SuperDeluxe


こんにちは。


公式イベント John Wiese | Tokyo - DAY2 […]dotsmark presents

カテゴリ: 音楽

タグ: Experimental | Noise | 来日公演

開場 19:00 / 開演 19:00

料金 予約2800円/当日3300円(ドリンク別)

出演:
John Wiese
PAIN JERK [Guest]
STAR DEATHCRUSH (中原昌也 × 那倉太一 )
ELEPHANT NOIZ KASHIMASHI

DAY1@落合Soupで入場者に配布するインビテーション持参の方は2000円+ドリンク

出演者詳細:

John Wiese (ジョン・ウィーズ)
/sdlx/180927-john-wiese-balloon-72-388.jpg
John Wieseはロサンジェルス在住のノイズ・アーチスト、作曲家である。10代の頃から実験的レコーディングを行い、以来現代サウンドアートの世界で、また各国の実験的なシーンで仕事をしてきた。ラップトップをメイン機材として、ハーシュ・ノイズからミュージックコンクレート~エクスペリメンタルミュージック、サウンド・インスタレーションまでを横断する自由な作風で実験音楽の分野における最も独創的、革新的なアーチストの一人としての名声を確固たるものとしている。他のアーティストとのコラボレーションも活発に行い、知られるところではMERZBOW,Thurston Moore,Hair Stylistics,PAINJERK等世界中のアーティストとのスプリット/共作を発表して来た。日本へは過去ソロや他ユニットのメンバーとして度々来日。今回はSissy Spacekツアー終了と同時に2015年以来のソロツアーを開始する。
John Wiese official site

PAIN JERK
/sdlx/180927-painjerk.jpg

中原昌也
/sdlx/180927-MasayaNakahara-388.jpeg
1970年6月4日東京都生まれ。1988年頃よりMTRやサンプラーを用いて音楽制作を開始。1990年、アメリカのインディペンデントレーベルから「暴力温泉芸者=Violent Onsen Geisha」名義でスプリットLPをリリース。その後も『OTIS』『QUE SERA,SERA(THINGS GO FROM BAD TO WORSE)』などのアルバムを発表。ソニック・ユース、ベック、ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョンらの来日公演でオープニング・アクトに指名され、1995年のアメリカ・ツアーを始め海外公演を重ねるなど、日本以外での評価も高い。1997年からユニット名を「Hair Stylistics」に改める。音楽活動と並行して映画評論も手掛ける。

那倉太一
/sdlx/180927-TaichiNagura-388.JPG
Shout out Identification.
ENDON/JUSTICE/LETTERS
TOKYODIONYSOS

ELEPHANT NOIZ KASHIMASHI
/sdlx/180927-ElephantNoizKashimashi-388.jpg
音と音楽の究極に美しい輝きを追求する、東京新世代音楽集団。2012年結成。2017年、ファーストアルバム『DISCOVERY』を発表し、クラブ、ライブハウス、野外とあらゆる空間での活発なライブ活動を続けている。現在は、レーベル『PHETISH/TOKYO』代表、そして歌手でもある片岡フグリ。現代美術家の小林ムーク。莫大な量の作品を発表し続ける音楽家、剤電。鉄骨を基点としたオリジナル楽器を操る、岡本ノイズ広場。金星のスカムR&Bゴリラ『KING KONG JAPAN』としても活動する、小松成彰。みんなの愛されモテノイズ、ギタリストのΣ(シグマ)。の6名で活動を展開している。東京、頂点、エレファントノイズカシマシ。 In short, ELEPHANT NOIZ KASHIMASHI is top of JAPAN.
youtube
SoundCloud

主催:[…]dotsmark
www.dotsmark.com

チケット予約

アカウントをお持ちの方は、こちらからログインしてください。

/
- -

オフィシャルハッシュタグ

#JohnWiese

アカウント登録後、マイページからTwitterを連携してこのハッシュタグをつけてつぶやくと、そのつぶやきはコメントとしてここで表示されます。

コメント[RSS]

ログインすると、コメントを書き込むことができます