスタレーションは、SuperDeluxeが新しい体験の可能性を多数のアーティストと共に模索し、発表する意欲的なプログラムとなります。

エレクトロニクス・ミュージシャンを中心に多様なアーティストが従来のサウンド構築から飛躍し、豊かな感性に溢れた新しい体験を届けるべくマルチスピーカーを用いた作品を披露します。この3日間は通常ワンフロアの会場内を体験空間とラウンジ空間に区切りレイアウト。特別な時間と空間を演出します。

作品はすべて体験空間内に配置されたマルチスピーカーを使い披露され、アーティストは体験空間内に配置されたマルチスピーカーの中からそれぞれ自身の表現に適したスピーカーの組み合わせを選び、独自の音響を空間に投影します。

今回のプログラムでは、新しい発見の時間を彩るような鼓動が、体感することでしか得られない実に多彩な表情を見せてくれることでしょう。ぜひともご期待下さい。

企画・制作:SuperDeluxe

吉原太郎
/sdx/141202-yoshihara.jpg
1968年東京生まれ。昭和音楽大学作曲学科卒業、山梨大学大学院修了。作曲を豊住竜志、藤原嘉文、電子音楽を成田和子に師事。2001年INA-GRMフランス国立視聴覚研究所電子音響制作アトリエへ参加。2002年以降は24チャンネル・デジタルマルチトラックによる立体音響作品の制作へ徐々に傾倒。作品や活動は日仏各地のフェスティバル、テレビ、ラジオで紹介されている。富士電子音響芸術祭においては53チャンネル/70スピーカーによる大規模アクースモニウム構築(2014)を手掛けるほか、オリジナル無指向性スピーカー「ION SPACE」(株式会社ソーケン)、ツィーターエンクロージャー(甲斐の匠・小田切)、音場空間コントロールシステム「NILE」(株式会社多聞)の開発に携わる。現在、日本電子音楽協会会員、音と音楽創作工房116運営委員、Gallery Nakamuraアドバイザー、SPACE VISION主宰、SPEAKERS ORCHESTRAメンバー、富士電子音響芸術祭芸術監督、山梨大学教育人間科学部講師、同教育研究開発センター講師。
吉原太郎 spacevision.biz

NOEL-KIT
/sdlx/141202-NOEL.jpg
古いシンセやサンプラーからMAX/MSPプログラミングまでを縦横に駆使した、静かであでやかな世界観が特徴。エレクトロニック・インプロヴィゼーション・ユニットDUB-Russellの片割れとしてSonarSound Tokyoなどに出演のほか、ジェフ・ミルズのリミックスなども手掛ける。各所で人々をふんわりさせている色々秘密系ガール「ふんわりちゃん」のメカニックや天狗マガジンでの活動も展開中。また、ソロで谷崎潤一郎や水墨画の技法にインスパイアされた『In Praise of Shadows』(Bunkai-Kei records)、『Steamfunk』『TOKYO NOISE』(Bandcamp)を発表。
NOEL-KIT Homepage

ジム・オルーク
/sdlx/141202-JIM.jpg
1969年シカゴ生まれ。13歳でデレク・ベイリーの音楽と出会いギターの即興演奏に開眼、実験性の高い作品を発表し「シカゴ音響系」と呼ばれるカテゴリーを確立。一方で小杉武久と共にマース・カニングハム舞踊団の音楽を担当、トニー・コンラッド、アーノルド・ドレイブラット、クリスチャン・ウォルフらとの仕事で現代音楽とポストロックの橋渡しをする。超現代的アメリカーナ『Bad Timing』(1998)、フォークやミニマル音楽をミックスした『Eureka』(1999)を発表、また、ソニック・ユースのメンバー/音楽監督として活動(1999~2005)。2004年、Wilcoのプロデューサーとしてグラミー賞を受賞。近年は東京に活動拠点を置き、くるり、カヒミ・カリィ、石橋英子、坂田明、大友良英、山本精一、ボアダムスなどとの共同作業から武満徹作品や映画音楽まで多彩な作品をリリース/プロデュース、映画監督としても活動。ソロ最近作は密室的ワンマン・アルバムの極致『The Visitor』(2009)。
Photo by Ujin Matsuo

畠山地平
/sdlx/141202-hatakeyama.jpg
Chihei Hatakeyamaとして2006年にKranky(米)よりファーストソロアルバムをリリース。以後世界中のレーベルから現在に至るまで多数の作品をリリース。デジタルとアナログの機材を駆使したサウンドが構築する美しいアンビエント・ドローン作品が特徴。2011年にはヨーロッパ5カ国10カ所を回るツアーを敢行、To Rococo Rot、ティム・ヘッカーなどと共演。ソロ以外では伊達伯欣とエレクトロ・アコースティックデュオOpitopeとして、SPEKKからアルバムをリリース。ヴォーカリストの佐立努とはLuis Nanookとして、電子音と伝統的なフォークサウンドが混ざり合う音楽世界で、2枚のアルバムをリリース。マスタリング・録音エンジニアとしても、自作の作品のみならず、多くの作品を世に送り出している。またアンビエントミュージックのレーベルWhite Paddy Mountainを主宰している。
畠山地平 Homepage

町田良夫
/sdlx/141202-Machida.jpg
音楽家、スティールパン奏者/美術家。多摩美術大学在学中、秋山邦晴に師事し、アート/音楽/映像を総合的に学ぶ。ジャズから電子音響まで、スティールパンからガムラン、エレクトロニクスまで幅広く演奏。山本達久とのデュオ「オハナミ」でも活動する。ISEA2004、SonarSound Tokyo、MaerzMusikなど国内外の音楽祭に参加。Van Cleef & Arpels(仏)の展覧会の音楽なども手がける。音楽レーベル「アモルフォン」を自ら主宰し、国内外の個性的なアーティストを発掘、リリース。2014年春には、Baskaru(仏)より1970年代のアナログシンセSYNTHI AKSのみを使ったアルバムをリリースした。
町田良夫 Homepage

柴山拓郎
/sdlx/141202-Shibayama.jpg
1971年東京生まれ。東京音楽大学大学院、東京藝術大学大学院美術研究科後期博士課程(先端芸術表現領域)修了。修士(音楽)、博士(美術)。大学在学中から一貫して西洋的な現代音楽路線とは一定の距離を置き、時間構造の展開を拒むモノトーンで質的な作風にこだわる。1994年第62回日本音楽コンクール、秋吉台国際作曲賞に入選。2007年第34回ブルジュ国際電子音響音楽コンクール、2012年、2014年ICMC(国際コンピュータ音楽会議)入選。美術家井上尚子氏とは数多くのインスタレーションを制作、そのコラボレーションは15年にわたる。2008年より、埼玉県立近代美術館を拠点にアートと地域社会を結びつけるSaitama Muse Forum(SMF)の運営委員。近年は、人間の推論と予期的情動がどのように未来や社会の新たな秩序を形成するのかというシステム創発に関する諸問題について、工学・心理学・認知科学等の研究者と共同研究を進めている。現在東京電機大学理工学部情報システムデザイン学系で准教授を勤めるほか、大阪芸術大学、国際基督教大学、女子美術大学非常勤講師を兼任。

CoH
/sdlx/141202-CoH.jpg
1998年よりCoH名義で音源をリリースしているストックホルム在住のロシア人ミュージシャンIvan Pavlov。90年代後半からのraster-noton、Mego、Eskatonといったヨーロッパのレーベルによるコンピューターベースミュージックの流れの中で認知されてきた。ソロでの活動以外に、過去10年の間にCoil、Cyclobe、コージー・ファニ・トゥッティといったミュージシャンとの共同作品をリリースしている。2007年にはピーター・クリストファーソンとユートピア未来的なアートプロジェクトSOISONGを結成、2012年まで活動を続けた。2014年5月にはEditions Megoから新作『TO BEAT』をリリース。
CoH - post-pop.org

クリストフ・シャルル
/sdlx/141202-Call.jpg
1964年フランス生まれ。1996年、筑波大学大学院芸術学研究科博士課程修了。1997年、フランス国立東洋文化東洋言語研究所大学院博士課程修了。2000年より武蔵野美術大学映像学科准教授。2011年より教授。環境芸術学会理事。メディアアートを専門に、現代芸術における理論的・歴史的な研究を行いながら、内外空間を問わずインスタレーションおよびコンサートを行い、それぞれの要素のバランス、独立性及び相互浸透を追求している。主な作品や活動に、CD作品『undirected』シリーズ、大阪市住まい情報センターモニュメント(山口勝弘監修)音響担当、東京成田国際空港第1ターミナル中央アトリウム常設サウンドインスタレーションなど。また、山口勝弘、山本圭吾、風倉匠、ヘニング・クリスチャンセン、逢坂卓郎、向井千恵、古館徹夫、武井よしみち、oval、半野善弘、Numb、石川ふくろう、JOU、久保田晃弘、渋谷慶一郎などとのコラボレーションを多数行っている。
クリストフ・シャルル Homepage

カール・ストーン
/sdlx/141202-CS.jpg
現在のコンピュータミュージックの先駆者の一人であり、カリフォルニア芸術大学でモートン・サボトニック、ジェームズ・テニーに師事し、1972年から電子アコースティック音楽の作曲を始める。1986年からライブパフォーマンスでコンピューターを使用しており、ヴィレッジボイス誌は「サンプリングの王者」「現在のアメリカで最も優れた作曲家の一人」と賞賛する。ロサンゼルスで生まれ、現在はカリフォルニアと日本を拠点に活躍している。その作品は、アメリカ、カナダ、ヨーロッパ、アジア、オーストラリア、南米、アフリカなどで演奏されており、日本のアーティストとのコラボレーションも大友良英、高橋悠治、清水靖晃、 田中悠美子、渋谷慶一郎、中村としまる、内橋和久、桜井真紀子、恩田晃、高橋アキなど多岐にわたる。現在は中京大学工学部メディア工学科の教授であり、作曲や演奏活動の他にレクチャーなども精力的にこなす。
カール・ストーン Homepage

サウンド・ライブ・トーキョー
主催:東京都、東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)、PARC – 国際舞台芸術交流センター
www.soundlivetokyo.com

宣伝美術: 永戸鉄也

協力:MARTIN AUDIO JAPAN INC.

/sdlx/141202-Martin-Audio-images.jpg

オフィシャルハッシュタグ

#HatsumimikuSI

アカウント登録後、マイページからTwitterを連携してこのハッシュタグをつけてつぶやくと、そのつぶやきはコメントとしてここで表示されます。

コメント[RSS]

ログインすると、コメントを書き込むことができます