SuperDeluxe


こんにちは。


公式イベント the SHAM with Ed TSUWAKI, smallBIGs, HAIR STYLISTICS, Matt Mottel

カテゴリ: 音楽

タグ: Experimental | Japan | Pop | Unpredictable | 来日公演

開場 18:00 / 開演 19:00

料金 予約3000円 / 当日3500円 (ドリンク別)

LIVE:
the SHAM (Ami, Hina, Milo, Sam)
Corey Fuller + zAk
smallBIGs (小山田圭吾 + 大野由美子) + HAIR STYLISTICS (中原昌也)
smallBIGs (小山田圭吾 + 大野由美子) + マシュー・モッテル (Talibam!/米国)

ライブペインティング:
エドツワキ
KESU

出演者詳細:

the SHAM
/sdlx/170128-theSHAM-388.jpg
2000年生まれAmi, Miloが中心となり、幼なじみのhinaと少し年下の友人Samが加わり結成された中高生バンド。3人のボーイズがギターとベースをかき鳴らす中、hinaの和太鼓で鍛えられたパワフルビートが炸裂。2016年2月東京都現代美術館 : content エドツワキ個展クロージングパーティーでの初ライブ以来、約1年ぶりに登場。

エドツワキ
/sdlx/170128-ed-388.jpg

1966年広島に生まれる。独学で絵画やデザインを学び、1988年よりイラストレーターとして東京を拠点に活動を始める。ベジェ曲線で描く女性の肖像は、日本の美人画の系譜とも評され、数カ国のVOGUE、Wallpaper* などのモード誌、ブランド、百貨店、広告等、国内外で起用されている。近年、個展『DESSERT HOUSE』『CoCo』『QUAKENESS』『Panspermia』など。2017年は初の陶芸作品の展覧会を準備中。
www.edtsuwaki.com

Corey Fuller
/sdlx/170128-Corey-Guitar.jpg
アメリカ生まれ、日本育ち。現在、東京在住。ミュージシャン、サウンドデザイナー、エンジニア、映像作家、写真家、として幅広く活動中。2009年にファースト・ソロアルバム「Seas Between」(米Dragon's Eye)を発表して以来、NYの名門老舗レーベル12kよりILLUHA名義でアルバムを数々リリース。その後ヨーロッパ、北米、日本を含め世界各国をツアーで周り、Stephan MathieuやSlowdiveのSimon Scott などといった様々なアーティストとコラボレーションを積み重ねる。2013年には 坂本龍一、Taylor DeupreeらとYCAMで共演を果たし、そのライブ音源が「Perpetual」となり2015年にリリースされた。自然とテクノロジー、場の力などをテーマに、写真、舞踏、短歌、書道、映画など、幅広い分野でコラボレーションを展開し、活動の場を広げ続けている。

zAk
/sdlx/170128-zak-L.jpg
音響家

smallBIGs (小山田圭吾+大野由美子)
2010年、山本ムーグ氏主催のイベントで誕生したユニット。
小山田圭吾
‘89年、フリッパーズギターのメンバーとしてデビュー。バンド解散後、 ‘93年からCorneliusとして活動を開始。現在まで5枚のオリジナルアルバムをリリース。自身の活動以外にも、国内外多数のアーティストとのコラボレーションやREMIX、プロデュースなど幅広く活動中。
cornelius-sound.com
大野由美子
1993年よりBuffalo Daughterベース、Minimoog、ボーカルなどで国内海外で活動。国内ではSalyu x Salyu, UA, ヤン富田 他レコーディングやライブに多数参加、最近では海外アーティスト(オノ・ヨーコ、CIbo Matto, Arto Lindsay, Jeff Mills)の日本公演サポートメンバーとして参加。2014年よりシンセカルテットHello Wendyのリーダーとしても活動中。
buffalodaughter.com

HAIR STYLISTICS
/sdlx/170128-Hair.jpg
音楽、映画、文学、イラストの世界で特異な才能を発揮しつづける中原昌也の音楽ユニット。90年代より「暴力温泉芸者=Violent Onsen Geisha」名義でミュージシャンとして活動。アメリカのインディレーベルからアルバムをリリースし、海外公演も重ねるなど高く評価される。1997年からユニット名を「Hair Stylistics」に変更。並行して映画評論も手がけ、処女著作は現在も語り継がれる衝撃の書。以後も『エーガ界に捧ぐ』『シネコン』など映画に関する著書多数。1998年には初の短篇小説集『マリ&フィフィの虐殺ソングブック』を発表。2001年『あらゆる場所に花束が……』で三島由紀夫賞、2006年『名もなき孤児たちの墓』で野間文芸新人賞、2008年『中原昌也の作業日誌2004→2007』でBunkamuraドゥマゴ文学賞受賞と、小説の分野でも才能を発揮するものの、一貫して書きたくて書いているのではないという後ろ向きな態度を崩さない。イラストやコラージュなどブラック&クールな画業にもファンが多く、絵本も刊行した。(Photo by Hideto Maezawa)

マシュー・モッテル(米国)
/sdlx/170128-Mottel-keytar-388.jpg
ニューヨーク出身のマシュー・モッテルは「Talibam!」というバンドで13年間活動。大きな注目を集めました。彼はカロール・アーミテージ、リース・チャタム、クーパー・ムーア他多くのミュージシャンと仕事を共にしてきました。
www.osmoticimagination.info
talibam.bandcamp.com

チケット予約

オフィシャルハッシュタグ

#theSHAM

アカウント登録後、マイページからTwitterを連携してこのハッシュタグをつけてつぶやくと、そのつぶやきはコメントとしてここで表示されます。

コメント[RSS]

ログインすると、コメントを書き込むことができます