SuperDeluxe


こんにちは。


公式イベント 今井×中村×羽野 INSTANT LIGHT SuperDeluxe presents

カテゴリ: 音楽

タグ: Experimental | Japan | Jazz | 来日公演

開場 19:30 / 開演 20:00

料金 予約3000円 / 当日3500円 (ドリンク別)

出演:
■ 今井和雄(g) × 中村大(el.b) × 羽野昌二(ds)
今井和雄と羽野昌二 初競演!!!!!

■ INSTANT LIGHT
from ノルウェー: Jørgen Mathisen (サックス), Kristoffer Alberts (サックス), Ola Høyer (ベース), Dag Erik Knedal Andersen (ドラム)

出演者詳細:

今井和雄
/sdlx/150416-imai.jpg
1955年生。高柳昌行、小杉武久に師事。1970年代から即興音楽を中心に活動。91年ソロによる即興シリーズ「ソロワークス」を始める。
今井和雄 Homepage

中村大
/sdlx/150416-nakamura.jpg
京都府京都市生まれ、東京都杉並区在住。ベーシスト。 1998年よりDESTINYに参加。磔磔で毎月イベントを行い、数多くツアーも行う。4枚のCDに参加。 2001年より並行して股豪を結成。みやこ音楽祭などに出演。3枚のCDを製作。 2007年より上京しオーサカ=モノレールに参加。2007年、2008年、2011年FUJI ROCK FESTIVAL、2010年RISING SUN ROCK FESTIVAL、2007年より毎年のヨーロッパツアーをはじめ、国内外でライブを行う。3枚のCDに参加。 2009年よりCracks&Rabbitsにも参加。1stCD絶賛発売中。 また、2004年ごろから即興演奏も精力的に行い、国内外のミュージシャンとの共演も多く果たす。 Meshell Ndegeocello、Skunk Anansie、Bob Marley & The Wailers、Fela Kuti、Miles Davisといったミュージシャンに影響を受け、エレクトリックベースでの表現を追求している。
中村大 Homepage

羽野昌二
/sdlx/hanoshoji2015.jpg
1955年 北九州小倉生まれ、4歳頃から小倉祇園太鼓を始め、15歳でドラムを始める。1974年 アヴァンギャルド・ジャズのライブ活動を始める。75年阿部薫(Sax)と共演、同時期に近藤等則(Tp)と出会う。この頃武道「新体道」を紹介され、新体道の哲学概念を取り入れた独自のドラミングを展開することとなる。国内はもとより海外でも精力的に活動を続けており、07年にはドイツのメールスJazz festival、スイスPoschiavoのUncool festivalなどに招待され演奏した。
羽野昌二 Homepage

INSTANT LIGHT
/sdlx/150416-instant.jpg
ノルウェーが誇る凄腕の即興ミュージシャンを集めた4人組バンド。ヨーロッパとスカンジナビアに伝わる即興音楽スタイルに根差しつつ、その音楽は独自のアプローチを魅せる。抽象的なリズムに素早い転換を組み合わせ、自然体でありながらエネルギッシュな演奏がこの4人の最大の魅力と呼べるだろう。メンバー全員が、トロンハイム音楽学校の由緒あるジャズ学科で学んでおり、サクソフォン奏者のJørgen Mathisenは、幼少よりオスロでクラシックのクラリネットを学び始め、14歳にはテナー・サックスへと移行し、現在に至るまでテナー・サックスとソプラノ・サックスの音響的可能性を探求している。同じくサクソフォン奏者でオスロ出身のKristoffer Albertsは、この数年でノルウェーのジャズ界と即興音楽シーンにおけるトップ・クラスのプレイヤーとしての地位を確立。彼はまた、Cortex やSAKAといった、批評家に賞賛される人気バンドにおいても不可欠な存在となっている。ベーシストのOla Høyerは、ノルウェーの学識ある新世代ミュージシャンの多くと同様、ジャズ、オルタナティヴ・ロック、ミニマリズムに等しく精通、Dag Erik Knedal Andersenは、その大胆不敵でパワフルな演奏が持ち味。何事も恐れず突進するドラミングは、Paul Lovens とHan Benninkの中間に位置するワイルドカードと言える存在だ。とびきり個性的でありながら自国の音楽シーンの様々な舞台でも活躍を見せる4人によって生み出される演奏はまさに現代の勢いにあふれる北欧ノルウェー即興音楽シーンの最先端を体感することにもつながる内容と呼べるのではないだろうか?ぜひともご期待いただきたい。

チケット予約

オフィシャルハッシュタグ

#ImaiNakaHano

アカウント登録後、マイページからTwitterを連携してこのハッシュタグをつけてつぶやくと、そのつぶやきはコメントとしてここで表示されます。

コメント[RSS]

ログインすると、コメントを書き込むことができます