SuperDeluxe


こんにちは。


公式イベント くふきの大豊年祭 二◎一四・秋

カテゴリ: 音楽

タグ: Club | World | 来日公演

開場 18:00 / 開演 18:00

料金 予約2300円 / 当日2800円

LIVE:
くふき (KUFUKI)
フェギドン・タンピョンソン (Hoegidong Danpyunsun)
SUNDRUM
小林うてなと急げヘリコプター

DJ:
大石始
Soi48

くふきが送る秋の大豊年祭。なんと韓国からフェギドン・タンピョンソンが来日! 昨年のくふき韓国ツアーで共演したタンピョンソン、彼が第一声を発したや否や、我々は脳天に斧を振り下ろされたかのような衝撃をうけたのです。大韓国民のありとあらゆる情念を一身に背負い、マグマのようにふつふつと発せられる歌声は他の追随を一切許さない。我々が世界で最も尊敬するアーティストの一人、フェギドン・タンピョンソンが大豊年祭のために日本にやってきます。 そして世界中の民族音楽を高次元に融和させたダンスバンドの決定版 SUNDRUM の登場! !青物横丁の庄屋で行われた酒場音楽祭で延々繰り広げられたセッションには我々も手に汗握ったものです。

DJには日本の祭り~民謡、大韓ロック、グローカルビーツ等々、常に新たな刺激を与えてくれる大石始氏、もはや説明不要、大豊年祭連続3回出場のタイ音楽の鬼、Soi48がすでに決定でございます!

現在他の敏腕アーティストたちとの出演も交渉中。こちらのページで続々発表していきます。
facebook.com Event page

フェギドン・タンピョンソン 회기동 단편선
/sdlx/141122-danpyuson-2.jpg
1986年韓国ソウル特別市生まれ。2004年よりライブ活動を始め、2006年より"フェギドン・タンピョンソン"名義でのフォークミュージックプロジェクトを開始した。2013年にはバンド"Danpyunsun and the Sailors"を結成。彼の音楽は主に韓国の古いロック・ポップスから影響を受けたものだが、それに加えて英米のインディー・ロック、地下フォークミュージック等、様々なジャンルの音楽から影響を受けている。彼は音楽家としてだけではなく、フリーライター、韓国アンダーグラウンドミュージシャンの連合体[自立音楽生産組合]の運営委員としても活動している。
"2013年10月に東京で観たフェギドン・タンピョンソンのライヴは衝撃的だった。ギターと声だけで延々神懸かりの儀式を見せられたような、本当にトンでもないライヴだった。(…) アジア広しと言えども間違いなくワン・アンド・オンリーな音楽家、フェギドン・タンピョンソン。彼に注目すべきだ。"(大石始氏のコメント)
soundcloud
Movie 1
Movie 2
Movie 3

SUNDRUM
/sdlx/141122-sundrum-L.jpg
2010年、旅とアフリカを愛する打楽器奏者、坪内敦を中心に結成。様々なバックグラウンドを持ったメンバーが、アフリカやアジア、日本の民族音楽などにインスパイアされ、打楽器と歌とダンスで、プリミティブでハイエナジーなダンス音楽と新たな芸能を創造する、遊動芸能家集団である。東京と伊勢に住む9人のメンバーのうち集まったメンバーがツアーを繰り返し、国境を越えて各地で観客を巻きこみ祝祭的な空間を創り出している。現メンバーは、坪内敦(per.),善戝和也(vo.),大島菜央(dance),ハブヒロシ (per.),荒井康太 (dr.太鼓),ArisA (vo.),亀田欣昌 (dance),ツダユキコ (vo.),石本華江 (dance)
略歴
2011年横浜トリエンナーレに出演
CDアルバム「SUNDREAMING」発表、全国発売、全国ツアー
2012年松本りんご音楽祭春、秋
新潟大地の芸術祭に出演
2013年に4回の全国ツアー
2014年5月に日韓ツアー、6月に韓国ツアー、国内ツアー
8月、横浜トリエンナーレ オープニングセレモニーでの演奏、横浜BankARTにてフルメンバーによる2週間の滞在公開制作、二回の単独公演『Sundreaming Life』を行う。
SUNDRUM facebook

小林うてなと急げヘリコプター
/sdlx/141122-UK-isogehelicopter.jpg
小林うてなの小編成プロジェクト。サンプラーとボーカルをメインに、V-BASSと電子パッドを織り交ぜて活動中。メンバーは小林うてな、コーノタケヒト、加藤みどり。今回は加藤みどりとのドュオ編成。
サウンドクラウドしていま~~す!

大石始
/sdxl/141122-ohishi.jpg
東京No.1トロピカル・ミュージック・パーティー「TOKYO SABROSO」構成員にして、旅と祭りの編集プロダクション「B.O.N」ライター/エディター。日本を含むアジアのルーツ・グルーヴと熱帯エリアの下世話な大衆音楽を酔いどれ気分でミックスし、フロアを村祭り会場に変えることがテーマ。2013年には初のミックスCD『THE VOICE OF TRIBES』がBLACK SMOKERよりリリース。ライター/エディターとしては「大韓ロック探訪記」「関東ラガマフィン」「GLOCAL BEATS」「MANU&CHAO」などの編著書があり、共著は多数。2012年には監修を務めたコンピレーション・アルバム『DISCOVER NEW JAPAN 民謡ニューウェーブ Vol.1』もリリースされた。近年は「日本の祭り~民謡」と「アジアのアンダーグラウンド・シーン」をテーマに取材を重ねており、2015年には3.11以降の祭り体験を綴った単著が出版予定。
bonproduction.net

Soi48(宇都木景一&高木紳介)
/sdlx/141122-soi48.jpg
タイ音楽を主軸に世界各国の音楽を発掘・収集するユニット。シングル盤再発や、東南アジアでのDJツアー、EM Recordsタイ作品の監修、『CDジャーナル』にて「いってきます。(ちょいとアジアのレコ屋まで)」連載、モーラム歌手アンカナーン・クンチャイの来日招聘など、タイ音楽や旅の魅力を伝える活動を積極的に行っている。
Soi48 Blog

くふき KUFUKI
/sdlx/141122-KUFUKI.jpg
やおよろずの音楽に影響をうけて"いま"の音楽を創作する肉体派音響バンド。日本の伝統を推し進めた電子舞踊の世界はまさに大迫力の一語。ドイツ、イギリス、ポルトガルからアルゼンチン、コロンビア・チリまで海外での評価も高く、2013年には韓国、2014年にはヨーロッパと、海外ツアーも積極的に行っている。旬の音楽家を集めた一大イベント"くふきの大豊年祭"(六本木SuperDeluxe)、実験ダンスパーティ"animal"(神宮前bonobo)等イベント開催も精力的に開催。2ndアルバムの構想も着々と進行中。 kufuki.jp
"大豊年祭2014春"の動画
アルバム「くふき」
PV「大迫力」

チケット予約

オフィシャルハッシュタグ

#Kufuki2014AKI

アカウント登録後、マイページからTwitterを連携してこのハッシュタグをつけてつぶやくと、そのつぶやきはコメントとしてここで表示されます。

コメント[RSS]

ログインすると、コメントを書き込むことができます