SuperDeluxe


こんにちは。


公式イベント FRUE ~ Experimental Perspectives ~

カテゴリ: 音楽

タグ: Club | Electronica | Experimental | World

開場 17:00 / 開演 17:00

料金 予約3000円 / フライヤー持参3500円 / 当日4000円(ドリンク別)

ここ数年、にわかに脚光を浴びるエクスペリメンタル系という響き。それは奏でられる音を示すのか、それとも行為か、はたまた精神性か。日常における一瞬の狂気を紡ぎながら宇宙を描き出すSvrecaのエクスペリメンタルなセットに加え、吹雪のような轟音のノイズと実験性、そして、魔術的なグルーヴを渦巻かす、北欧からの刺客・Vargによるアナログ機器(TR 808、Polysynth、Juno 60、Korg MS-20等々)を駆使したオールインプロヴィゼーションのLIVEセットが本邦初公開!
また、日本からは、心の欲するところに従いながら尖端の新しい音楽を紹介し続ける音楽評論家・阿木譲に加え、Christian MarclayやDJ Oliveと活動を共にし即興音楽家としての顔をもつKajiwara Toshioと暴力温泉芸者として知られる中原昌也による、何が起きるかわからない打ち合わせなし完全即興のパフォーマンス。
そして、斬新でパワフルな音楽をプッシュし続けているChris SSGが、この一夜の火ぶたを静かに切ってくれることでしょう。
さらに、”イイ匂いのするパーティ=FRUE”と呼ばれるほど強いインパクトを残すナチュラルインセンスブランド・SANGAが香りの空間演出を行います。

Svreca (SEMANTICA / Spain)
Varg -LIVE- (Northern Electronics / Sweden)
阿木譲
カジワラトシオ×中原昌也 -LIVE-
Chris SSG (MNML SSGS)

:: INCENSeffect ::
SANGA

:: Shop ::
iftah ya simsim
気流舎

:: Flyer Artwork ::
Yuriko Shimamura

presented by anitodai
FRUE Homepage

Svreca - スヴレカ (SEMANTICA / Spain)
/sdlx/141220-svreca.jpg
1982年マドリッド(スペイン)生まれ。アヴァンギャルドな音響、エレクトロニカ、ノイズ、ミニマルダブ、ディープ・テクノを展開し、その時代感覚の鋭さは、ベーシック・チャンネル以降のミニマルダブやインダストリアル・ダブなどを先どりし、世界中の尖端音楽を愛するフリークスから高く評価されている。Sandwell Districtに通ずる爆撃のような硬質のインダストリアル・ビート、幾重にも織り重ねられた細やかでとろけるようなダブ的音響処理がほどこされた上音、そしてうねり舞いあがる魔術的グルーヴをあわせもち、不穏な未来を啓示するかのようなアポカリプティック(終末、黙示録)な音を鳴らしている。未曾有の大震災から丸1年の2012年3月、初来日を果たし、DOMMUNE、nu things、UNITでのプレイは独創性と想像力にあふれており新たな時代の到来を予感させるには十分であった。その後、MNMLSSGSにアップされたロングMIXを皮切りに、いくつものMIX音源がアップされ、アップされるたびに世界中から新鮮な驚きと賛辞を持って迎えられている。また、2013年2月と2014年1月のUNITでの来日時には息を飲むのも忘れるほど壮大で強烈なロングセットを披露し真価を発揮、その評価を揺るぎのないものとする。

Varg - ヴァリ (Northern Electronics / Sweden)
/sdlx/141220-varg.jpg
スウェーデン北部の町・シェレフテオ出身。北緯64度。夏は白夜となり、冬はほとんど陽が射さずオーロラが見られるという。Abdulla Rashimが主宰する、ミステリアスでエクスペリメンタルなレーベルNorthern Electronicsを中心に、SEMANTICAやField Recordsから、吹雪のような轟音のノイズと実験性、そして、魔術的なグルーヴを渦巻かすヴァイナルやカセットテープのリリースがある。今回のライブでは、TR 808、Polysynth、Juno 60、Korg MS-20、RE 201 tape echo、16 channel mixer with 2 effectsends等々のアナログ機器を使用したオールインプロヴィゼーションセットとなる。昨年10月にローマで共演したDonato Dozzyも絶賛したというライブセットの出来や如何に?ぜひ、体感してください。

阿木 譲 – AGI Yuzuru
評論家 / 編集者 / プロデューサー。雑誌「ロックマガジン」、「EGO」、「E」、「Infra」、「Bit」等数多くの著作を発表し、日本初のインディーレーベル「Vanity Records」を設立し、そのどれもが今や伝説となり、今や国内外問わずどれもが高値で売買される。近年では自身のレーベル「remodel」よりV.A「a sign」、V.A「PROLOGUE : SEMANTICA RECORDS COMPILATION」、Momus「In Samoa」をリリース。運動体である音楽を遡って見た時に、氏が紹介 / プロデュースしてきた音楽が物事の本質、音楽の潮流を外れることなく、リードし続けてきたということは驚くほかない。自身から明言はしないものの、音楽を通じて「生きること」ということを問い、表現しているように思う。

-other content-

FRUE ~Winter of the Ice Wizard~

New Moon on Winter Solstice
12.22.MON(祝日前) @UNIT/SALOON
Open/Start:23:00

【UNIT】
Svreca (SEMANTICA / Spain)
Varg -LIVE- (Northern Electronics / Sweden)
Wata Igarashi (Drone)
Asyl Cahier (LSI Dream / FOULE)

【SALOON】
Yuuki Sakai (Black Sun Records / Warm Up Records)
Cold Name (Jesse Ruins / Living Tapes) -LIVE-
BLACKOLY (yygrec) -LIVE-
mifuma -LIVE-
MAMAZU (HOLE AND HOLLAND)
PECO

チケット予約

オフィシャルハッシュタグ

#FRUE

アカウント登録後、マイページからTwitterを連携してこのハッシュタグをつけてつぶやくと、そのつぶやきはコメントとしてここで表示されます。

コメント[RSS]

ログインすると、コメントを書き込むことができます