SuperDeluxe


こんにちは。


公式イベント [Pick Up] ダダ100周年 ダダ茶室 キャバレー・ヴォルテール@スーパー・デラックス

カテゴリ: 音楽 | フィルム | アート | デザイン | ダンス | 演劇 | ラウンジ | トーク | 文学 | ファッション

タグ: Experimental | Japan | Knowledge | Performing Arts | Unpredictable | 来日公演

開場 18:00 / 開演 18:00

料金 前売2300円 / 当日2800円(ドリンク別)

7月14日出演
パーカッション ソロ:高田みどり
観客参加型のフィルム・パフォーマンス『ん!打々』:奥山順市
サウンド・パフォーマンス:西原尚
サウンド・ポエトリー:ジャック・デュミエール
コラージュ:永戸鉄也
映像:生意気
空間演出:生意気、SCRAP PAGES、so+ba、牛嶋みさを
企画・制作 スーパー・デラックス

チケットは当日券あります

7月12日〜18日 ダダ発祥の地のキャバレー・ヴォルテールを再現し、国内外から様々なアーティストを招聘。連日、ライブ、パフォーマンス、ワークショップ、展示会や映像など盛りだくさんのプログラムで開催するダダ・フェスティバル!

/sdlx/dada100-388.jpg

出演者詳細:

高田みどり
/sdlx/160714-takadamidori.JPG
マルチ・パーカッショニスト。1978年ベルリンでデビュー。リアス・ベルリン放送交響楽団、バイエルン放送交響楽団などと共演、ソリストとして国内外で演奏を続ける。1980年代より、アフリカ・アジアの音楽を研究し伝統音楽家と多く共演する。フリー・インプロヴィぜーション・トリオTon・Klamiとして各国で演奏。また舞台芸術家として、1995年より利賀フェスティバル、シアター・オリンピックス、エディンバラ芸術祭など演劇の舞台に立つ。作品:仏経音楽と打楽器のための「羯諦 羯諦、行くものよ 去り行くものよ」「沈黙の鳥」韓国国立管絃楽団のための「風の輪」LP/CD:「鏡の向こう側」「ルナ・クルーズ」「Tree of Life」「Mukwaju」等。

奥山順市
/sdlx/120922-Okuyama.jpg
1947年東京生まれ。日本においてもっとも影響力のある実験映画監督の一人。1964年、高校生の時に最初の映画を制作。玉川大学文学部芸術学科入学と共に本格的な実験映画制作にのめり込んでゆく。現在まで半世紀以上に渡り、エネルギッシュに作品を作り続けている。早くから国内外で活躍し、1971年には(『No Perforations』)がシカゴ国際映画祭で「シルバー・ ヒューゴー賞」を受賞。独特な遊び感覚のある彼の作品は、世界的に高い評価を受けており、ニューヨーク近代美術館、横浜美術館、各地の大学等にも収蔵されている。また、東京都写真美術館での大規模な展示をはじめ、国内外で数多くの個展、グループ展を行う。2010年には「第17回シドニー・ビエンナーレ」の一環として“スーパーデラックス@アートスペース”でも演奏。現在イメージフォーラム付属映像研究所客員講師。
奥山順市 official site

西原尚
/sdlx/160714-NishiharaNao-taiwan2015.JPG
二つの耳で歩き、世界を聞く。音の研究、音の美術、録音、パフォーマンス、楽器制作、などの活動を展開。最近の展示、「Ende Tymes VI」(Knockdown Center、NYC、2016)、「六本木クロッシング2016」(森美術館、東京、2016)、「IDIO Soundlab」(個展、IDIO gallery、NYC、2016)、「耳のみち」(個展、Kunstraum Kreuzberg / Bethanien、ベルリン、2015)、「燈著你回來」(寶藏巖國際藝術村、台北、2015)など。またパフォーマンスも各所で展開(目下滞在中のNYでは、Experimental Intermedia、Harvestworks、WhiteBox、Queens Museum、Judson Memorial Church、等)。2015年ACCグラント。共訳書に『サウンドアート』『ミュージック』。
西原尚 official site

ジャック・デュミエール Jacques DEMIERRE(スイス)
/sdlx/160713-JacquesDemierre_by_RALPH_KUEHNE-a.JPG
ジャック・デュミエールはピアニスト、作曲家 / 即興演奏家。伝統的な作曲法を学ぶとともに自由な即興演奏を試みる冒険心や、普段「音楽」として扱われない「詩」や「日常に潜む音 / ノイズ」なども積極的に音楽の一要素として自らの表現に取り入れてきました。これまでにアンサンブルや声のための数多くの作品を生み出し、ピアノ表現の可能性も同時に追求し続けています。また自らとは非常に異なる背景を持つアーティストとともに仕事をする機会を多数設け、音楽のさらなる可能性を広げる試みを続けています。音源はTzadik, héros-limite, Psi, Victo, jazzwerkstatt, Leo, Plainisphare, Creative Sources, INSUB., Intakt, Bocian Records, bardem, Unit Record, stv/amsからリリースされており、楽譜はSME / EMSから入手可能です。Photo by Ralph Kuehne
ジャック・デュミエール official site
ジャック・デュミエール 新作「LISTENING
/sdlx/jd-listening388.jpg
Urs Leimgruber / Jacques Demierre / Barre Phillips(本 274頁 フランス語/英語/ドイツ語 2016年 Lenka Lente 出版)

永戸鉄也
/sdlx/nagato-collage.jpg
アートディレクター、アーティスト 1970年東京都生まれ。高校卒業後渡米、帰国後96年よりCDジャケットデザイン、ミュージックビデオのディレクション、広告やドキュメンタリー映像制作等に携わる。アーティストとしてコラージュ、写真、映像作品を制作、個展、グループ展で発表をしている。2003年、第6回文化庁メディア芸術祭デジタルアート優秀賞受賞。同年、トーキョーワンダーウォール公募2003・ワンダーウォール賞受賞。
永戸鉄也 official site

生意気
/sdlx/namaiki-black-glass388.jpg
70年ニュージーランド生まれのデイヴィッド・デュバル=スミスと、66年イギリス生まれのマイケル・フランクによるグラフィック、映像、立体等を手掛けるクリエイティブユニット。グラフィックを中心に、ハードなゴスペルミュージックや大工仕事、ガーデニングなど、持ち前の遊び心を活かして幅広く活動している。Photo by Namaiki
生意気 official site

メインパートナー:カフェロイヤル
協賛:ビクトリノックス、SCRAP PAGES、スイス・プロ・ヘルヴェティア文化財団、ドルダー・グランド・ホテル・チューリッヒ、サカエ・シュトゥンツィ基金
後援:スイス大使館

キャバレー・ヴォルテール@スーパー・デラックス
7月12日 (火) 〜 7月18日 (月・祝)
ダダイズム100周年を記念して、スーパー・デラックスが期間限定でダダ発祥の地「キャバレー・ヴォルテール」に生まれ変わる。「ダダイズム」は1916年に活動拠点となったスイスのチューリヒ「キャバレー・ヴォルテール」から世界に広がったアート・ムーブメント。キャバレー・ヴォルテールでは、音楽、詩の朗読、パフォーマンス、美術作品の展示などのさまざまな催しが開催され、芸術家たちは自身の立場を画家や作家、ダンサー、音楽家と区別せず、さまざまな芸術表現を自由に用いることで、それまでにあった境界線を取り払うことを望み、新たなる価値観を生み出した。2002年、東京の地で始まったスーパー・デラックスも同じ想いを携え、現在まで数々の公演を開催。キャバレー・ヴォルテールとして開催する本プログラムは、現代を生きるアーティストたちが、音楽、アートワーク、ポエトリーリーディング、映像、ダンス、演劇などによって作り上げる刺激的な7日間となる。 出演アーティスト (50音順):石橋英子、伊藤桂司、牛嶋みさを、OL(五木田智央+塩田正幸)、奥山順市、大島健夫、ONNACODOMO、KAYO、CARRE、倉敷芸術科学大学(劇場の三科 再演 1925-1927-2016)、GREEN FLAMES(成田宗弘、田畑満、乾純)、小暮香帆、サムソナイト・オーケストラ(スイス)、ジャック・デュミエール(スイス)、37A、SCRAP PAGES、SO+BA、高田みどり、橘上、D.K.Z(HAMADARAKA+河村康輔)、鉄割アルバトロスケット、永戸鉄也、中山晃子、生意気、西原尚、HAIR STYLISTICS、マージナル・コンソート(今井和雄、越川 T、椎啓、多田正美)、巻上公一、マコ・クベック、MATT MOTTEL(Talibam! / USA)、三角みづ紀、MERZBOW、八木美知依、他

期間中7月15日(金)にこちらも開催!
INTER-DESIGN FORUM TOKYO 2016 Vol. 2
山田真美、ペマ・ギャルポ、野老朝雄、木内みどり、伊東豊雄、松元ヒロ

当日券あります

オフィシャルハッシュタグ

#dadateahouse

アカウント登録後、マイページからTwitterを連携してこのハッシュタグをつけてつぶやくと、そのつぶやきはコメントとしてここで表示されます。

コメント[RSS]

ログインすると、コメントを書き込むことができます