SuperDeluxe


こんにちは。


公式イベント オポジット2017 二日目 DAY 2:ラウンヒル・マイ、アンナス・ラウゲ・メルゴー

カテゴリ: 音楽

タグ: DKJP150 | Electronica | Experimental | Jazz | 来日公演

開場 18:30 / 開演 19:30

料金 前売2500円 (ドリンク別)

JAZZHOUSE(デンマーク)がスーパー・デラックスをテイクオーバー!

5月12日 プログラム
19:30 ラウンヒル・マイ (Ragnhild May)
21:00 アンナス・ラウゲ・メルゴー (Anders Lauge Meldgaard)

Featuring:
ライブラジオ&DJ:The Lake
軽食:デンマークのミシュランレストランCLOU
チョコレート:Svenningsen Nordic Chocolatier
ビール:Mikkeller Tokyo
インテリア&デザイン:
・E-Types
・AMPD
・Engelbrechts
・Louis Poulsen & Kähler

デンマークアーティストによる展示:
・Nina Wengel
・Thorbjørn Bechmann
・Inger Scharff & Merih Koç
・Andreas Schulenburg

チケット
Peatixはこちら
スーパー・デラックスもチケット予約受付中!

出演者詳細:

ラウンヒル・マイ (Ragnhild May)
/sdlx/170512-Ragnhild-May.jpg
ラウンヒル・マイは、ユニークな楽器作りで有名なアーティストです。通常 複数で教会のオルガンに迫力を与えるオルガンのパイプを、一本一本楽器に して新しい響きを追求します。(一本一本のパイプを使って音楽を紡ぎます)パイプを厳選し、オルガンより少ない本数ながらも、電気エアポンプを利用 してほぼ絶え間なく音を共鳴させると共に、各管内の空気止め(ストップ) を移動させることで、パイプを最大限に活かしながら、微分音レベルでコン トロールできるようになり、本来のオルガンの常識を覆します。その結果と して生まれる、微分音レベルのバリエーションやハーモニーのある差音は、 パーカッションにも似た要素があります。曲が進むに連れて、ラウンヒル・ マイは会場に拍動を満たし、聞いている人ひとりひとりそれぞれに、異なる 音波と反響の組み合わせを届けます。音のパフォーマンスの他に、ラウンヒ ル・マイは、ユトランド美術アケデミー卒の名の知れたビジュアル・アーティストでもあります。
ウェブサイト: ragnhildmay.com

アンナス・ラウゲ・メルゴー (Anders Lauge Melgaard)
/sdlx/170512-Rmay.jpg
アンナス・ラウゲ・メルゴーは、デンマークのアバンギャルド界の多作な作 曲家、音楽家です。彼の最新のプロジェクト「Frisk Frugt」は、北欧音楽賞 で「北欧アルバム・オブ・ザ・イヤー」にノミネートされたアルバムを 2 枚 出しています。自由なインプロビゼーション音楽や、実験的なオーケスト ラ・コラージュ、ノイズ、エキゾチックポップなどから、クラシカルの作曲 などと、活動範囲は広いです。本人名義で演奏を魅せるのはこのコンサートが初となります。

オポジット2017 オフィシャルfacebookページ

ニナ・ヴェンゲル (Nina Wengel)
/sdlx/nina.jpg
Nina Wengel was born 1979, Aarhus, Denmark and is based in Copenhagen, Denmark. She has a MA from The Royal Danish Academy of Fine Arts, 2008. Nina Wengel is an artist working in many medias. Mainly though, she works with contemporary landscape painting, light installations and events.
www.ninawengel.com

トルビョーン・ベクマン (Thorbjørn Bechmann)
/sdlx/bechman.jpg
Thorbjørn Bechmann (1966) lives and works in Copenhagen. His works are mainly concerned about reflections on process and matters, through color and composititon. Lately he’s works have been formal abstaction in oil on canvas, but he is working in a broad range of medias, including video and photography. Thorbjørn Bechmann is showing at 4 different venues in Japan, this spring.
www.thorbjornbechmann.com

インアー・シャルフ (Inger Scharff) & メリ・コチ (Merih Koç)
/sdxl/igner.jpg
Visual artists Inger Scharff and Merih Koç are contributing to the venue with the space-specific piece “Gate”. The duo is concerned with human’s penchant for self-editing and fear of banalities and clichés. However, what seems banal often appears more complex and nuanced when we take a closer look. The “GATE” consists of two fraternal sculptures that reflect each other. They have been formed so that they fit together. Their shapes depend on each other.They part from each other but they also belong together. Like culture to culture, people to people and artist/performer to audience/observer. Through attention and honesty in the process the artists wanted to explore how they realized their ideas. The piece has been created with a point of no return attitude that resembles musicians playing a concert. Like musicians and audience always prepare, the artist have prepared in terms of materials, dimensions, idioms and position in the room. After the preparations the piece was created in one improvisational take. The sculptures' fragmented idiom is inspired by the structure of classical busts and sporadically applied gold leafs, not to cover but to frame and emphasize the process. Placed on each side of the stage, they are creating an illusion of a gate to the experience (the picture above shows the models).

Andreas Schulenburg
/sdlx/andtres.jpg
Andreas Schulenburg (1975) was born in Germany and was later educated at the Royal Danish Academy of Fine Arts in Copenhagen. Schulenburg works with several different genres and media – amongst other ceramics, drawing, felt and sculpture. Yet, his favoured media remains felt, which is used for both small objects, large sculptures and two dimensional pictures.
www.charlottefogh.dk

チケット予約

アカウントをお持ちの方は、こちらからログインしてください。

/
- -

オフィシャルハッシュタグ

#opposite2017

アカウント登録後、マイページからTwitterを連携してこのハッシュタグをつけてつぶやくと、そのつぶやきはコメントとしてここで表示されます。

コメント[RSS]

ログインすると、コメントを書き込むことができます