SuperDeluxe


こんにちは。


公式イベント 私がこれまでに書いたすべての歌:ソロ Sound Live Tokyo

カテゴリ: 音楽 | ラウンジ

タグ: Experimental | 来日公演

開場 15:30 / 開演 16:00

料金 投げ銭制 (1ドリンクご注文下さい)

出演: ジェイコブ・レン

..そして楽しみというものは、いま個人が追求できる数少ない人間的価値のひとつだと思う。あらゆる人間性は、喜びのうちに、ひとつの実体に還元され得るのかもしれない。それがあらゆる芸術の始まりなのかもしれない。自分が何を言っているのか分からない。

もう一度言って。

自分が何を言っているのか分からない。

もう一度。

自分が何を言っているのか分からない。

(Jacob Wren, Unrehearsed Beauty, p. 82, Coach House Press, 1998)

Jacob Wren: PME-ART: Every Song I've Ever Written at Baltic Circle Festival, Helsinki from Baltic Circle on Vimeo.

「公共空間」の概念を問う観客参加型・フォーラム形式の演劇作品『アンリハースド・ビューティー/他者の天才』で、PME-ARTの一員として2003年に初来日したモントリオールの作家/演出家、ジェイコブ・レン。彼は無名のシンガー・ソングライターでもあり、1985年から2004年にかけて誰に聴かせるでもなく58曲を作曲しています。『私がこれまでに書いたすべての歌』は、
その全曲が聴け、歌詞が読め、ダウンロードでき、誰でも好きな曲をカバーしてアップロードできる「ウェブサイト
ジェイコブが全曲を年代順に歌う約5時間半の「ソロ」
地元のミュージシャンがジェイコブの曲をカバーする「バンド・ナイト」
観客がジェイコブの曲を歌う「カラオケ・ナイト」
を通して、完全に私的な「誰も欲しがっていない歌」を共有する、インターネット時代の最先端をゆくプロジェクト。

投げ銭制・途中入退場自由の「ソロ」は、慎ましい自伝的演劇か、20世紀末〜21世紀初頭の世界を個人のフィルターを通して浮かび上がらせるドキュメンタリーか、世界中の知られざるシンガー・ソングライターに捧げるコンセプチュアルなコンサートか、あるいは単にやりたいからやっているのか判別不能な全く新しいパフォーマンス。いずれにせよ、『アンリハースド・ビューティー/他者の天才』が当時そうしたように、現代における「パフォーマンス」のひとつの極限を提示することは間違いありません。

/sdlx/151115-slt.jpg
Sound Live Tokyo Homepage

出演者詳細:

ジェイコブ・レン

/sdlx/160917-JR.jpg

文学、コラボレーションを通してのパフォーマンス、展示などの分野で活動。著作に『リハーサルされていない美』『家族は生殖行為で作られる』『政治的被収奪者の復讐幻想』『複数愛のラブソング』(The Globe and Mail紙で2014年ベスト100に選出)『金持ちと貧乏人』など。ナディア・ロスと彼女のカンパニーSTO Unionとのコラボレーションでは『最近の経験』『セラピーにおける革命』を共作・共同演出。忙しく世界を旅して回り、頻繁にコンテンポラリー・アートについて書いている。モントリオールのジャンル横断的グループPME-ARTの共同芸術監督。

主催:PARC – 国際舞台芸術交流センター
平成28年度文化庁国際芸術交流支援事業
助成:アーツカウンシル東京 (公益財団法人東京都歴史文化財団)、ドイツ連邦共和国外務省
協力:東京ドイツ文化センター

オフィシャルハッシュタグ

#everysong1

アカウント登録後、マイページからTwitterを連携してこのハッシュタグをつけてつぶやくと、そのつぶやきはコメントとしてここで表示されます。

コメント[RSS]

ログインすると、コメントを書き込むことができます