SuperDeluxe


こんにちは。


公式イベント スーパーテルツ feat. ニルス・ペッター・モルヴェル

カテゴリ: 音楽

タグ: Electronica | Experimental | Jazz | Unpredictable | 来日公演

開場 18:30 / 開演 19:00

料金 予約3000円 / 当日3500円 (ドリンク別)

ヨーロッパのインプロ・エレクトロ音楽シーンを牽引する彗星「Superterz」の来日公演が実現!魅るものを虜にする彼らの演奏はユーモアに満ちた型破りなスタイルでインプロヴィゼーション・ミュージック本来のスリリングな興奮に満ち溢れている。今回はスペシャルゲストとして日本が誇る孤高のトランペット奏者近藤等則と、北欧はノルウェーのトランぺッターのニルス・ペッター・モルヴェルが登場!どんなに言葉を重ねても語り尽くせないハプニングに満ちたパフォーマンスは体感する事で完成を迎える!スイスより届く熱量に溢れた真のライブ・ミュージックに乞うご期待!

メンバー:
Marcel Vaid - guitar, drums, synthesizer
Koho Mori-Newton - performance, self-made instruments
Simon Berz - drums, self-made instruments
Ravi Vaid - electronics, synthesizer
ニルス・ペッター・モルヴェル - trumpet

出演者詳細:

Superterz
/sdlx/171105-top-Superterz-01bio.jpg
Superterzはマルセルとラヴィのヴァイド兄弟を首謀者に、スイス人のエレクトロ・パーカッショニストのサイモン・ベルツとDIY楽器の巨匠である日本人のコーホ・モリが参加するとびきりスリリングなグループである。彼らの旅は結成から15年にも渡り、今まさに磨き上がられてきた輝きを存分に堪能させてくれる。彼らはベルギー、ポルトガル、フランス、ドイツ、日本をツアーで周り、その都度、各地のゲスト出演者と行う儀式的なセッションを自らのDNAとして深く刻んできた。これまでに6枚のアルバムをリリース、常にそのスタイルを変え、批評家たちがその音楽をテクノ、フリージャズ、ポストロックなどにカテゴライズしようとしても、ヴァイド兄弟はそれらの括りを解き放ち新しい体験を届けてくれた。彼らはこれまでに何千回も聞かれたような音楽ではなく、今まで聞かれたことがない音楽を目指しているのである。そして現在、その結晶となる最新アルバム完成の噂も入ってきてる。全く新しい音楽の扉をあけてみようではないか。

ニルス・ペッター・モルヴェル / Nils Petter Molvaer (NO)
/sdlx/171101-NilsPetterMolvaer-bio.jpg
Nils Petter Molvær also known as NPM (born 1960) is a Norwegian jazz trumpeter, composer, and record producer. He is considered a pioneer of future jazz, a genre that fuses jazz and electronic music, best showcased on his most commercially successful album, Khmer. Molvær was born and raised on the island of Sula, Møre og Romsdal, Norway, and left at age nineteen to study on the Jazz program at Trondheim Musikkonservatorium (1980–82).[2] He joined the bands Jazzpunkensemblet with Jon Eberson and Masqualero, alongside Arild Andersen, Jon Christensen and Tore Brunborg. Masqualero (named after a Wayne Shorter composition originally recorded by Miles Davis) recorded several albums for ECM Records, and Molvær recorded with other ECM artists before his 1997 debut solo album, Khmer. The record was a fusion of jazz, rock, electronic soundscapes, and hip-hop beats – and quite unlike the delicate "chamber jazz" typically associated with ECM. Molvær's muted trumpet sound, sometimes electronically processed, had an obvious debt to Miles Davis's work of the 1970s and 1980s, but without being a slavish copy. For the first time, ECM released singles - "Song of Sand", backed with three remixes, and "Ligotage". In 2000, a second album followed, Solid Ether, after which Molvær left ECM. He has recorded several albums since, and has also produced film and theater music. He often works with guitarist Eivind Aarset. He has also played with Tabla Beat Science created by Zakir Hussain and Bill Laswell.

チケット予約

オフィシャルハッシュタグ

#SuperterzNPM

アカウント登録後、マイページからTwitterを連携してこのハッシュタグをつけてつぶやくと、そのつぶやきはコメントとしてここで表示されます。

コメント[RSS]

ログインすると、コメントを書き込むことができます