SuperDeluxe


こんにちは。


公式イベント Go! Curry! Gone! wanna eat CURRY in Tokyo

カテゴリ: 音楽 | ラウンジ

タグ: Unpredictable

開場 16:00 / 開演 16:00

料金 前売3800円 (2カレー付) / 当日4200円 (2カレー付) (ドリンク別)

近年、音楽やファッションと融合したポップカルチャーとしての盛り上がりをみせる大阪カレーシーン。

その熱気、そのテンションは、参加した者にしかわからない!!

・・・そして、ついに!!

大阪で人気のCURRY×MUSIC×CULTUREイベント「wanna eat CURRY」を東京へ呼ぶことに成功!

大阪と東京の超個性派カレー店が六本木で激突!

参加ミュージシャンもかなりの曲者揃い!!

ここでしか手に入らない、ツイストの利いたファッションアイテムにも注目!

まさにジャンルレスな狂宴。

大阪式カレーイベントを六本木で楽しめる、歴史的瞬間を一緒に楽しみましょう!!

前売 3,800円(2カレー付、1ドリンク別)
当日 4,200円(2カレー付、1ドリンク別)
追加カレーチケット:1カレー 400円 / 2カレー700円 / 3カレー1,000円
Open Time 16:00 〜 21:00

前売り券はこちらのページから、お早めに!!
チケット購入
GO! CURRY! GONE! -wanna eat CURRY in Tokyo-

******************************
『CURRY!!』
[大阪] バガワーンカレー/はらいそsparkle
[東京] ガラムマサラ/beet eat/妄想インドカレー ネグラ/エピタフカレー

******************************
『MUSIC!!』
[LIVE] ザ・ぷー/RAM RIDER(DJ SET)/cooking songs
[Opening Act]久保田リョウヘイ
[DJ] kk/オーバーオールズ

******************************
『FASHION!!』
[スパイスアクセサリー] ANOMA

and more…!!

******************************
主催:wanna eat CURRY/カレー細胞
制作:栗原千温(nuclearnessLLC.) / ノイズ中村(VELVETSUN PRODUCTS)

Twitter:http://twitter.com/gonecurry
FacebookPage:https://www.facebook.com/Gocurrygone/
Instagram:http://www.instagram.com/gocurrygone/
Ameblo:https://ameblo.jp/gocurrygone/
******************************

『CURRY!!』

★バガワーンカレー BAGAWAAN CURRY(大阪)

大阪アメリカ村で土日のみ営業の人気&激レアカレー店が
六本木上陸!テーマはなんと「南アフリカ×スリランカ」!?
/sdlx/180505-1bagawaan-388.jpg
店主・馬越氏がスリランカ・南アフリカを旅して学んだスパイスハーブの技法を駆使した、独自のミクスチャーカレーは中毒性抜群!!
東京にはないタイプのカレーにきっと驚くはず。

twitter:@bagawaancurry

★はらいそsparkle(大阪)

大阪心斎橋の「はらいそ」が店名も新たに肥後橋へ移転スタート。
出汁の旨みが凝縮した、酒に合うスパイスカレーに痺れまくる!
/sdlx/180505-2haraisosparkle-388.jpg
「トロピカルダンディー」ことジョルさんが繰り出す創作スパイスカレーは、
和出汁の旨みをぐいぐい押し出した、めちゃめちゃお酒が進むカレー。
大阪の出汁文化を独自解釈した、これまた東京にはないカレーを食べ逃しちゃいけませんよ。

twitter:@paraiso_spice

★ガラムマサラ(東京)

まだ見ぬカレーを食べたければ、新しいお店を探すよりもここに行けばよい。

第一回Japanese Curry Awards受賞店が六本木に登場!
/sdlx/180505-3garam-masala-388.jpg
言わずと知れた東京カレーの大御所にしてカレー発明家、経堂「ガラムマサラ」のハサンさんが「GO! CURRY! GONE! 」に参戦!

絶対、普通のカレーは出さないはず。どんなものが登場するのか震えて待ちましょう!

★beet eat(東京)
シェフはなんと女性ハンター!
自ら仕留めた獣の肉を自らカレーにするという唯一無二のお店。
/sdlx/180505-4beef-eat-388.jpg
Japanese Curry Awards2017を受賞するなど、今もっとも脂が乗っている(ジビエだけに)注目店が六本木に登場!

さて、どんなカレーが繰り出されるのか・・・・???

twitter: @shikeke

★妄想インドカレー ネグラ(東京)

インドに絶対行かない店主が創る、妄想の中のインド。
/sdlx/180505-5negura-388.jpg
インドに絶対行かず、妄想の中のインドカレーを具現化し提供する、それが「妄想インドカレー」
音楽とカレーで妄想世界に翔ぶ、今回のイベントには欠かせない存在です!
六本木では、どんなインドカレーを妄想するのか?期待!!

twitter: @negura_curry

★エピタフカレー(東京)

新宿ゴールデン街の人気間借りカレーが六本木に登場!!
/sdlx/180505-6ebitough-388.jpg
3/18大阪「wanna eat CURRY」にも遠征、今度は六本木へと凱旋出店となる「エピタフカレー」。

お店のtwitterによると、
「エピタフカレーは梁川奈々美をご本尊にBGMは大抵プログレ、夢のPOPEYE掲載は実現したので次はBRUTUSとGINZAに載ることを夢見る、南インド料理への憧憬と愛憎を胸に日々間借り営業しているカレー屋です。」

・・・果たして、どんなカレーが出るのやら??

twitter: @ epitaphcurry

『MUSIC!!』

★ザ・ぷー
/sdlx/180505-1thepoo-388.jpg
21世紀を揺るがす国際的怪電波ユニット。
メンバーは街角マチオ(ギター)街角マチコ(テルミン)川島さる太郎(さるのパペット)SONE太郎(プロデューサー)の4人組。
MUSIC、コント、演劇をMIXした独自のスタイルで観客を魅了する、シュールでスタイリッシュなLIVEは中毒者が続出している。
電子楽器“テルミン”をテーマにした音楽フェス「全日本テルミンフェス」を主催する等、一風変わった活動が注目を浴びている。
2017年には、デジタルアート集団“チームラボ”とのコラボLIVEを開催し、音楽で観客を笑い泣きさせるNEXTレベルのパフォーマンスで話題となった。
チー ムラボ猪子代表、小山薫堂、前田司郎(作家、五反田団主宰)、鷹の爪団FROGMAN、片桐仁(ラーメンズ)、志磨遼平(ドレスコーズ)、GLIM SPANKY、上坂すみれ、吉澤嘉代子などの文化人、アーティストからも熱く支持されている。アルバム「ナニコレ」がロングヒット中。

公式HP:http://the-puh.com/

★RAM RIDER(DJ SET)
/sdlx/180505-2ramrider-388.jpg
90年代中頃より活動を開始、自主レーベルからリリースした作品が一部で話題となり、それをきっかけに数多くのトップアーティスト達のリミックスを手がける。2000年以降はDJ、リミキサー、アレンジャーとしての経験を活かし楽曲提供や作詞、編曲、それらを総合したプロデュースへの道を進み、2004年 に自らもヴォーカルをとる形でデビュー。DJでは様々なジャンルのアンセムをマッシュアップするスタイルでクラブ初心者からヘビーリスナーまで幅広い支持 を得る。現在は自身のリリース、ライブ、DJ と並行しソロシンガー、バンド、アイドルと数多くのアーティストのプロデュースや、TV、映画、舞台への楽曲提供で活動中。

★cooking songs
/sdlx/180505-3cookingsongs-388.jpg
「音楽」と「料理」をお届けするフリージャズ・ポップス・バンド。高橋保行(vo,tb,cook、渋さ知らズ、SOIL&”PIMP”BIG BAND)と、伴瀬朝彦(vo,p,cook、片想い、ホライズン山下宅配便)による、手作りのディナーショーとして始まったcooking songs。
現在は、池澤龍作(dr、スガダイロー・リトルブルー)、田島拓(gt)、ケイタイモ(b、WUJA BIN BIN、ex.BEAT CRUSADERS)、上運天淳市(as、田我流とカイザーソゼ)パニック大原(ts)を加えた7人体制バンド。
毎回ライブではカレーやイタリアンを中心とした料理を提供し料理を振る舞うスタイルで、食事が楽曲に、楽曲が食卓に、腕利きミュージシャン達が気負いのない等身大の楽曲を届けている。
2ndアルバム「Curry Rice」6/27発売!

公式HP:https://cookingsong.amebaownd.com/

★久保田リョウヘイ(Opening Act)
/sdlx/180505-4kubotaryohei-388.jpg
オープニングを飾るのは、世界でも珍しい楽器“ハンドパン”の名手 久保田リョウヘイ!
ハンドパンは2001年にスイスで発明された新しい楽器。
ガムランを想わせる心地よい音色と打楽器としての魅力を併せ持つ。スティールパンの派生型として誕生し指で弾いて演奏するのが特徴。
自身高校生の時に見たハンドパンに衝撃を受け独学で演奏法を習得。渋谷・原宿でのストリート演奏が話題となり、東京を拠点に活動中。現在19歳。
ソロ演奏だけでなく、様々な楽器やDJとのコラボまで演奏のスタイルは幅広い。一度演奏を聴いたら耳から離れない癒しの音色を是非体験して欲しい。

◎オフィシャルHP:https://www.ryohei-kubota.com/biography

★kk(DJ)
/sdlx/180505-5kk-388.jpg
2004年より大阪でテクノミュージックをメインとしたDJを開始する。自由気ままで独特なストーリーの構築をもってオーバーグラウンド、アンダーグラウ ンド問わず様々な現場でフロアを湧かす。現在テクノ、ハウス、ディスコなどのトラックを基本に縦横無尽かつ衝動的に再生する。
https://soundcloud.com/kiki126

★オーバーオールズ(DJ/主催)
/sdlx/180505-6overalls-388.jpg
カレー×音楽×ファッションのごちゃまぜイベント「wanna eat CURRY」主催。
大阪カレー界においてまいどおさがわせなガールズユニット。妖怪好きとしても名高い。カレー細胞氏に捕獲される。

★hi-farm(レーザー)
/sdlx/180505-7hi-farm-388.jpg
東京都を中心に活動するプログラマー&Laserist。
いろいろ光らせてます。
http://www.hi-farm.net/index.php

★ANOMA accessory(アクセサリー)
/sdlx/180505-8ANOMAaccessory-388.jpg
素朴なご飯やおやつ、お酒のおつまみなどを2017年まで堀之内・百音で提供されていた「ANOMA」さん。
現在はイベントでのFOOD提供とともに、スパイス料理に傾倒。
スパイスを愛するあまり、スパイスを閉じ込めたアクセサリー「ANOMA accessory」制作・販売を開始。
スパイシーなカレーを食べながら、スパイシーな音楽を聴きながら、皆さんの耳元、髪元でスパイスが揺れることを願って!

Instagram:anoma_horinouchi

★カレー細胞(主催)
/sdlx/180505-9thecurrycell.jpg
あらゆるカレーと変な生き物の追求。 生まれついてのスパイスレーダーで日本全国・そして海外あわせ3000軒以上のカレー屋を渡り歩く。
雑誌・TVのカレー特集協力も多数。

前売り券はこちらのページから、お早めに!!
チケット購入
GO! CURRY! GONE! -wanna eat CURRY in Tokyo-

●「カレー細胞」Facebookページ
●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell
●「カレー細胞」ブログ

チケット発売中!

オフィシャルハッシュタグ

#Go!Curry!Gone!

アカウント登録後、マイページからTwitterを連携してこのハッシュタグをつけてつぶやくと、そのつぶやきはコメントとしてここで表示されます。

コメント[RSS]

ログインすると、コメントを書き込むことができます