SuperDeluxe


こんにちは。


公式イベント オポジット2017 八日目 DAY 8:マスキネル・テラピー、ザ・リビング・ルーム feat. 巻上公一

カテゴリ: 音楽

タグ: DKJP150 | Electronica | Experimental | Folk | Japan | Jazz | Unpredictable | 来日公演

開場 18:30 / 開演 19:30

料金 前売2500円 (ドリンク別)

Live:
19:30- マスキネル・テラピー (Maskinel Terapi)
21:00- ザ・リビング・ルーム feat. 巻上公一 (The Living Room feat. Koichi Makigami)

コンサートチケットはPeatixにて発売中!
コンサート鑑賞:2,500円(ドリンク別)
チケットはこちら

期間中はデンマーク・コペンハーゲンにあるミシュラン星付きレストラン「CLOU」のマスターシェフ、ヨナタン・バーアンツェンが、音をたてずに音楽とともに楽しめる特別な7皿コースをご用意。数量限定のご予約制となります。
7皿コース付き鑑賞のご予約席:31,000円(ドリンク込み)
ご予約はこちら

展示:
ニナ・ヴェンゲル (Nina Wengel)
トルビョーン・ベクマン (Thorbjørn Bechmann)
インアー・シャルフ (Inger Scharff) & メリ・コチ (Merih Koç)
Andreas Schulenburg

出演者詳細:

マスキネル・テラピー (Maskinel Terapi)
/sdlx/170517-maskinel.jpg
「Maskinel Terapi」は、サンドラ・ボスとヨーナス・オーレセンからなるサウ ンドアートデュオです。このデュオは、パフォーマンスとインスタレーショ ンの境界線を曖昧にし、拾い物を音源にします。留守番電話、筋肉電気治療 器、スリープ・マシンなどは、「Maskinel Terapi」のパフォーマンスによく出 てくる機械の例です。科学、治療や日常生活の古くて使われなくなった機会が蘇ります。斬新な音楽物語で、「Maskinel Terapi」はそれらの機会の、治療・催眠・テレパシーの能力を探ります。
メンバー:
サンドラ・ボス (midi-org, elec)
ヨーナス・オーレセン (church-org, pump-org, el-org, elec)

ザ・リビング・ルーム feat. 巻上公一 (The Living Room feat. Koichi Makigami)
/sdlx/170518-LR-makigami.jpg
現代北欧音楽で最も期待される音楽家の三人からなるザ・リビング・ルーム は、様々な響きとスタイルを一緒にして、エネルギーを感じさせる「場」を 生み出します。2014 年 4 月、ザ・リビング・ルームは巻上公一と一緒に、日 本で 6 本、ヨーロッパでも多数のコンサートをしました。日本のツアーでは、ロックバンドの HIKASHUや、有名な箏演奏家の八木美知依との共同パフォ ーマンスも行いました。この四人は自由なインプロビゼーション、エレクト ロニカとオープンなコンセプト作曲の世界で再会することを楽しみにしています。
メンバー:
トーベン・スネッケスタッド (reeds, elec)
ソレン・ケアガー (keys)
トーマス・ストロネン (d, elec) (NO)
巻上公一 (voc, thrm, mouth-harp) (JP)
ザ・リビング・ルーム: torbensnekkestad.com/projects/the-living-room/
巻上公一: makigami.com

オポジット2017 オフィシャルfacebookページ

ニナ・ヴェンゲル (Nina Wengel)
/sdlx/nina.jpg
Nina Wengel was born 1979, Aarhus, Denmark and is based in Copenhagen, Denmark. She has a MA from The Royal Danish Academy of Fine Arts, 2008. Nina Wengel is an artist working in many medias. Mainly though, she works with contemporary landscape painting, light installations and events.
www.ninawengel.com

トルビョーン・ベクマン (Thorbjørn Bechmann)
/sdlx/bechman.jpg
Thorbjørn Bechmann (1966) lives and works in Copenhagen. His works are mainly concerned about reflections on process and matters, through color and composititon. Lately he’s works have been formal abstaction in oil on canvas, but he is working in a broad range of medias, including video and photography. Thorbjørn Bechmann is showing at 4 different venues in Japan, this spring.
www.thorbjornbechmann.com

インアー・シャルフ (Inger Scharff) & メリ・コチ (Merih Koç)
/sdxl/igner.jpg
Visual artists Inger Scharff and Merih Koç are contributing to the venue with the space-specific piece “Gate”. The duo is concerned with human’s penchant for self-editing and fear of banalities and clichés. However, what seems banal often appears more complex and nuanced when we take a closer look. The “GATE” consists of two fraternal sculptures that reflect each other. They have been formed so that they fit together. Their shapes depend on each other.They part from each other but they also belong together. Like culture to culture, people to people and artist/performer to audience/observer. Through attention and honesty in the process the artists wanted to explore how they realized their ideas. The piece has been created with a point of no return attitude that resembles musicians playing a concert. Like musicians and audience always prepare, the artist have prepared in terms of materials, dimensions, idioms and position in the room. After the preparations the piece was created in one improvisational take. The sculptures' fragmented idiom is inspired by the structure of classical busts and sporadically applied gold leafs, not to cover but to frame and emphasize the process. Placed on each side of the stage, they are creating an illusion of a gate to the experience (the picture above shows the models).

Andreas Schulenburg
/sdlx/andtres.jpg
Andreas Schulenburg (1975) was born in Germany and was later educated at the Royal Danish Academy of Fine Arts in Copenhagen. Schulenburg works with several different genres and media – amongst other ceramics, drawing, felt and sculpture. Yet, his favoured media remains felt, which is used for both small objects, large sculptures and two dimensional pictures.
www.charlottefogh.dk

チケットはPeatixにて

オフィシャルハッシュタグ

#opposite2017

アカウント登録後、マイページからTwitterを連携してこのハッシュタグをつけてつぶやくと、そのつぶやきはコメントとしてここで表示されます。

コメント[RSS]

ログインすると、コメントを書き込むことができます