SuperDeluxe


こんにちは。


公式イベント ユリエ・ケア・3、リーマ オポジット2017 九日目

カテゴリ: 音楽

タグ: DKJP150 | Experimental | Folk | Jazz | 来日公演

開場 18:30 / 開演 19:30

料金 前売2500円 (ドリンク別)

JAZZHOUSE(デンマーク)がスーパー・デラックスをテイクオーバー!

5月19日 プログラム
19:30 ユリエ・ケア・3 (Julie Kjær 3)
21:00 リーマ (Liima)

Featuring:
ライブラジオ&DJ:The Lake
軽食:ミシュランスターシェフ René Warn (CLOU代役として)
チョコレート:Svenningsen Nordic Chocolatier
ビール:Mikkeller Tokyo
インテリア&デザイン:
・E-Types
・AMPD
・Engelbrechts
・Louis Poulsen & Kähler

デンマークアーティストによる展示:
・Nina Wengel
・Thorbjørn Bechmann
・Inger Scharff & Merih Koç
・Andreas Schulenburg

期間中はポップアップレストランとしてデンマークのミシュランスターシェフRené Warnが軽食(1300〜2500円)をご用意いたします。(レストランClouの代役としてRené Warnが担当いたします。)

5/15〜5/17のClou Gastro Eventはキャンセルとなりました
詳細についてのお問い合わせは eva@jazzdanmark.dk

チケット
Peatixはこちら
スーパー・デラックスもチケット予約受付中!

出演者詳細:

ユリエ・ケア・3 (Julie Kjær 3)
/sdlx/170519-julie.jpg
ユリエ・ケアの自主的で哲学的な演奏は、ヨーロッパで段々と注目を浴びる ようになり、作曲と自由なインプロビゼーションの関係に新しい領域を作り 出しています。ジョン・エドワーズは正真正銘の卓越した演奏家で、彼の幅 広いテクニークと限りない音楽的想像力は、ダブル・ベースの新しい可能性 を見つけ出すことに繋がりました。スティーヴ・ノーブルはロンドン一のド ラマーで、怯まず発想を新しくする真のインプロヴァイザーです。この三人 からなるトリオは、原動力と創造力で即興音楽の世界を幅広く探検していき ます。激しい響きから神秘的なムードを経て静かで美しい音までと、実に多 様性ある音楽の旅です。このトリオはリズムとサウンドの実験を積み重ね、 楽器の秘めたる力を最大限に引き出します。
メンバー:
ユリエ・ケア (sax,fl)
ジョン・エドワーズ (double-b) (UK)
スティーヴ・ノーブル(d) (UK)
ウェブサイト: www.kjaer3.org

リーマ (Liima)
/sdlx/170519-lima.jpg
「Liima」は、デンマークの大人気バンド「Efterklang」とフィンランド人の パーカショニスト、タトゥ・ロンッコからなる新しいバンドです。デビュー アルバムの「ii」は、フィンランド、ベルリン、イスタンブル、マデイラに一 週間ずつ泊まり、各都市でその一週間で作った曲を最後にコンサートで披露 した結果です。各都市は曲の響きに影響しました。中には現地の野外録音な どを入れた曲もあります。新しいインスピレーションのために新しい場所に 行くのは、このバンドの DNA と言えるでしょう。現地の体験を、作曲とパ フォーマンスの仕方に組み入れるのが特徴でもあります。日本も、Liima に とって素晴らしいインスピレーションになるに違いない。その代わり、オー ディエンスは極めて身近なパフォーマンスが期待できると思います。日本では、Liima のアルバムはホステスエンターテイメントにより販売され ています。Li i ma は Tenniscoats, KAMA AINA (青柳拓次), 二階堂和美, マヘ ル・シャラル・ハシュバズ, Lullatone, トクマルシューゴなど国内アーティス トとも交流があります。
メンバー:
タトゥ・ロンッコ (mpc sampler, perc) (FIN)
マス・ブラワー (elec, syn)
カスパ・クラウセン(voc, syn)
ラスムス・ストルベア (b, syn)
ウェブサイト: liima.net

オポジット2017 オフィシャルfacebookページ

ニナ・ヴェンゲル (Nina Wengel)
/sdlx/nina.jpg
Nina Wengel was born 1979, Aarhus, Denmark and is based in Copenhagen, Denmark. She has a MA from The Royal Danish Academy of Fine Arts, 2008. Nina Wengel is an artist working in many medias. Mainly though, she works with contemporary landscape painting, light installations and events.
www.ninawengel.com

トルビョーン・ベクマン (Thorbjørn Bechmann)
/sdlx/bechman.jpg
Thorbjørn Bechmann (1966) lives and works in Copenhagen. His works are mainly concerned about reflections on process and matters, through color and composititon. Lately he’s works have been formal abstaction in oil on canvas, but he is working in a broad range of medias, including video and photography.Thorbjørn Bechmann is showing at 4 different venues in Japan, this spring.
www.thorbjornbechmann.com

インアー・シャルフ (Inger Scharff) & メリ・コチ (Merih Koç)
/sdxl/igner.jpg
Visual artists Inger Scharff and Merih Koç are contributing to the venue with the space-specific piece “Gate”. The duo is concerned with human’s penchant for self-editing and fear of banalities and clichés. However, what seems banal often appears more complex and nuanced when we take a closer look. The “GATE” consists of two fraternal sculptures that reflect each other. They have been formed so that they fit together. Their shapes depend on each other.They part from each other but they also belong together. Like culture to culture, people to people and artist/performer to audience/observer. Through attention and honesty in the process the artists wanted to explore how they realized their ideas. The piece has been created with a point of no return attitude that resembles musicians playing a concert. Like musicians and audience always prepare, the artist have prepared in terms of materials, dimensions, idioms and position in the room. After the preparations the piece was created in one improvisational take. The sculptures' fragmented idiom is inspired by the structure of classical busts and sporadically applied gold leafs, not to cover but to frame and emphasize the process. Placed on each side of the stage, they are creating an illusion of a gate to the experience (the picture above shows the models).

Andreas Schulenburg
/sdlx/andtres.jpg
Andreas Schulenburg (1975) was born in Germany and was later educated at the Royal Danish Academy of Fine Arts in Copenhagen. Schulenburg works with several different genres and media – amongst other ceramics, drawing, felt and sculpture. Yet, his favoured media remains felt, which is used for both small objects, large sculptures and two dimensional pictures.
www.charlottefogh.dk

チケット予約

オフィシャルハッシュタグ

#opposite2017

アカウント登録後、マイページからTwitterを連携してこのハッシュタグをつけてつぶやくと、そのつぶやきはコメントとしてここで表示されます。

コメント[RSS]

ログインすると、コメントを書き込むことができます