SuperDeluxe


こんにちは。


公式イベント TECHS2

カテゴリ: 音楽

タグ: Club | Girls | Pop

開場 18:00 / 開演 18:30

料金 予約3300円 / 当日3800円 (ドリンク別)

10/25に開催したTECHS1同様、六本木SuperDeluxeにて開催します。新たな出演者として、ダンス&ラップデュオのFEMMが決定。TECHS1ではMCを務めた宇宙女子タレント黒田有彩がクラウドファンディングでリリースが決定した宇宙を題材にした楽曲を披露する予定など、前回にも増して盛りだくさんの内容となる予定です。

出演:
小南千明
黒田有彩
FEMM
SpininGReen
galcid
・(point)

イベントリンク:techs.media/techs2-info

チケットは e+にて 1月17日 発売開始!
e+チケット購入法:前売りチケットの取り扱いは e+ (イープラス) PC/スマホ/携帯 で予約後、ファミリーマート、セブン-イレブン他、各種コンビ二でも支払い可 (コンビニ支払い詳細)。
又はファミリーマート店頭端末「Famiポート」で直接購入。

TECHS2@SuperDeluxe

出演者詳細:

小南千明
/sdlx/170214-kominamichiaki.jpg

DAW女シンガーソングライター。DAW(Digital Audio Workstation)を使い、作詞、作曲、編曲を行い、ライブ、ネットで発信し、注目を集めている。2016年、主催イベント『DAW女子会』を4回開催、ワンマンライブを2度開催。オーディション・イベント『MID of MESELLBA Vol.6』にて、一般、審査員による投票からグランプリを獲得。ポニーキャニオンよりのデビューを獲得。2016年8月19日配信スタートしたミニアルバム『SPIRAL DAYS』はiTunes Music Storeエレクトロニック・ランキングで1位、レコチョク総合デイリーチャートで14位を獲得。12月19日には、2枚目のミニアルバム『Quantize』をリリースした。2017年メジャーデビュー。

黒田有彩
/sdlx/170214-arisakuroda-photo.jpg

タレント。1987年生・お茶の水女子大学理学部物理学科卒。中学時代のNASA訪問をきっかけに宇宙に魅せられ、宇宙のことを学ぶために不可欠な物理を学ぶべく、大学では理学部物理学科に進学。 大学在学時からタレント活動を開始。現在タレントとして、宇宙の魅力を発信する活動を積極的に行っている。この「宇宙に関する情報発信」を、JAXA宇宙飛行士受験に必要な「実務経験」と掲げ宇宙飛行士を目指している。NHK Eテレ『高校講座 物理基礎』MC、日本テレビ『SENSORS』Web連載、読売テレビ『ハッカテン』出演、誠文堂新光社『月刊 天文ガイド』連載、JAXA機関誌『JAXA's』ほか。『宇宙女子』(2015年・集英社インターナショナル)共著。

FEMM
/sdlx/170214-FEMM-artisphoto.jpg

RiRiとLuLaの2体のマネキンからなるダンス&ラップデュオ。メジャーデビュー前から、欧米のティーンを中心にスマッシュ・ヒット。「ガールズ・アンセム」として世界中のファッショニスタやインフルエンサーからの支持を得、日本国内でも「Google Android」のTV-CMに出演、「FASHION'S NIGHT OUT」「ULTRA JAPAN」「YouTube FanFest」など人気イベントへの出演など、常に話題を提供。「PoW! / L.C.S. +Femm-Isation」でメジャーデビューを果たした。(デビュー曲のミュージックビデオは、MTV Japanの「BUZZ CLIP」を獲得)気鋭のクリエイター達とのコラボレーションによるMusic Video、特殊なコリオグラフで国内外のインフルエンサーから絶賛、You Tube 総再生数が700万回以上を突破するなど、新たなファッションアイコンとして注目を集めている。

SpininGReen
/sdlx/170214-spg4.jpg

平均身長172cm平均股下82cmの身体能力の高い女性モデルによるダンスパフォーマンスグループ。ファッションショーとダンスステージの融合で、モデルウォーキングをベースに、踊る・跳ぶ・廻る・魅せる!最新のテクノロジーも取り入れアクロバティックでダイナミックなステージショーを行う。

galcid
/sdlx/170214-galcid.jpg

Lena Saitoによるテクノ・ユニット。齋藤久師をプロデューサーに、13年結成。「No PC!No Preset!NO Preparation!」を掲げ、アナログ・シンセサイザーを巧みに使いこなす、「完全即興」スタイル。これまでの共演者は、NINA KRAVIZ / DANIEL MILLER / Oval / DJ NOBU / MOODMAN / 冨田勲 / MERZBOW /石野卓球 / KEN ISHII / 森本晃司/ kuniyuki / DJ Sodeyama / g-men(LFO)と推挙にいとまがない。2016年02月には、インド・ムンバイにて開催された文化庁海外メディア芸術祭等参加事業「The Medium as Somatic Impulse ―身体的衝動としてのメディウム」に参加するなど、メディアアート・シーンにも進出。多方面に活躍のフィールドを広げている。デジタル・フォーマットにてワールドワイド・リリースされた記念すべき1st.アルバム 『hertz』(Detroit Underground)は発表されるや否や、カール・ハイド(Underworld)やクリス・カーター(スロッビング・グリッセル)を始めとする世界の名だたるアーティストたちから賞賛が後を絶たない。時には鋭利に、時には繊細に、緊張と解放を繰り返しながら予測不可能なグルーヴを生み出し、機能的ダンス・ミュージックとサウンドアートとしての電子音楽の狭間を行き交うそのサウンドは、まさにデジタル・ファンクネス。CDのみのボーナス・トラックとして、札幌を拠点にワールドワイドな活動を行っているkuniyukiが、NEWWAVE PROJECT名義にてリミックスを提供。また、DOMMUNE主宰「宇川直宏」氏による、 14,000字を超えるライナーノーツも話題に。ジャケットのアートワークは、デザイナーズ・リパブリックが担当。
galcid.com

・(point)
/sdlx/170214-point.jpg
読み「ポイント」。2016年10月に行われた「TECHS1@SuperDeluxe」で好評を得たバレエ/エレクトロニック・ダンス・ミュージック・ユニットが、「・」(ポイント)として始動。再び「TECHS」のステージへ。ハッカソン参加チームとのコラボ演出にも注目!
・(point)Twitter

チケットはe+にて 1/17 発売開始

オフィシャルハッシュタグ

#techs2

アカウント登録後、マイページからTwitterを連携してこのハッシュタグをつけてつぶやくと、そのつぶやきはコメントとしてここで表示されます。

コメント[RSS]

ログインすると、コメントを書き込むことができます