SuperDeluxe


こんにちは。


公式イベント あれやこれやカフェ Vol. 31 TokyoDex 新年会2017

カテゴリ: 音楽 | アート | ラウンジ

タグ: Club | World

開場 19:30 / 開演 20:00

料金 1000円 (1D IN)

TokyoDexは今年もSuperDeluxeで新年を迎えます。すっかりおなじみとなったThis&That Café(あれやこれやカフェ)。2017年の新年会は、贅沢なキャストとともに奄美大島、中南米、ジャマイカなどを体感するミュージカル・ジャーニーになっています。さあ、SuperDeluxeから音楽にのって世界を横断する旅へ出かけましょう。今回も音楽のみならず、力強い筆づかいとストリート・アートが融合した見事なユニット、Whole9のライブペインティングと、TokyoDex所属アーティストAlexis Andreによるインターアクティブ・アート・ゲームが加わり、#TnTCafe Vol.31は五感全てを刺激する、ディープなアートの旅へとあなたを連れて行きます!お見逃しなく!

Featuring:
SHAMANZ
Alexander LP & Kombinow
里アンナ
佐々木俊之
ハッシー&theアラビアンナイターズ
WHOLE9
onnacodomo
Alexis Andre
堀之内ジェイ
竹田有哉
Birds Of Rhythm (DJs)

SHAMANZ
/sdlx/170113-Shamanz.jpg

音楽の超自然的存在力をを通じて、ジャンル、人種を超え多くの人と交流・交信したいという志。
www.facebook.com/shamanzsounds/

Alexander LP & Kombinow
/sdlx/150619-Kombinow.jpg

「コンビナウ」は、キューバで生まれ、日本滞在のアレキサンダーLPによる新しいバンドです。アレキサンダーは5歳より歌の才能を発揮。14歳でギターを始める。ハバナの音楽学校で学んだ後、キューバ国立オペラの巨匠リナーレス氏と国立声楽コーラスを指揮するコリャド氏に指導を受け、その後21歳でプロデビュー。ヨーロッパでの活動後、アジアに拠点を移し活動。東京を中心に日本各地でライブを行うほか、ラテングラミー賞受賞バンドのロスバンバン、オスカル・デ・レオ、ンの来日公演でのスタートアクトを務め、2009年夏には六本木ヒルズアリーナで行われたカリビアンフェスタにアレキサンダーのバンド、プーロス・アバーノスで出演し、聴衆を沸かせた。一般メディアへのコラボとしては、無敵といわれた競争馬「ディープインパクト」のテーマソングを歌い、2008年夏には、SMAPが出演するポカリスウェットのCMボーカルを務めるなど活動は幅広い。
www.alexanderlp.com

里アンナ
/sdlx/170112-AnnaSato.jpg

奄美大島で生まれ育ち、3歳より祖父恵純雄に師事、奄美島唄を学ぶ。アンナは、本土の民謡の多くで《逃げの声》とされる裏声を多用した独特の節回しにより、今では失われつつある島の言葉で唄われる島唄を、三線(さんしん)、奄美竪琴(たてごと)を弾き唄い継いでいる。これまでに島唄以外にもポップス、ミュージカルと様々なジャンルで活動してきたアンナだが、2015年6月に自らの来し方を見つめ、改めて島唄を三線・奄美の竪琴で弾き語りをした、初の自己プロデュースアルバム「紡唄(つむぎうた)」をリリース。その後は、弾き語りの島唄と方言で語る民話のライブ活動を展開している。昨(2016)年はスウェーデンのヨーテボリオペラで初演された、ベルギーの振付家シディ・ラルビ・シェルカウイの作品「ICON」に音楽(奄美島唄のアレンジ・演奏)で出演した。同作品は、2017年5月から世界ツアーが予定されている。このように、自らの音楽的原点である島唄への新たなアプローチを始めているアンナには、かねてから島唄を声と打楽器の構成で表現してみたいという思いがあり、ソロ活動に加えて、今回出演するユニットをドラマーの佐々木俊之と結成、唄い継がれてきた島唄の新たな可能性の追求を始めた。
facebook.com/anna.amami.music

Photo Credit: Rino Kojima

佐々木俊之
/sdlx/170113-ToshiyukiSasaki.jpg

ジャズからファンク、ディスコ、ソウル、ヒップホップまで消化した多様な音楽性を武器とした現代版レアグルーヴ体現バンド、Nautilusのリーダーでもある。里アンナとのユニットでは、プリミティブなサウンドに現代的な要素を取り入れた島唄と打楽器だけによるサウンドを実現、2016年9月にフランスのコルシカ島で毎年開催されている歌のフェスティバルRencontres de Chants Polyphoniquesで初披露した。
nautilusmusic.net
Photo Credit: Silvio Siciciano

ハッシー&theアラビアンナイターズ
/sdlx/170113-Arabiannighters.jpg
日本ではまだあまり知られていない、素晴らしい文化や音楽は世界各国に多く存在します。馴染み深い音楽と、中東やインドなどの伝統楽器を混合する事により、新しいサウンドと、その楽器の可能性を広めて行きたいと思っています。世界の様々な音楽を経験したメンバーだからこそ出来るアプローチで、伝統を尊重しつつ、より自由で近代的な音楽作りに取り組んでいます。混沌とする世界情勢の中で、音楽だけは国や宗教も関係なく交じり合い、日本のみならず世界でも愛されるバンドを目指し活動しています。
www.facebook.com/Hassythe-arabian-nighters

WHOLE9 -ホールナイン-
/sdlx/170112-Whole9.jpg

ライブペイント、壁画制作を中心に活動するアートユニット。2007年に結成し、具象モチーフを描くhitchと抽象モチーフを描くsimoで構成される。ストリートアートをベースに、スピード感のあるライブ性の高い表現を得意とし、2人で1枚の絵を描く。現代アートの複雑なコンテクストを放棄し、観る人が直感的に楽しめる力強い絵を創作する。大阪を拠点にしながら、adidas,Redbull,SEIKO等とのクライアントワークや、CM・PVへの出演、動画作品の制作、イベントのオーガナイズと活動の幅を広げてきた。近年は全国のイベント・グループ展に参加し、さらなる作品の向上に努める。
whole9-web.jp

onnacodomo
/sdlx/140325-onncdm.jpg
ミュージシャンのDJ Codomo,アニメーション作家のせきやすこ、イラストレーターの野口路加の3人による異色のVJユニット。コンピューターグラフィックスや、録画素材 をいっさい使用せず、ビデオカメラの下で、水、キッチン用品、文房具、おもちゃ、印刷物など、日常にある様々なものを用い、リアルタイムに色鮮やかな映像 をつくり出すライブパフォーマンスを展開中。
Homepage

Alexis Andre
/sdlx/170113-Alexis-Large.jpg

フランス出身、東京住まいのメディアアーティスト。Sony CSLで「Interactive Aesthetics」というテーマで研究を行っています。音遊びから情報の可視化まで幅広く研究を進んでいます。
alexisandre.com

堀之内ジェイ
/sdlx/130111-Horinouchi.jpg

カルフォニア出身の日系人アーティスト。2006年にパサデナのアートセンター美術大学卒業後、4年間ロサンジェルスでアーティスト/デザイナーとして活動。2010年に来日、新しい環境で新しいアートを自分のルーツにつなぐ事を決意。現在はTokyoDexのメンバーとして活動、自然/科学、日本/米国、古い/新しいをテーマにして描く。
堀之内ジェイ Homepage

竹田有哉 (VJ)
/sdlx/140725-YuyaTakeda1.jpg
1988年生まれ、東京出身の映像オタク。CGI/映像・音楽・インタラクション・デザインなど幅広いジャンルを結び東京中心に活動中。
竹田有哉 Homepage

Birds Of Rhythm (DJs)
/sdlx/170113-BOR-1.jpg
(Lips & Rhythm Records)
米国サンフランシスコ Birds Of Rhythmは、サンフランシスコのレコードレーベルLips & Rhythm Recordsが送る、心躍るメロディックなプロジェクト。レーベル立ち上げのパートナーであるSoleil KellarとJesse Sizmoが結成、参加しています。イギリス人とアメリカ人の2人で2015年に結成したこのカラフルなデュオは、より温かみのあるジャズ寄りのハウスミュージックが評価され、カリフォルニア州だけでなく全米や海外でも、同好のアーティストやファンからの支持を集めています。陽の光をあびながらダンスをするのが好きだという健康的なこだわりから、サンフランシスコで、マラソンとパーティをミックスした日中のイベントを開催し、新たなムーブメントを巻き起こしています。イベントには、さまざまな地域やジャンルから、レーベルいち押しのユニークで新進気鋭のアーティストを招いています。レーベルの運営とDJ業のあいまに、Birds Of Rhythmは他のアーティストの曲をリミックスしたり、オリジナル曲を提供したりもしています。Sizmoは、Radio Valenciaで週1回のラジオ番組を持っています。Kellarは、Birds Of RhythmのデビューEP(2017年春に発売予定)に使おうと、時間を見つけては屋外で一風変わった録音を行っています。ときどき忘れそうになることもありますが、彼らの一番のミッションは、ハウスミュージックとディスコミュージックの壁を超え、古くならない、温かでソウルフルなバイブを、ダンスフロアに届けることです。 facebook.com/Birdsofrhythm

This&That Caféは、あらゆるジャンルやバックグラウンドのアーティストが共有の精神のもと時間と作品を持ち寄るというパブリックなイベントです。ここは音楽とヴィジュアル・アートが思いがけないコラボレーションで融け合う場所。東京という濃密で幅広い才能の海で、遠方からのアーティストが現地の輝く才能に出会う、アーティストのためのフォーラム。古い友人と新たな知人が入り混じったコミュニティは、人が集まり、アイディアが飛び交い、アートの傾向や好みが共有され、詩が生まれる場。早めに来て席に着き、SuperDeluxeのおいしそうなメニューを楽しむのもよし。仕事帰りの一杯にちょっと寄るのもよし。みんな大歓迎です。今後のThis & That Caféの企画についてアイディアがあれば、<thisnthat@tokyodex.com>へ一言メッセージをください。新しい、刺激的な表現の場を探しているミュージシャンやDJ、ビジュアル・アーティストからの連絡をお待ちしています。

Powered by TokyoDex

/sdlx/120310-TOKYODEX_logo-2.jpg
Facebook
Twitter

オフィシャルハッシュタグ

#tntcafe

アカウント登録後、マイページからTwitterを連携してこのハッシュタグをつけてつぶやくと、そのつぶやきはコメントとしてここで表示されます。

コメント[RSS]

ログインすると、コメントを書き込むことができます