SuperDeluxe


こんにちは。


公式イベント This&That Café Vol.35 TokyoDex5周年記念パーティー

カテゴリ: 音楽 | アート

タグ: Folk | Rock | World

開場 20:00 / 開演 20:00

料金 1000円

TokyoDexは2012年12月、東京で会社として立ち上げ、アートとビジネスをつなぐ架け橋となる夢への第一歩を踏み出しました。それから5年経ち、アーティスト・コレクティブおよびクリエイティブ・エージェンシーとしての地盤を固め、ありがたいことに活動の場が順調に広がっています。そこで、TokyoDexの顔として力を入れてきた『This&That Café』で5周年記念パーティーを開催します。当日は、様々なジャンルで活躍するアーティストが勢揃い。5年分のアートの冒険と記憶に残るコラボレーション、そして「思いがけない場所にアートをもたらす」という私達の信念に思いを馳せ、皆で一緒に祝いませんか

featuring:
SHAMANZ
吉井盛悟
Kate Beck
Robert Taira Wilson
JAY SHOGO
メテオグラフィックス
鈴木まりや
柏原晋平 (Live Art)
Whole9  (Live Art)
VJ Shimon
Jay Zimmermann (DEEP&TECH/Block.FM, Red Melon)

アーティスト情報:

SHAMANZ
/sdlx/171201-Shamanz.jpg
1991年ニュージーランド、オークランド州生まれのシンガー・ソングライター・スパニッシュギタリスト, TAMA TSUBOIを中心に集まったミュージシャンが、ジャンル・人種をクロスオーバーさせたアコースティックベースの情熱的なサウンドを広げる。ラテン・レゲエ・ポップス・ソウル・和音楽・ワールドミュージック等をフュージョンさせたバイリンガル・ボーカルが特徴。2011年に、SHAMANZとして活動開始。
SHAMANZ are:
Tama Tsuboi-- Vocals/Guitar
Kai Petite-- Hentai Guitar
Mike Marrington-- Drums
Winterhawk Spencer-- Percussion
Yasuo, Nishimoto-- Saxophone
Naoto Miyazawa-- Keys
Ryan Mizuno-- Trumpet
shamanzmusic.com

吉井盛悟
/sdlx/140911-Shogo.jpg
横浜市出身。14歳、太鼓篠笛を始め、19歳から胡弓を始める。~2003年、日本の民俗芸能のフィールドワークに励む。佐渡に渡り10年間「鼓童」に参加。国内外で年平均110公演、累計で800公演近くに参加、フジロックを始め海外フェスティバルにも多数参加。鼓童在籍中は演奏者としてだけではなく、公演の演出や作曲も担当する。自身の作曲した「空」は学校教材(音楽ワーク)にも採用された。2010年シディ・ラルビ・シェルカウイ、ダミアン・ジャレ振付の「Babel –words」に参加。同作品は英国オリビエ賞始め、数々の賞に輝いた。同年、アレテイソレラ「フラメンコ道成寺」に音楽監督、作曲、演奏で参加。2012年、Earth Celebration 2012にて演出をつとめる。2013年に鼓童を離れ、独立。2014年1月、都内ソロ公演。同年3月にはスウェーデン、ヨーテボリ・バレエSpritに客演参加。5月ピナバウシュダンスカンパニー40周年記念、シディ・ラルビ・シェルカウイのダンス作品fractusに参加。バルセロナ「JAPAN MATSURI」音楽監督、バルセロナ盆踊り作曲、作舞。
吉井盛悟 facebook

Kate Beck
/sdlx/161125-Kate.jpg
ケイトベックはカリフォルニア出身、東京在住のシンガーソングライター。幼い頃からヴァイオリンを弾き育ち、のちにギターと巡り合う。元々、家族や身近な存在にのみ作曲やパフォーマンスをしていたが、1年前初めて東京でステージに立つ。それ以来、都内各所でパフォーマンスを行っている。シンガーソングライターとしてステージに立つようになってからも、自身の経験を交えたトークやオーディエンンスとの交流も欠かさず、歌い始めた頃の思いやスタイルを大切にしている。ケイトの生み出す音楽は、彼女が生まれ育ちながら聞いたアメリカの音楽に大きな影響を受けており、そこに彼女特有のバランスでフォーク、ブルース、カントリーなどがブレンドされている。歌詞はパーソナルでオリジナルなものばかり。
www.facebook.com/KateBeckMusic/

Robert Taira Wilson
/sdlx/170526-RobertTairaWilson.jpg
1986年5月14日生まれ、イギリス/ロンドン出身。7歳からギターを始め、10歳から学校などで演奏活動を開始。16歳から作曲を始め、イギリスの大学でバンド「Pacer」を結成。オリジナル曲での演奏活動をスタート。2009年に、ロンドンの「Roundhouseスタジオ」で、大手レコード会社:EMI主催のレコーディングに参加。その後、2011年8月に来日。ソロアーティストとなる。2012年8月に、初のソロ作品2曲をiTunesでリリースののち、2013年9月にシングル「Will Be Won't Be」を大手配信各社よりリリース。現在は関東を拠点に、ライブを中心に精力的に活動している。2015年にロバートは彼のファーストアルバム「Nail and Hammer」をリリースしました。これは音楽ブログ「jammerzine」で今年最高のインディーレコードにノミネートされた。2017年にリリースされた新しいEP「Cold In The Heat」は、さまざまな楽器のコラボレーションを特色とし、彼の音楽に大きな変化をもたらしました。
www.roberttairawilson.com

JAY SHOGO(ライブ・アート)
/sdlx/150116-JayShogo.jpg
白いカンバスが、不敵に笑うオドロオドロしい軟体人間やヒマワリやキノコや精子のうな奇妙な黒いキャラクターで埋め尽くされていく。ときにカンバスに、ときには部屋の壁一面に、またときには車のボディに...場所を選ばずに繰広げていくJAY SHOGOのストレンジワールド。グラフィティライターと呼ぶにはその技巧はあまりにも緻密で正確。ここだけの複雑怪奇なグラフィティをマジック一本でブレることなく描き切り様は小気味よく快感。
JAY SHOGO

メテオグラフィックス(ライブ・ペイント)
/sdlx/131012-MeteorGraphics.jpg
東京を拠点として活動中。ライブペイント、デザイン、イラストレーションを手掛ける。アーティストとデザイナー、2つの感覚を行き来し独自の表現、可能性を日々模中。ライブペイントの魅力は完成した作品はもちろん、完成までのプロセスそのものにあると考えます。一つ線を足すことも、別の表現を塗り重ねることも、見る人の想像力を掻き立てるような抽象的な表現も、すべてが作品の一部。その場にいる人がわくわくするようなストーリーで描いていきます。
METEOR GRAPHICS facebook

鈴木まりや
/sdlx/141030-Mariya-Suzuki.jpg
カリフォルニア州立大学ロングビーチ校卒業。現在イラストレーター/アーティストとして活動中。フライヤーデザイン、本の挿絵や壁画などを手がけるかたわら、日々のスケッチで自分の生活の足跡を残そうとする。作品を通して、見る人との何かしらのつながりを見いだしたく、物理的な外の世界と、自分の内側でカタチを変え続ける思考の間を行ききしながら、作品を制作する。
Mariya Suzuki Homepage

柏原晋平(ライブ・アート)
/sdlx/160617-Kashihara.jpg
1978年12月9日~東京生 無所属 高校卒業後、舞台美術やデザイン会社など様々な仕事に従事しながら絵画、水墨画を独学で習得する。2002年頃より本格的に作家活動を開始し、画壇や派閥に属さず画家・デザイナーとして様々な企業との仕事を手掛ける。墨を主にアクリルガッシュ、ペンキ等を使った絵画作品の制作からミュージシャンとのライブパフォーマンス、テキスタイル図案、ロゴデザイン、アートディレクションに至るまでその表現は多岐に亘る。
www.kashiharashinpei.com

WHOLE9 -ホールナイン-
/sdlx/170112-Whole9.jpg
ライブペイント、壁画制作を中心に活動するアートユニット。2007年に結成し、具象モチーフを描くhitchと抽象モチーフを描くsimoで構成される。ストリートアートをベースに、スピード感のあるライブ性の高い表現を得意とし、2人で1枚の絵を描く。現代アートの複雑なコンテクストを放棄し、観る人が直感的に楽しめる力強い絵を創作する。大阪を拠点にしながら、adidas,Redbull,SEIKO等とのクライアントワークや、CM・PVへの出演、動画作品の制作、イベントのオーガナイズと活動の幅を広げてきた。近年は全国のイベント・グループ展に参加し、さらなる作品の向上に努める。
whole9-web.jp

VJ Shimon
/sdlx/170929-Shimon.388.png
VJ / Space Designer / Film Director。アメリカで生まれ育ち、あらゆる音楽、パーティーシーンに触れてきた経験を活かし、グローバル且つ独特なセンスで映像を見せる。 Fuji Rock Festival / Gang Bang Night、AIR JAM 2016など様々なイベントにVJとして参加。
holonix.tumblr.com

Jay Zimmermann (DEEP&TECH/Block.FM, Red Melon)
/sdlx/171201-jz-photo3.jpg
IBIZAからBURNING MAN、そしてここ東京に到るまで世界中のダンスフロアーを沸かせ続けてきた男、Jay Zimmermann。時にディープ、そして時にはファンキーなテック・ハウスからファンクやディスコなど幅広いスタイルを持ちパーティーを知り尽くした選曲と絶妙なミックスでフロアーをピークに誘う。盟友DANOと共にレーベル、『RED MELON RECORDS』の顔としてDJ CHUS、HALOを始めとするアーティストと共にパーカッシヴでとことんサイケデリックな新しいディープ・ハウスのスタイルを発明。現在は東京を拠点として、WOMB, ageHa, Eleven/Yello, AIR, Vision, Nagisa Festivalなど、様々なトップイベントで毎週のようにプレイをする。また、日本のトップDJや世界を舞台に活躍する海外DJ達がレギュラー番組を持つ日本唯一のダンス音楽専門ラジオ「block.fm」で自らの番組「DEEP&TECH」のナビゲーター・DJを勤める。
mixcloud.com/jzredmelon

This&That Caféは、あらゆるジャンルやバックグラウンドのアーティストが共有の精神のもと時間と作品を持ち寄るというパブリックなイベントです。ここは音楽とヴィジュアル・アートが思いがけないコラボレーションで融け合う場所。東京という濃密で幅広い才能の海で、遠方からのアーティストが現地の輝く才能に出会う、アーティストのためのフォーラム。古い友人と新たな知人が入り混じったコミュニティは、人が集まり、アイディアが飛び交い、アートの傾向や好みが共有され、詩が生まれる場。早めに来て席に着き、SuperDeluxeのおいしそうなメニューを楽しむのもよし。仕事帰りの一杯にちょっと寄るのもよし。みんな大歓迎です。今後のThis & That Caféの企画についてアイディアがあれば、<thisnthat@tokyodex.com>へ一言メッセージをください。新しい、刺激的な表現の場を探しているミュージシャンやDJ、ビジュアル・アーティストからの連絡をお待ちしています。

Powered by TokyoDex

/sdlx/120310-TOKYODEX_logo-2.jpg
Facebook
Twitter

オフィシャルハッシュタグ

#tntcafe

アカウント登録後、マイページからTwitterを連携してこのハッシュタグをつけてつぶやくと、そのつぶやきはコメントとしてここで表示されます。

コメント[RSS]

ログインすると、コメントを書き込むことができます