SuperDeluxe


こんにちは。


公式イベント ダダ100周年【夜の部】大人とダダダダ大冒険 キャバレー・ヴォルテール@スーパー・デラックス

カテゴリ: 音楽 | フィルム | アート | デザイン | ダンス | 演劇 | ラウンジ | トーク | 文学 | ファッション

タグ: Experimental | Japan | Knowledge | Performing Arts | Unpredictable | 来日公演

開場 17:00 / 開演 17:00

料金 前売2300円 / 当日2800円(ドリンク別)

7月17日 夜の部 出演
ライブ:マージナル・コンソート(今井和雄、越川 T、椎啓、多田正美)
ダンス:マコ クベック
コラージュ:金谷裕子
映像:onnacodomo、生意気
アンドモア!?!?
空間演出:生意気、SCRAP PAGES、so+ba、牛嶋みさを
企画・制作 スーパー・デラックス

チケットは Peatix にて

7月12日〜18日 ダダ発祥の地のキャバレー・ヴォルテールを再現し、国内外から様々なアーティストを招聘。連日、ライブ、パフォーマンス、ワークショップ、展示会や映像など盛りだくさんのプログラムで開催するダダ・フェスティバル!

/sdlx/dada100-388.jpg

出演者詳細:

マージナル・コンソート
今井和雄、越川 T、椎啓、多田正美
/sdlx/160717-2014Marginal-Imai388.jpg
/sdlx/160717-2014Marginal-Koshikawa388.JPG
/sdlx/160717-2014Marginal-Shii388.JPG
/sdlx/160717-2014Marginal-Tada388.jpg
マージナル・コンソートは1997年から始めた集団即興の為のプロジェクトです。メンバーはそれぞれ異なるフィールドで活動を続けています。このプロジェクトは、その異なる活動を同時に進行させるというスタイルで作られれていきます。各自のスタイルを同時に提示する事でそれぞれの違いを明確にすると共に、その重なりが個人の作業では作ることができない音空間が作られると考えます。メンバーは自立した存在ですが部分として全体を形作っていくのです。その部分と全体はその時々に各自が意識して演奏されると思われます。また、聴衆も一人のパフォーマーを意識して聴くことも出来るし、全体を一つのものとして感じることも出来るでしょう。つまり、聴衆の方も様々な聴き方が出来るということです。さらに、移動して聴かれると耳に入る音が異なって聴こえると思います。(Photo by Mike Kubeck)
今井和雄 information
椎啓 official site
多田正美 official site
多田正美 facebook

マコ クベック
/sdlx/140827-mako.jpg
3才よりクラシックバレエを習う。日本大学芸術学部演劇学科卒業。1990年珍しいキノコ舞踊団創立メンバーとして2009年まで国内外の全ての公演に出演。現在はソロのダンサーとしてロロロ、UA、Buffalo Daughterなどの PV・ライブ出演や、KYOTARO、HAMADARAKA、金谷裕子、斎藤徹など 他ジャンルのアーティストと共演。コラボレーション作品を演出、出演している。

金谷裕子
/sdlx/kanatani-kolae-388.jpg
ペインティング、コラージュ、アニメーション、インスタレーションなど様々な手法で作品を制作し、展覧会などで発表している。また、ファッションブランド とのコラボレートや、ミュージシャンへのアートワークの提供、アウトドアフェスティバルでのインスタレーションの展開など、幅広く活動を展 開している。
金谷裕子 official site

onnacodomo
/sdlx/160717-onnacodomo-a388.jpg
2004年結成。ミュージシャンのDJ Codomo,アニメーション作家のせきやすこ、イラストレーターの野口路加の3人による異色のVJユニット。コンピューターグラフィックスや、録画素材 をいっさい使用せず、ビデオカメラの下で、水、キッチン用品、文房具、おもちゃ、印刷物など、日常にある様々なものを用い、リアルタイムに色鮮やかな映像 をつくり出すライブパフォーマンスを展開中。2011年にはバッファロードーターのVJとしてフジロックフェスティバル、2015年にはRyan HemsworthのVJとしてアメリカのCoachellaに出演している。
onnacodomo official site

生意気
/sdlx/namaiki-black-glass388.jpg
70年ニュージーランド生まれのデイヴィッド・デュバル=スミスと、66年イギリス生まれのマイケル・フランクによるグラフィック、映像、立体等を手掛けるクリエイティブユニット。グラフィックを中心に、ハードなゴスペルミュージックや大工仕事、ガーデニングなど、持ち前の遊び心を活かして幅広く活動している。
生意気 official site

メインパートナー:カフェロイヤル
協賛:ビクトリノックス、SCRAP PAGES、スイス・プロ・ヘルヴェティア文化財団、ドルダー・グランド・ホテル・チューリッヒ、サカエ・シュトゥンツィ基金
後援:スイス大使館

キャバレー・ヴォルテール@スーパー・デラックス
7月12日 (火) 〜 7月18日 (月・祝)
ダダイズム100周年を記念して、スーパー・デラックスが期間限定でダダ発祥の地「キャバレー・ヴォルテール」に生まれ変わる。「ダダイズム」は1916年に活動拠点となったスイスのチューリヒ「キャバレー・ヴォルテール」から世界に広がったアート・ムーブメント。キャバレー・ヴォルテールでは、音楽、詩の朗読、パフォーマンス、美術作品の展示などのさまざまな催しが開催され、芸術家たちは自身の立場を画家や作家、ダンサー、音楽家と区別せず、さまざまな芸術表現を自由に用いることで、それまでにあった境界線を取り払うことを望み、新たなる価値観を生み出した。2002年、東京の地で始まったスーパー・デラックスも同じ想いを携え、現在まで数々の公演を開催。キャバレー・ヴォルテールとして開催する本プログラムは、現代を生きるアーティストたちが、音楽、アートワーク、ポエトリーリーディング、映像、ダンス、演劇などによって作り上げる刺激的な7日間となる。 出演アーティスト (50音順):石橋英子、伊藤桂司、牛嶋みさを、OL(五木田智央+塩田正幸)、奥山順市、大島健夫、ONNACODOMO、KAYO、CARRE、倉敷芸術科学大学(劇場の三科 再演 1925-1927-2016)、GREEN FLAMES(成田宗弘、田畑満、乾純)、小暮香帆、サムソナイト・オーケストラ(スイス)、ジャック・デュミエール(スイス)、37A、SCRAP PAGES、SO+BA、高田みどり、橘上、D.K.Z(HAMADARAKA+河村康輔)、鉄割アルバトロスケット、永戸鉄也、中山晃子、生意気、西原尚、HAIR STYLISTICS、マージナル・コンソート(今井和雄、越川 T、椎啓、多田正美)、巻上公一、マコ・クベック、MATT MOTTEL(Talibam! / USA)、三角みづ紀、MERZBOW、八木美知依、他

期間中7月15日(金)にこちらも開催!
INTER-DESIGN FORUM TOKYO 2016 Vol. 2
山田真美、ペマ・ギャルポ、野老朝雄、木内みどり、伊東豊雄、松元ヒロ

チケットはPeatixにて発売中!

オフィシャルハッシュタグ

#dada100bigkids

アカウント登録後、マイページからTwitterを連携してこのハッシュタグをつけてつぶやくと、そのつぶやきはコメントとしてここで表示されます。

コメント[RSS]

ログインすると、コメントを書き込むことができます