SuperDeluxe


こんにちは。


公式イベント あれやこれやカフェ Vol. 25 「Shamanz CD発売記念パーティ」

カテゴリ: 音楽

タグ: Pop | World

開場 20:00 / 開演 20:00

料金 当日700円(1ドリンク)

シンガー兼ギタリストである坪井タマのデビューは、2011年8月のThis&That Café(あれやこれやカフェ)にてTHE STONE SUNのアコースティックプロジェクトで出演しました。それ以来、バンド「Shamanz」は#TnTCafeファミリーの大事な一員です。現行メンバーの中には、このイベントで出会った仲間もいます。そして2015年8月の今回、Shamanzを迎えてファーストアルバムの発売を祝うことができ、たいへん嬉しく思います。アルバムは全6曲のEP盤で、Shamanzのラテンとレゲエが融合したワールドミュージックのスタイルがぎゅっと詰まった内容になっています。バンドがこれまでに出会った数々のアーティストや友人の助けを借り、忘れられない夜をお届けします!

出演:
Shamanz
The Stone Sun
Harp&Soul
illopetals
Akiko Nakayama
Yuya Takeda
Maiko Miyagawa
D.H. Rosen
Unusual Club

アーティスト情報:

Shamanz
/sdlx/150828-Shamanz.jpg
Shamanz are:
TAMA TSUBOI — VOCALS, GUITAR
KAI PETITE — HENTAI GUITAR
MIKE MARRINGTON — DRUMS
RYAN MIZUNO — TRUMPET
www.shamanz.jp

The Stone Sun
/sdlx/150828-Stonesun-pic.jpg
原田兄弟率いるサイケデリックロックバンド。アコースティックからデジタルなものまねで、ポップスからサイケデリックなものまで、バイリンガルである二人の垣根を超えた作曲スタイルとボーカルワークに定評がある。
facebook.com/thestonesun

Harp&Soul
/sdlx/150828-HarpSoul.jpg
ハープ&ソウルは2012年に結成された女性4人からなるインディー/ポップユニット。自分たちの好きな音楽を演奏したいという想いで集まり、ライブハウスやイベントなどで演奏するようになった。シンガー・ソングライターのエイミー・ブラックシュレガーはCMやゲーム、アニメの挿入歌などを多く手がけてきた実力派ミュージシャン。彼女が作る歌は想像を超えるユニークな歌詞と美しいメロディが特徴で、新しい曲を披露するたびにメンバーが涙ぐんでしまうほど。キャリ・ダンカンはその並外れた深くソウルフルな歌声で、ライブやイベントでお客さんのハートを掴んできたシンガー。ハープの新井コルチ薫はグランドハープおよびアイリッシュハープを使ってこのハープ&ソウル独特の色合いと雰囲気を作り上げている。「あれやこれやカフェ」Vol.25に、ゲストとしてパーカッショニストの米窪絵美も参加します。
harpandsoul.jimdo.com

illopetals
/sdlx/150828-illopetals.jpg
「illopetals」はイギリス人アーティスト、レオンとデボラのユニットです。レオン(illo)は、創造的でちょっと変わったキャラクターを、フリースタイルの画法でサラサラと描き出すキャラクターデザイナーです。デボラ(「petals」)は天性のいたずら書きの名手で、インパクトがあり楽しいパターンやディテール、色を作品に加えていきます。2人のスタイルは自然に融合し、想像力に富んだストーリーや抽象的な世界を作り上げます。 illopetals

Akiko Nakayama
/sdlx/150829-akikonakayama.jpg
色彩と流動の持つエネルギーを用い、一瞬一瞬変容する関係性と、その光景を場に描く画家。”Alive painting” では、様々な性質を持つ液体を扱い、要素の流れがもたらす美的な快楽と生々流転を現す。近年では、色の差異を即時的に画像解析、デジタル処理することによって音を発生させるカラーオルガンシステム“Fluid2wave” と、 さまざまな周波数による音波によって、音も絵も同時に奏でるソロパフォーマンスを行う。パフォーマンス、写真、映像、と扱うメディアは多岐に渡るが、一貫して絵を描くこと、を試みる。
Akiko Nakayama Homepage

竹田有哉 (VJ)
/sdlx/140725-YuyaTakeda1.jpg
1988年生まれ、東京出身の映像オタク。CGI/映像・音楽・インタラクション・デザインなど幅広いジャンルを結び東京中心に活動中。
竹田有哉 Homepage

宮川舞子(ライブ・フォト)
/sdlx/130111-miyakawa-B.jpeg
演劇・舞踊・音楽などの舞台写真やチラシ・パンプレット・ジャケットなど多方面で写真撮影・作品制作を行っている。高校時代から身の回りの写真を撮り始め、日本大学芸術学部写真学科で学んだ後、映画のスチールマンの経験へ経て、舞台写真家 瀬戸秀美氏の専属アシスタントとなる。2003年頃独立。人間の色んなことが凝縮される、とある一瞬を求めて、転がりながら撮影活動を続けている。ポートレイト、ステージフォト、ドキュメンタリーフォトを手がけ、2006年より日本舞台写真家協会会員。当面の野望は、朝崎郁恵写真集出版。
宮川舞子 Homepage

D.H ローゼン (TokyoDex)
/sdlx/140131-Rosen.jpg
アメリカ出身・東京滞在のビジュアル・アーティストD.H.ローゼンがいつもアナログとデジタル・メディアで遊んでいる。ライブでは、事前に用意した映像とその場で使ってコラージを混合する。
D.H ローゼン Homepage

Unusual Club (Djs)
/sdlx/120531-UnusualClub.jpg
僕らは多岐にわたるスタイルの音楽をやるので、名前も「普通じゃない(Unusual)」ものにしました。演奏は、だいたいいつも2セット続けて行います。1回目と2回目で好みやムードが変わることがあるので不協和音となることもありますが、その結果生ずる「波動」がいいと思っています。ロックからインディー、レゲエ、ダブ、ファンク、ジャズ、ニューウェーブ、ヒップホップまでいろいろな音楽をやりますが、僕らに共通の「ルーツ」でよく立ち返るのはエレクトロニックやテクノ、ハウスです。SNIFF SNIFF(現Roarrr)やCONTROLのパーティで正規のDJをしていました。ポールはイギリス人、セバスチャンはフランス系カナダ人で、2人とも約8年、東京を拠点に活動しています。
Unusual Club Profile iflyer

This&That Caféは、あらゆるジャンルやバックグラウンドのアーティストが共有の精神のもと時間と作品を持ち寄る、という一般公開の無料イベントです。ここは音楽とヴィジュアル・アートが思いがけないコラボレーションで融け合う場所。東京という濃密で幅広い才能の海で、遠方からのアーティストが現地の輝く才能に出会う、アーティストのためのフォーラム。古い友人と新たな知人が入り混じったコミュニティは、人が集まり、アイディアが飛び交い、アートの傾向や好みが共有され、詩が生まれる場。早めに来て席に着き、SuperDeluxeのおいしそうなメニューを楽しむのもよし。仕事帰りの一杯にちょっと寄るのもよし。みんな大歓迎です。今後のThis & That Caféの企画についてアイディアがあれば、<thisnthat@tokyodex.com>へ一言メッセージをください。新しい、刺激的な表現の場を探しているミュージシャンやDJ、ビジュアル・アーティストからの連絡をお待ちしています。

Powered by TokyoDex

/sdlx/120310-TOKYODEX_logo-2.jpg
Facebook
Twitter

オフィシャルハッシュタグ

#tntcafe

アカウント登録後、マイページからTwitterを連携してこのハッシュタグをつけてつぶやくと、そのつぶやきはコメントとしてここで表示されます。

コメント[RSS]

ログインすると、コメントを書き込むことができます