SuperDeluxe


こんにちは。


公式イベント オポジット2017 四日目 DAY 4:ヤコブ・ブロ(ソロ)、セアン・ケアゴー & シモン・ステーン‐アンデルセン

カテゴリ: 音楽 | フィルム

タグ: DKJP150 | Electronica | Experimental | Jazz | Unpredictable | 来日公演

開場 17:30 / 開演 18:30

料金 前売2500円 (ドリンク別)

JAZZHOUSE(デンマーク)がスーパー・デラックスをテイクオーバー!

5月14日 プログラム
18:30
セアン・ケアゴー & シモン・ステーン‐アンデルセン (Søren Kjærgaard & Simon Steen-Andersen)
20:00 ヤコブ・ブロ (Jakob Bro)(ソロ)

Featuring:
ライブラジオ&DJ:The Lake
軽食:デンマークのミシュランレストランCLOU
チョコレート:Svenningsen Nordic Chocolatier
ビール:Mikkeller Tokyo
インテリア&デザイン:
・E-Types
・AMPD
・Engelbrechts
・Louis Poulsen & Kähler

デンマークアーティストによる展示:
・Nina Wengel
・Thorbjørn Bechmann
・Inger Scharff & Merih Koç
・Andreas Schulenburg

チケット
Peatixはこちら
スーパー・デラックスもチケット予約受付中!

出演者詳細:

ヤコブ・ブロ (Jakob Bro)(ソロ)
/sdlx/170514-jacob.jpg
デンマーク人ギタリスト・作曲家のヤコブ・ブロは魔法的な音楽で国際的に も有名です。彼の音楽は、従来のカテゴリーに分類しにくく、彼は、時間、 空間、メロディーの間に相互関係を見出す音楽家として知られています。ヤ コブ・ブロは現在、米国ジャズ誌「ダウン・ビート」の「ライジング・スタ ー・ランキング」で 3 位となっています。最新のトリオ・アルバムである 「Gefion」(2015 年)と「Streams」(2016 年)は ECM レコードから日本で も販売されています。また、ヤコブ・ブロは自分のレーベル「Loveland Records」でも日本で作品を出しています。2016 年 9 月に東京ジャズでのライ ブ経験があり、今はちょうどニューヨークの有名な「NYC ウィンター・ジャ ズ」の出演を終えたところです。その演奏は批評家に、「つつましやでやわ らかく甘美。ビル・フリゼールを思わせる炎にゆっくりと燃料を与えつづけ、 リラックスした音色でそれを揺らめかせました。」と評価されています。
ウェブサイト: www.jakobbro.com

セアン・ケアゴー & シモン・ステーン‐アンデルセン (Søren Kjærgaard & Simon Steen-Andersen)
/sdlx/170514-soren.jpg
新進気鋭の輝きを放つ二人、作曲家のシモン・ステーン-アンデルセンとピア ニストのソレン・ケアガーが、作曲とインプロビゼーションのダイナミック な中間で一緒になると、そこでアート・ミュージックとアバンギャルド・ジ ャズが交わります。二人が初めて出会ったのは、2012 年にチューリッヒ音楽 大学でそれぞれのパフォーマンスをしたときです。二人のそれぞれのパフォ ーマンスが相次いでいたので、ちょっと一緒に演奏しようということになっ たのが、デュオとしてのコラボレーションの始まりでした。二人はすぐに、 クラシカルとインプロビゼーションと、異なる世界出身の人同士でも、「響 き」の理解が共通していることに気づきました。このデュオがステージに出 ると、ユニークで遊び心のある、どのジャンルの定義にも当てはまらない、 現代作曲と直感的なインプロビゼーションのコラボレーションが体験できま す。ジョイスティック、サンプラー、野外録音、ピアノ、動画、自作楽器な ど、多くの斬新な要素が、吸い込まれるような体験を生み出します。
メンバー:
シモン・ステーン-アンデルセン (joysticks, sampler, homemade instruments, video)
ソレン・ケアガー (p, prep-p, sampler, effects)
ウェブサイト: sorenkjaergaard.com/projects/simon-steen-andersen-soren-kjaergaard-duo/

オポジット2017 オフィシャルfacebookページ

ニナ・ヴェンゲル (Nina Wengel)
/sdlx/nina.jpg
Nina Wengel was born 1979, Aarhus, Denmark and is based in Copenhagen, Denmark. She has a MA from The Royal Danish Academy of Fine Arts, 2008. Nina Wengel is an artist working in many medias. Mainly though, she works with contemporary landscape painting, light installations and events.
www.ninawengel.com

トルビョーン・ベクマン (Thorbjørn Bechmann)
/sdlx/bechman.jpg
Thorbjørn Bechmann (1966) lives and works in Copenhagen. His works are mainly concerned about reflections on process and matters, through color and composititon. Lately he’s works have been formal abstaction in oil on canvas, but he is working in a broad range of medias, including video and photography. Thorbjørn Bechmann is showing at 4 different venues in Japan, this spring.
www.thorbjornbechmann.com

インアー・シャルフ (Inger Scharff) & メリ・コチ (Merih Koç)
/sdxl/igner.jpg
Visual artists Inger Scharff and Merih Koç are contributing to the venue with the space-specific piece “Gate”. The duo is concerned with human’s penchant for self-editing and fear of banalities and clichés. However, what seems banal often appears more complex and nuanced when we take a closer look. The “GATE” consists of two fraternal sculptures that reflect each other. They have been formed so that they fit together. Their shapes depend on each other.They part from each other but they also belong together. Like culture to culture, people to people and artist/performer to audience/observer. Through attention and honesty in the process the artists wanted to explore how they realized their ideas. The piece has been created with a point of no return attitude that resembles musicians playing a concert. Like musicians and audience always prepare, the artist have prepared in terms of materials, dimensions, idioms and position in the room. After the preparations the piece was created in one improvisational take. The sculptures' fragmented idiom is inspired by the structure of classical busts and sporadically applied gold leafs, not to cover but to frame and emphasize the process. Placed on each side of the stage, they are creating an illusion of a gate to the experience (the picture above shows the models).

Andreas Schulenburg
/sdlx/andtres.jpg
Andreas Schulenburg (1975) was born in Germany and was later educated at the Royal Danish Academy of Fine Arts in Copenhagen. Schulenburg works with several different genres and media – amongst other ceramics, drawing, felt and sculpture. Yet, his favoured media remains felt, which is used for both small objects, large sculptures and two dimensional pictures.
www.charlottefogh.dk

チケット予約

アカウントをお持ちの方は、こちらからログインしてください。

/
- -

オフィシャルハッシュタグ

#opposite2017

アカウント登録後、マイページからTwitterを連携してこのハッシュタグをつけてつぶやくと、そのつぶやきはコメントとしてここで表示されます。

コメント[RSS]

ログインすると、コメントを書き込むことができます